最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ

ブログ

SATINDOLL

2017年09月21日

920

秋らしい気候になってきた。

沢山睡眠をとって疲れをとってと思うが、なかなかそう長く寝られない。

6時間でおきてしまうので、まあこれでよいかと思う。

早く寝ると早く起きる。

生活クラブのサバの味噌煮、播磨鶏手羽先片栗粉唐揚げ。

ブロッコリーの芽とブロッコリーとレタスとバナナのオリーブオイル海塩レモンサラダ。

カボチャのお味噌汁、頂きものの富山のお味噌が美味しい。

頂き物の大きな最中、緑茶。

バルサミコ酢をお水に溶かして飲んでいる。

お酒を飲まないので赤ワインも飲まないが、バルサミコ酢はブドウなのでポリフェノールが入っているのだろう。

今日のSATINDOLLエヴァ歌手とお弟子さんライブ、バンド演奏譜面を揃える。

エヴァさんと久しぶりで楽しみだ。

圧倒的リズムと豊かな情感、いつも一緒に演奏すると感激する。

16時にSATINDOLL

3名のエヴァ歌手お弟子さんのリハ18時まで。

お仲間の歌手の方々が多くご来店。

和気あいあいのエヴァファミリーライブだ。

遠藤律子p、山口彰b、二本柳守drs

旧知の仲。

山口彰のディープな歌心のベース。

さすがのキャリアの大きな存在の守ドラマーのジャズそのものの演奏。

エヴァ歌手のソウルフルな歌、さすがさすが。

エヴァ歌手の口もとを見ながらピアノを弾く

英語の発音のタイミング、口の動きが早い、これだ。

茶音厨楽房

2017年09月19日

919

今日も暑い。

しかし、風は涼しい。

暑さ寒さも彼岸までと言うが、昨今どうなのでしょう。

早起き。

料理を作る気になれず、スモークサーモン入りオムレツ、ブロッコリー、カボチャお味噌汁、雑穀ごはん、大根漬け、緑茶。

13時から茶音厨楽房レッスン。

115日発表ライブ等に向けて集中の方々、締め切りがあって人前で何かするということのプレッシャーがその方を上手くする。

本番あってこそのレッスンだ。

私も次の目標を作ってさらに頑張ろう。

帰りの電車でウトウト。

帰宅して、24日の気楽ライブパーティの準備メール連絡大量。

17日のコンサートに続いて、またお客様の事、曲の事等同じ準備をしている。

もうすぐプログラム作りをする。

打ち上げ人数確認等、千秋さんのお世話が大変に有難い。

昨日Blue Noteで求めたロベルト・フォンセカの新CDを聴いた。

42歳とか、少し若い世代のキューバジャズ、ポップな曲もあり、ラサロ・ロス(キューバのフォーク歌手巨匠)の声が入っている曲。

素敵だ。

キューバに早くまた行きたくなった。

CDYo」も今日家に届いた。

これからしばらくキューバジャズだ。

キューバの音楽は、ヨーロッパの香りが残るエレガントな面とアフロの面が混じって、なんともいえない魅力がある。

スペイン語を見たり聞いたりすると、強く懐かしく思う。

Calleなどと言う言葉、特に心がざわざわする。

スペイン語を聴きに、また出かけたい。

ロベルト・フォンセカ

2017年09月18日

918

早起き。

生活クラブのたこの唐揚げをフライパンで作って、カボチャソテーとレタス盛り合わせ。

豆腐とねぎのお味噌汁、黒米紫もち麦入り七分搗きごはん、イチジク、高菜、緑茶。

14時からシーパップレッスンお一人。

115日茶音厨楽房レッスン発表ライブに向けて集中。

16時過ぎに青山Blue Note

ほぼ1年ぶり。

青木弘武ピアニスト、三井まこ歌手、山口彰ベーシストと、中央前の良い席で、キューバのピアニスト、ロベルト・フォンセカのラテンジャズを聴く。

2002年に、Funky Ritsuco Version!中南米コンサートツアーで、キューバハバナのテアトロアメリカ劇場でコンサートを開催した時に、飛び入りで最後に演奏してくれた若きピアニスト、ロベルト・フォンセカ、その時に彼のCDをもらって、今も聴いている。

初めて聴くバンド、それはそれは素晴らしい超絶技巧とキューバらしい優雅なテイストのラテンジャズ、驚き感激あきれてあっという間の1時間10分。

コンガ、ベース、ドラムス、それぞれ最高の腕と音楽性と、人間がとても良い感じ、楽しそうに演奏している良いバンド。

しっかりピアノに取り組もう。

CD1枚買って帰宅した。

敬老の日の17時からの公演、キューバのピアニストのハードなジャズ演奏、お客様が少ないのではと思いきや、ほぼ満席の盛況。

Blue Noteだからと言うことで来ている人も多いのではないだろかと思った。

 

 

 

 

 

遠藤律子ピアノ弾き語りオリジナル曲集CD「心を寄せて」コンサート

2017年09月17日

9月17日

台風が九州に。

朝から雨で、心配だ。

7時過ぎ起床。

かぼちゃスープとパン少々、緑茶。

9時半に六本木CLAPS

遠藤律子ピアノ弾き語りCD「心を寄せて」発売記念コンサート。

遠藤律子p、山口彰b、藤井学drs

トリオで真剣にリハ。

コーラス皆さんのリハ、もう盛り上がる。

12時開場。

雨の中たくさんの皆様がおいでくださってほぼ満席、有難い。

台風を心配しておいでにならなかった方、ご家族のお世話でお休みなさった方々等がいらしたら本当に満席だった。

13時開演。

心配しないで:ピアノソロで歌った。緊張したが、今日は皆さんに向かってピアノを置いたので、皆さんのお顔を見て嬉しくて感激。

可愛いね:山口彰bass、藤井学drs。学ドラマーに一緒に歌ってもらってエレガントな歌唱有難い。

I Miss You:ぐっとセンチメンタルな歌、会場の音に慣れて来て嬉しくなってきた。

      ジャパニーズロックのテイストだ。

Sweet DreamCD「心を寄せて」収録のピアノソロ曲を今日はトリオでボサノバで演奏。

いのちのきらめきを:これもさらにロック、ニール・ヤングの感じだ。学さんのコーラスとしっかり一体化。

          山口彰ベーシストのソロ、今日はちょっと良いピックアップマイクをつけてさらに深い音色でソウルフル、小さい声でYey!と言った。

旅立ち:これもさらに押していくリズムの歌、いろいろな躊躇する気持ちをかなぐり捨てて歌った。

休憩

La Luna Che Non Ce:イタリアの曲、遠藤律子ピアノトリオCDL'Amour est Bleu」収録曲を少しテンポを上げて演奏、藤井学ドラマー本領発揮派手華やかソロ素敵。

可愛いね:今度は会場の皆様に譜面を見て頂いて歌って頂くと、なんと初見で美しい音程で歌って下さって素晴らしい!

私は忘れない:これは高い音程から低い音程に声量を変えずに降りていくのが難しいのだが、安師の直前レッスンで教わった通りにやってみたら何とか降りられた。

君のいない季節:コーラスなしでスローなテンポ。想いあふれて歌って贅沢有難い。

心を寄せて:CDタイトル曲、ここにいらした皆様に捧げて歌った。今日は雨の中、有難うございます。

      おいでくださったおかげさまで、このようなライブが出来ました。

アンコール

愛にあふれて:ポップスコーラスBelleメンバー10名と深澤指揮者の皆さん、遠藤律子レッスンの皆さんが17名ご参加下さった。

       Giving Heart Singersと名前をつけたコーラス登場。今までのリハの過程も楽しく、今日の直前リハも楽しく、本番は感動。

       We Are The Worldのように歌を歌い継いで、バンドソロの後藤井学ソロ、2声になって、そして3声になって盛り上がる。

       混声コーラスで迫力満点、しみじみ幸せ、感謝感謝。

CD販売、たくさんお買い上げ有難うございます。

吉田和雄Toquio Bossa Trio リーダーがこのCD「心を寄せて」の録音ミックスをしてくれた。

今日、10月8日発売のToquio Bossa Trio 5作目のCDを持って来た吉田和雄Toquio Bossa Trio リーダーが、このCD「心を寄せて」の録音ミックスをしてくれた。

歌で皆さんの輪が広がって、嬉しい嬉しい。

1018日赤坂STAGE-1でライブの湊めいみ歌手も来てくれた。

皆さんと歌を歌って、楽しい毎日を一緒に過ごしたいです。

また、ピアノを弾くことへの情熱も新たに出来たことが不思議だ。

歌に集中すると、ピアノを弾くことも何だかどういうことかはっきりしてくる。

また新たなチャレンジをしていきたい。

その力を下さった、お客様皆様、コーラス皆様、T&Kエンタテインメント菰口さん&佐藤さん、バンド山ちゃん学さん、CLAPS中村さん。

皆さん、有難うございます。

終演後、赤坂へ。

遠藤律子、山口彰でMaria Evaレッスンに参加、秋田貴美子さんのライブリハレッスン。

エヴァ歌手と久しぶりに会った。あいかわらず音楽の申し子、貴美子さんと一緒に歌いながらどんどん気持ちが入って大盛り上がり楽しいジャズジャズ。

920SATINDOLLエヴァ歌手&お弟子さんシンガーライブ。

リハ終了後解散。

帰宅したが、寝不足だがアドレナリンが出ているのかエキサイトしたまま、祭りの気持ち。

今日は、有難うございます。

学ぶことの多い今までの数か月に感謝。

遠藤律子ピアノ弾き語りオリジナル曲集CD「心を寄せて」コンサート

2017年09月17日

9月17日

台風が九州に。

朝から雨で、心配だ。

7時過ぎ起床。

かぼちゃスープとパン少々、緑茶。

9時半に六本木CLAPS

遠藤律子ピアノ弾き語りCD「心を寄せて」発売記念コンサート。

遠藤律子p、山口彰b、藤井学drs

トリオで真剣にリハ。

コーラス皆さんのリハ、もう盛り上がる。

12時開場。

雨の中たくさんの皆様がおいでくださってほぼ満席、有難い。

台風を心配しておいでにならなかった方、ご家族のお世話でお休みなさった方々等がいらしたら本当に満席だった。

13時開演。

心配しないで:ピアノソロで歌った。緊張したが、今日は皆さんに向かってピアノを置いたので、皆さんのお顔を見て嬉しくて感激。

可愛いね:山口彰bass、藤井学drs。学ドラマーに一緒に歌ってもらってエレガントな歌唱有難い。

I Miss You:ぐっとセンチメンタルな歌、会場の音に慣れて来て嬉しくなってきた。

      ジャパニーズロックのテイストだ。

Sweet DreamCD「心を寄せて」収録のピアノソロ曲を今日はトリオでボサノバで演奏。

いのちのきらめきを:これもさらにロック、ニール・ヤングの感じだ。学さんのコーラスとしっかり一体化。

          山口彰ベーシストのソロ、今日はちょっと良いピックアップマイクをつけてさらに深い音色でソウルフル、小さい声でYey!と言った。

旅立ち:これもさらに押していくリズムの歌、いろいろな躊躇する気持ちをかなぐり捨てて歌った。

休憩

La Luna Che Non Ce:イタリアの曲、遠藤律子ピアノトリオCDL'Amour est Bleu」収録曲を少しテンポを上げて演奏、藤井学ドラマー本領発揮派手華やかソロ素敵。

可愛いね:今度は会場の皆様に譜面を見て頂いて歌って頂くと、なんと初見で美しい音程で歌って下さって素晴らしい!

私は忘れない:これは高い音程から低い音程に声量を変えずに降りていくのが難しいのだが、安師の直前レッスンで教わった通りにやってみたら何とか降りられた。

君のいない季節:コーラスなしでスローなテンポ。想いあふれて歌って贅沢有難い。

心を寄せて:CDタイトル曲、ここにいらした皆様に捧げて歌った。今日は雨の中、有難うございます。

      おいでくださったおかげさまで、このようなライブが出来ました。

アンコール

愛にあふれて:ポップスコーラスBelleメンバー10名と深澤指揮者の皆さん、遠藤律子レッスンの皆さんが17名ご参加下さった。

       Giving Heart Singersと名前をつけたコーラス登場。今までのリハの過程も楽しく、今日の直前リハも楽しく、本番は感動。

       We Are The Worldのように歌を歌い継いで、バンドソロの後藤井学ソロ、2声になって、そして3声になって盛り上がる。

       混声コーラスで迫力満点、しみじみ幸せ、感謝感謝。

CD販売、たくさんお買い上げ有難うございます。

吉田和雄Toquio Bossa Trio リーダーがこのCD「心を寄せて」の録音ミックスをしてくれた。

今日、10月8日発売のToquio Bossa Trio 5作目のCDを持って来た吉田和雄Toquio Bossa Trio リーダーが、このCD「心を寄せて」の録音ミックスをしてくれた。

歌で皆さんの輪が広がって、嬉しい嬉しい。

1018日赤坂STAGE-1でライブの湊めいみ歌手も来てくれた。

皆さんと歌を歌って、楽しい毎日を一緒に過ごしたいです。

また、ピアノを弾くことへの情熱も新たに出来たことが不思議だ。

歌に集中すると、ピアノを弾くことも何だかどういうことかはっきりしてくる。

また新たなチャレンジをしていきたい。

その力を下さった、お客様皆様、コーラス皆様、T&Kエンタテインメント菰口さん&佐藤さん、バンド山ちゃん学さん、CLAPS中村さん。

皆さん、有難うございます。

終演後、赤坂へ。

遠藤律子、山口彰でMaria Evaレッスンに参加、秋田貴美子さんのライブリハレッスン。

エヴァ歌手と久しぶりに会った。あいかわらず音楽の申し子、貴美子さんと一緒に歌いながらどんどん気持ちが入って大盛り上がり楽しいジャズジャズ。

920SATINDOLLエヴァ歌手&お弟子さんシンガーライブ。

リハ終了後解散。

帰宅したが、寝不足だがアドレナリンが出ているのかエキサイトしたまま、祭りの気持ち。

今日は、有難うございます。

学ぶことの多い今までの数か月に感謝。

1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > |