最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ

ブログ

ヨガ~歌~落語

2018年05月29日

528

今日は盛りだくさんのお稽古日。

生活クラブの卵で豆腐オムレツ、生活クラブのケチャップ、茹でアスパラとブロッコリー添え。

昨日のパエジャ炊き込みご飯、海苔。

若芽とねぎのお味噌汁、生活クラブのマグロスープ煮とブロッコリースプラウト。

美生柑生絞りジュースバルサミコ酢入り、緑茶。

14時半から妹のヨガクラス、今日は筋トレヨガで一運動、勉強になって嬉しい。

17時から、安師歌レッスン、2ビートで英語を歌うことを教わる。

また、メロディが上に上がって行くときの歌い方も教わって今日も勉強になった。

18時半から、池袋演芸場、古今亭菊千代&桂歌助二人会。

前座の若いお兄さんの落語、爽やかで良い感じ。

ちよりんさん(菊千代師匠のお弟子さん)の泥棒噺は、この間の戸塚一門会で辻信一ぬうりんぼうさんがやった噺。

桂歌助さんの親子酒、酔っ払いが最高で大いに笑った。

人柄が感じられる素敵なあたたかい雰囲気の噺家さんだ。

中入り後、岡大介さんは、かんから三線で「演歌」(明治時代に生まれた演説から来た歌のこと)を歌って、歌が上手い。

沖縄の歌を歌って思わず涙、ライブで歌と演奏を聴くうれしさ。

主任(トリ)の古今亭菊千代師匠。

私が一門会で2つ目にやった「幾代餅」人情噺。

この噺が大好きなのだが、今日の師匠の噺に後半涙が止まらなくなって、涙涙のうちに終わった。

大感動。

そして4人の噺家さん達の落語を観て聴いて、勉強になった。

ライブで芸事を観て聴く幸せ、久しぶりに涙の大感激のひと時。

よい会、また行きたい。

今日はその道のプロに教わる有難い日だった。

帰宅して、ChicagoGary Mooreを聴いた。

歌が上手い、ギターが上手い、皆素晴らしい。

810日、銀座SWING Funky Ritsuco Version!6人ライブ決定。

夏のお盆休み直前の金曜ライブ、どうぞお運びよろしくお願いいたします。

家で仕事

2018年05月28日

527

La毛利。

真鯛のカルパッチョ、付け合わせのミニトマトが甘くておいしい。

かぼちゃと自家製ベーコンのキッシュ。

野菜のスパゲッティ、ソースが塩加減が最高で美味しいトマト味、野菜たくさん、茹で立てパスタ美味。

豚肉ソテー、キノコのリゾット付け合わせ。

La毛利定番プリン、コーヒー、すべて美味しい。

料理したくない時、気分を変えたい時、La毛利で御馳走を頂いてほっとする。

毛利シェフと少し話して帰った。

安全で美味しいもの、友人の生産者との友情から送られて来る食材で嘘のない料理、一心に仕事する毛利さん、大好きだ。

世話なしで食事が出来たので、時間のゆとり、ピアノ部屋の片づけ続行。

プールで1キロ、今日は右太腿も快癒したので、しっかり泳いだ。

夏用の白いパンツ、セミスリムとセミワイドのものを1本ずつ、ハイヒールを持って行って裾の長さを決めてもらった。

仕事用の衣装だ。

ピアノ、3曲のアレンジ。

生活クラブのパエジャの素に中玉トマト、カラーピーマン、ブナシメジ、マッシュルーム、スモークサーモンを加えて七分に精米したお米で炊き込みご飯。

今日は朝も晩もトマト、リコピン。

作り置きのひじき豚ひき肉野菜袋詰め煮、豆腐と若芽のお味噌汁、ナチュラルハウスの自然味噌は少々塩がきついように感じる。

ネギ納豆、白菜キムチ、レモンリンゴ、番茶。

明日の安師レッスンに持って行く歌の譜面、さきほどアレンジした譜面を書く。

Yesterday I Heard The Rain」良い曲だ。

ジョイスが、スペイン語で歌っていて、スペイン語の歌詞の方を少し覚えていた。

英語の歌詞にした。

レッスンレイトの方の曲、2曲アレンジしたものの譜面書き。

読みやすい譜面を書くことを心掛けている。

1段が何小節になっているか、リピートする場所がどこにあればリピートしやすいか、エンディングもさっと移動できるような位置にそのメロディを持ってくる、、。

いろいろある。

Cyrus Chestnut&中村健吾Duo

2018年05月26日

525

昨夜と言うより今朝は6時就寝で、13時に起きた。

生活クラブのビオサポは、豚肉と人参とひじきを二つに切った油揚げに入れて、大根とブナシメジと一緒にたれで煮込んた袋煮、最後にサヤエンドウを乗せた。

肉じゃがだが、ズッキーニも入っている。

ネギ納豆、野菜スープに豆乳を投入。

グリーンピース黒米入り七分搗きご飯、アンジェレトマトと茹でブロッコリーとアスパラの松田マヨネーズサラダ、美生柑生絞りジュース、緑茶。

8時に、横浜FAROUT

Cyrus Chestnut &中村健吾Duo

ジャズを聴いた。

智子さんとWARANE オーナー雨宮直子さんと並んで聴いた。

スタンダード曲が次々に演奏される。

美しいコントロールされた音色のピアノのイントロ、小さいまろやかなタッチで弾くテーマ、しばらく2ビートでベースとやり取りしながらストーリーを組み立てて行って、ブレイクの次にスリリングな4ビートが始まり、そこからはどこまでも山に登って行く二人のジャズミュージシャン。ゴツいタッチになって行くピアノに全く負けずにゴツくそしてスピードに溢れるベースラインを刻む中村健吾ベーシストはよくピアノのフレーズを聴いていてあたたかい表情で喜び楽しみ寄り添っている。ベースソロは歌心にあふれて素晴らしい。

スタンダード曲の素晴らしさを伝える演奏。

1セットが終わったところに井手雄一ピアノ調律師が来て昨夜遅く調律したピアノに触って再調律した。昨日は銀座シグナスでリハに行った時は調律後ですれ違いで会えなかったので嬉しく少しの時間お話をした。昨夜は雄一さんの調律したピアノを弾いて、今夜は雄一さんの調律したピアノを聴いた。これも楽しい。

2セットの最後にサマータイム、中村健吾ベーシストの弓でメロディ、そしてCyrus Chestnut ピアニストがピアノの音色を楽しむように一音一音奏でていた。

繊細な音作りと呼吸力とコントロールされた筋力、燃える気持ちを具体化する体力。

翻って自分の演奏と音楽を考える。

考えながら電車乗り継ぎ帰り道、12時過ぎに帰宅した。

このごろずっと、割とカチッとアレンジした曲をコンパクトに演奏しているが、今日のデュオを聴いて、昔はジャズ喫茶ライブで今日のような演奏をしていたなあと思いだした。

今日の演奏のちゃんと仕掛けは決まっているがイントロ等フリーな長さのたっぷり演奏、いいなあと思った。

ジャズ魂、自由に繰り広げる、それを演奏する方と聴く方で両方とも楽しむ感じだ。

バランスを考えてそういう演奏も入れてみたい。

FAROUT。

銀座シグナス

2018年05月25日

5月24日

生活クラブのさんま骨取り一塩フィレを焼いてレモンと大根おろし。

生活クラブの生やぶそばと韓国風海苔巻き。

かぼちゃニンニクソテー、アスパラと青梗菜もソテーしてニンニク醤油ドレッシング。

他いろいろ。

美生柑生絞りジュース、頂き物の珈琲羊羹美味感謝。

銀座に少し早く着いたので、銀座の洋服屋さんを見てまわって、可愛い夏のチュニックを購入。

綿100%で高いものではないのだが、オシャレだ。

17時に銀座シグナス。

河野温カルテット、河野温sax、遠藤律子p、山口彰b、二本柳守drs

河野サックス奏者の演奏と人柄の魅力で、素敵なお客様ご来場。

サックスらしいサックスを吹く河野奏者のダイナミックで大きなノリの演奏。

今日の午後に井手雄一ピアノ調律師が調律したばかりのピアノは、しなやかに鍵盤の戻りが早くて鍵盤に触る指が喜んでいる。

鍵盤がちゃんと調整されていると演奏が上手になる。

指で鍵盤の戻りを感じながらタッチを調整して演奏している。

今日は、嬉しいライブだ。

山口彰ベーシストのソウルフルな演奏、いつも感激。

二本柳守ドラマーのいきいきドラミング、ジャズを感じる。

私も4曲持って行って、河野奏者のレパートリーに混ぜてくれて、いろいろな曲で楽しい演奏となった。

銀座は銀座、粋なお姐さん方がお客様をビルの一階でお見送りしている。

シグナスは良いライブハウス、またの出演を楽しみにする。

帰宅して、11月の発表ライブの日程連絡をたくさん。

いつも何か連絡している。

大変だが楽しくて好きな仕事だ。

楽しいことは仕込みが大切、その過程があるから結果が深く嬉しい。

とにかく迷っているとあとで重くなってくるのでさっと決めて動いたほうが良い。

621日のSATINDOLLFunky Ritsuco Version!Maria Eva

遠藤律子、箭島裕治、岩瀬立飛、納見義徳、岡部洋一のFRV!メンバーとEva歌手。

演奏曲をリストアップしてメールでお送りしたりFacebook等でお知らせしたところ、反応を素晴らしくたくさん頂いている。

曲は、全曲ロックナンバーだ。

大人のジャズがかった演奏者によるジャジーなロック名曲ライブだ。

ロック曲は、今やスタンダードとしてロッククラシックスとなっている。

ヨーロッパのバイオリニストやチェリスト等クラシックのプレイヤーがロックナンバーを取り上げている。

特に、6070年代の曲はメロディックで良い。

80年代も良いが私が良く聴いていたのは60年代のロックだ。

♪621六本木SATINDOLL Funky Ritsuco Rock Version! 03-3401-3080

     60~70年代のロック名曲を大人アレンジのラテンファンクジャズにしてお届けいたします。

演奏予定曲

The Long And Winding Road The Beatles

IF You Leave Me Now Chicago

Smoke On The water Deep Purple

Under My Thumb The Rolling Stones

A Case Of You Joni Micchelle

Ticket To Ride The Beatles

Proud Mary CCR

Long Train Running Doobie Brothers

Will You Love Me Tomorrow? Carol King

どうぞお運び下さい。

大相撲五月場所両国国技館

2018年05月23日

523

今日は天気が悪いせいか、寝起きが悪い。

熊笹入り細めんを茹でて、自家製出しで万能つゆを割ったつけ汁に薬味はミョウガと細ねぎと海苔、ネギ納豆。

傘を差して、両国国技館へ。

入り口に外人観光客皆さんが数十名団体で並んでいる。

当日券を転売しないようにアナウンスが流れている。

相変わらず素晴らしい人気だ。

お茶屋さんに挨拶をして、溜り席まで案内してもらう。

向こう正面前から5番目の砂かぶり。

周りはいつもの常連のおじ様おば様相撲通。

あの子はこういうところがいい、こんな相撲を取っててはだめよ、など相撲通の話が聞けて面白い。

いろいろ家で仕事があり、十両取組の中ほどから観た。

貴乃花親方は幕下の審判だったので、会えなくて残念。

独特の場内の雰囲気、のんびりまったり進行していく。

TVで観るとアナウンサーと解説親方がいろいろ話すのだが、それがないのでのんびりしている。

十両が終わって、東と西から幕内力士の土俵入り、賑やかに声がかかって華やかだ。

阿炎、遠藤、栃ノ心、勢らが人気がある。

稀勢の里、高安がいないのが寂しい。

幕内力士は、さすがに身体が違う。

みっちりと筋肉がついて充実している。

栃ノ心がすごい。

しかし、幕内力士の相撲を観ると、昔の相撲を観るようで面白い。

まだ身体も細い人が多いので、昔の丁々発止のお相撲が観られる。

身体が大きくなって、相撲がすぐばったりと倒れたりあっけなくてつまらない。

そこを行くと栃ノ心はまっすぐのパワー四つ相撲で気持ちが良い偉丈夫だ。

途中審判交代があって、西から審判が出てくる。

なんと貴乃花親方が再度の登場。

それに気づいた場内観客がウォーっという声と拍手で大声援。

現役力士より大きな声援に、思わず涙。

貴乃花親方が西側に座った後も、そこここで貴乃花!貴乃花頑張れ!と声が飛ぶ。

私の席から、貴乃花親方の右横顔が良く見えた。

やっぱりハンサム、すてきな親方。

後半の取り組み、貴乃花親方と近くで一緒に過ごして幸せな時間。

栃ノ心の会心の上手投げ鮮やか、素晴らしい。

会場から、栃ノ心、大関おめでとう!と早くも声がかかって愛されているお相撲さんだ。

最後は夢中になってすべての取り組みを応援して、楽しい相撲見物となった。

相撲は、会場皆で丸い土俵を囲んでわいわい大騒ぎで楽しむ面白い興行だ。

有難い。

帰宅して、簡単料理。

レタスとリンゴとお魚ソーセージのレモンたっぷり松田のマヨネーズサラダ。

ほうれん草を茹でてお味噌汁。

カボチャと小松菜のニンニクオリーブオイル海塩バルサミコ酢醤油ソテー。

相撲お土産の焼き鳥と幕の内弁当、ヨーグルト、フレンチトースト、番茶。

 

 

 

栃ノ心パワー相撲。
行司さんの装束良い色。

1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > |