最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ

ブログ

せたがやウィメンズジャズフェスティバル

2018年09月27日

923

7時起き、私には超早起き、しかしきちんと起きた。

野菜ジュースにカボスを絞って飲んだ。

9時に三軒茶屋昭和女子大学グリーンホール。

ブリーズノート壷井浩子代表のプロデュースによる、せたがやウィメンズジャズフェスティバル2018。

井手雄一調律師がピアノ調律、7時半から有難い。

丁寧に2度調律したピアノ、タッチが柔軟で弾く指が喜ぶ、。

箭島裕治ベーシスト、加納樹麻ドラマー、2名の男子ミュージシャン。

リハの時から心強い音楽力と推進力、包容力。

人数が多く出入りが多い今日のコンサート、PAと舞台監督と皆さん必死の仕事。

1部と2部の楽器、マイク、モニター等たくさんの調整が必要で、皆で頭をひねってアイデアを出しながら時間との戦い。

リハを時間通り進めようとするがなかなか音響的なことが大変で、時計を見ながら、どこまで遅くなって大丈夫か計算する。

1部:ふたつゆは宮崎友紀子ヴォーカルと柳原由佳ピアノのユニット、Rioヴォーカルと佐藤直子パーカッションと森田真奈美ピアノのユニット。

アメリカバークリー音楽院出身の若いミュージシャン達は、壷井浩子プロデューサーの依頼で出演だ。

2部:遠藤律子、箭島裕治、加納樹麻のトリオと、太田朱美フルート、堤智恵子サックス、平松加奈ヴァイオリン、山崎ふみこヴィブラフォンの4名。

女子大の教室が控え室、お弁当を頂きながら懐かしい気持ち。

14時からフェスティバル開始。

グリーンホールは人見記念講堂の隣にある大講堂で、授業を行うところだ。

ステージは高さがあるもので、イスとテーブルは教室仕様。

人見記念講堂に、キース・ジャレット、エディ・パルミエリを聴きに来たことがある。

2部は、まずトリオで、Aquarius

アイウエオ順に4名が登場して、1曲演奏してお話をしてもう1曲演奏する。

2曲のうち1曲は良く知られている曲、そしてもう1曲は演奏したい曲を選んでもらった。

太田朱美のフルート、エレガントで美しいジャジーな演奏。

堤智恵子のサックス、大らかでファンキーでソウルフルな演奏。

平松加奈のヴァイオリン、華やかな情念のスパニッシュな演奏。

山崎ふみこのヴィブラフォン、明るくノリノリの楽しい演奏。

それぞれの魅力が凝縮したジュエリーボックスのようなショーとなった。

全員演奏はポール・マッカートニーのミッシェル、FRV!「家族」収録のアレンジの譜面を今日の楽器に合わせて部分的に書き直した。

それぞれのソロにつづいて4barsソロで盛り上がり、加納樹麻ドラマーの力強い熱いソロ、手拍子、そして会場皆さんにフレーズを歌って頂く。

箭島裕治ベーシストがしっかりバンドサウンドを締めて、素晴らしい存在感。

男子二人は、演奏中に即興アイデアのフィルインを入れてお互いに笑顔になって、生き生きとした生演奏にしてくれた。

4名の女子ミュージシャンは個性を発揮しながらお互いをあたたかい心で思ってまろやかかつ大きな熱い共演の山を作ってくれた。

私がライブハウス等で共演していいなあ、素晴らしいなあと感じたミュージシャンを誘った。

大成功だ、誇らしい思いで一杯になって演奏した。

フィナーレは、1部の皆さんを呼びあげて、LOVE

Rio,宮崎友紀子、柳原由佳皆さんが渋谷でヴォーカル教室をやっていて、そのお仲間歌手コーラスのJVAシンガーズも参加。

ステージ一杯に並んだ全員参加。

LOVEは、私はピアノ、由香ピアニストはピアニカ、真奈美ピアニストはパーカッション。

そしてラストは、。When You Wish Upon A Star

真奈美ピアニストがピアノで、私はステージ前に立ってスタンディングの会場皆様と一緒に歌ってダンスして。

曲途中で、遠藤律子、箭島裕治、加納樹麻をステージに残して、皆は演奏しながらステージ両端階段を下りて客席に入って行った。

皆さんに挨拶しながら演奏しながら会場後ろのドアから出て行った。

フェスティバルの終焉だ。

トリオはステージ前に出てお辞儀、有難うございます。

ミュージシャン達はお客さまをお見送りしながらCD販売、サイン。

お客様方とお話。

附属中高バレー部同期のキクさん、イッチさん、キタコさん、心強い事。

智子さんとお友達、ひろ子さんとお孫さん、大感謝。

すみ江さん、いつも有難うございます。

理沙さん、お時間頂き感謝。

私のブログをご覧くださり、生活クラブとスイミングが同じとのこと、文子さん、有難うございます。

壷井浩子さんの宮崎のお友達、コンサートのお手伝い、お客様、有難うございます。

学校先輩狩谷さんの御家族皆様、感激感謝です。

たくさんの皆々様、有難うございます。

終演後、学食で打上げ、文化祭みたいだ。

ミュージシャン、お手伝い皆さん、音響舞台皆さん。

和気あいあいの打ち上げ、特別な日本酒が供された。

心と心でつながってそれぞれの魅力が輪になって大きな花が咲いた嬉しい楽しい秋祭り。

皆々様に感謝。

次回につながる第1章となった。

写真撮影の菰口賢一T&エンタテインメント代表、CD販売等お手伝い佐藤由紀子T&Kエンタテインメント、有難い事。

JazzJAPANの取材を受けたので、近日中に掲載される。

帰宅して、明日の気楽ライブパーティのプログラム印刷80部。

人数表などいろいろ準備。


ウィメンズジャズフェスティバルフィナーレ。
楽しい打ち上げ。

2018年09月22日

 

922

いよいよ明日、女子ジャズ。

少し緊張して起きた。

演奏の他いろいろな段取りがある。

頭が集中している。

生活クラブのビオサポの取り炊き込みご飯、海苔をかけると大変に美味しい。

生活クラブの板麩と豆腐とねぎのお味噌汁、白菜キムチ、小松菜とじゃこのおひたし、アスパラのイタリアン炒め。

レモンリンゴ、緑茶、頂き物の愛のリンゴチョコ美味感謝、緑茶。

天気が良いのでウォーキング。

咳が残っているのでプールに行けない。

良い天気、からっとして気持ちが良い。

鈴なりの銀杏の実、秋だ。

天高くという空。

5キロ歩いて帰宅。

熱田さんコーヒー、ヨーグルトの上澄みホエイのみ飲む。

ナッツ、ブドウ。

ピアノ練習、真剣。

明日の用意。

挟み込みのフライヤー、CD、譜面、衣装、アクセサリー、靴、ヘッドセットマイクと無線機等。

いろいろある。

クラヴィノーバで最後の練習。

明日は9時過ぎ会場入り、早い。

早く寝られると良いのだが。

紅いししとう。

家でいろいろ仕事

2018年09月21日

921

雨、こうして秋が来る。

生活クラブのサンマフィレ、海塩と黒コショウでオーブン焼き、大根おろしとレモン。

生活クラブのポトフ、あたためる。

鶏手羽先香草焼き。

ブロッコリーと中玉トマトゴマダレと塩ポン酢。

オクラポン酢、母の従妹から届いた海塩梅干しネギ納豆、梅干し美味感謝。

生活クラブの寄せ豆腐はミョウガとネギ。

春採り若芽とねぎのお味噌汁、だしは自家製昆布出し、玄米ご飯、緑茶、頂き物のリンゴチョコレート柔らかくあっさり美味感謝。

23日の全員演奏譜面書き、書いてメールで送る。

Facebookのメッセンジャーでも送る。

少しショッピングセンターで買い物しながら歩く。

台所用品や無添加レモン等。

洗濯ものを取りに行き、ジャケットの袖直しを取りに行く。

帰宅して、コーヒーとテレビ相撲見物。

若い世代のお相撲さんが爽やか可愛い。

稀勢の里、白鵬などキャリアのあるお相撲さんの努力の歴史が感じられる顔つきもいい。

ピアノ練習。

23日の曲、細かい難しいフレーズの曲もあり、しっかり練習。

呼吸を考えながら練習。

長く集中力が続かない。

うろうろしてメールを打ったりして気分転換、またピアノに向かう。

人参、ジャガイモ、タマネギ、蕪で豆乳スープ。

生活クラブビオサポは鶏と筍、舞茸、ニンジンの炊き込みご飯、出来上がりに長ネギスライスを加える。

23日の女子ジャズ連絡メール。

24日の気楽ライブパーティ連絡メール。

1012No Bird1121CLAPSFunky Ritsuco Version!ライブの御予約連絡メール。

クラヴィノーバで、また練習。

女子会

2018年09月21日

920

少しゆっくり起きた。

生活クラブが来た。

生活クラブの小鯵の唐揚げ、フライパンで作った。

クレソンとエリンギもソテー。

作り置きの野菜豆カレー、カボチャソテー等。

頂き物のナッツパンとオリーブオイル、美味感謝。

緑茶。

ピアノ練習少々。

23日の女子ジャズ連絡たくさん。

18時に、後楽園東京ドームホテル、シズラー。

智子さんのお誕生日お祝い女子会。

智子さん、ひろ子さん、私。

ひろ子さんの御紹介で来たお店。

真ん中にサラダバーがあってたくさんの種類の野菜サラダがあって嬉しい。

お皿に山盛りにした。

メインはそれぞれ、真鯛、エビ、鮭のソテー、付け合わせのポテトも選べる。

美味しいお料理、楽しいお話。

話すことはたくさんある。

元気になる時間、お二人に感謝。

智子さんのますますの美しくお元気な毎日を!

お二人、23日の女子ジャズフェスにいらしてくださる。

楽しみにお待ちします。

ゆっくりと過ごしてたくさん食事が摂れて嬉しい時間だった。

帰宅して女子ジャズフェス連絡。

FRV!ライブ連絡等メール大量。

秋のFRV!

1012日銀座No Bird

1121日六本木CLAPS

1217日日吉WonderWallYokohama

1220日六本木SATINDOLL

お運び、よろしくお願いいたします。

週刊新潮に、化粧品特集が載っている。

洗顔剤やファンデーションに入っている界面活性剤が肌を破壊する話。

いろいろ詳しく書いてあって、結論は純石鹸で洗うのがベストとのこと。

私は長年、生活クラブの純せっけんのみで顔を洗っている。

朝は洗わない。

仕事の前にお化粧する時に、水のみでさっと洗っている。

化粧した顔は純石鹸を泡立ててそおっと洗っている。

洗顔後は、冬はワセリンをコーヒー豆一つくらいの量を手に取って使っている。

あたたかい季節には何もつけない。

化粧水、乳液、クリーム、何も持っていない。

九月場所

2018年09月20日

9月19日

秋らしくなってきた。

身体が楽になる。

生活クラブの鰯のかばやき、ブロッコリーとパプリカとミニトマトのサラダ。

自家製昆布だしで作ったシジミのお味噌汁、他いろいろ、玄米ご飯。

宇和島ゴールド生絞りジュース、緑茶、頂き物の栗カステラ美味。

14時過ぎに、両国国技館。

溜り席、向正面前から5番目の砂かぶり席。

周りは相撲通の常連皆さん、部屋の応援者のようで、いろいろ詳しいお相撲話をしている。

相撲は大人気で、外国人観光客もたくさん廊下を歩いている。

十両取組から大盛り上がり。

貴乃花親方が西土俵下で審判をやっていて、お顔拝見嬉しかった。

お父さんの二子山親方に似て来た。

貴乃花親方が出てくると、現役力士より大きな歓声が沸き上がるのだ。

幕内土俵入り、大熱気。

御嶽海が登場すると、会場のたくさんのところから御嶽海応援名前入りタオルがが掲げられて、子供の高い声で大声援。

すごいことになった。

御嶽海は負けてしまったが、相撲人気に圧倒されて、秋祭りの気分を味わった。

私のすぐ前の席に林家ぺー&パー子さんが全身ピンクで座って大声援、本当にお相撲が好きなんだなあ。

秋の風情の九月場所、よいものだった。

帰宅して、23日女子ジャズフェスティバルの諸連絡。

間際になって連絡事項が増えてミスがないように気をつけながらメール。

リハでの4名の女子ミュージシャンの演奏、素晴らしいものだった。

太田朱美フルート、堤智恵子サックス、平松加奈バイオリン、山崎ふみこヴィブラフォン。

そして皆、人柄素晴らしく愛すべき女性ミュージシャン、一緒が楽しみだ。

そしてそして、男子二人、箭島裕治ベーシストと加納樹麻ドラマー。

凄腕、クレバー、そして心が熱い、若き尊敬すべきまっすぐ王道ミュージシャン。

第1部には、アメリカバークリー音楽院卒業のフレッシュで実力ある女子ミュージシャンがフレッシュな音を聴かせる。

女子のやさしさたくましさ魅力満載のフェスティバル、どうぞお越しください。

1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > |