最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ

ブログ

茶音厨楽房

2018年07月30日

730

また、暑くなってきた。

早起き。

急いで朝食の支度。

生活クラブの冷やし中華、麺を茹でて、キュウリ、鶏蒸し胸肉、錦糸玉子、ミョウガ、ミニトマトを乗せてゴマダレをかけた。

美生柑生絞りジュース、緑茶。

11時から茶音厨楽房レッスン。

1111日茶音厨楽房レッスン発表ライブに向けて準備が進む皆さん。

途中4時間空いたので、吉祥寺の街散歩、自然食野菜一杯バイキング。

ZARAの服を見た。

スペインのメーカーの、安価でロックなデザインの服がある。

蛇柄のジャケットを試着して迷いに迷ったが今日は買わなかった。

ロックな服が好きだ。

録音したCD発売のための、ジャケット中の原稿作り。

iPadで仕事。

ビートルズの事、ローリングストーンズの事、ドアーズの事など調べると面白い。

自分がリアルタイムで聴いていた時は、詳しい事を知らなかった。

夜、またキャンセルの方もいてずっと待っていた。

 

Tacoma

2018年07月29日

729

早起き。

生活クラブのこいわしの南蛮漬け、ちんげん菜の炒め卵焼きケチャップはマスカットのみの甘み。

豆腐とねぎのお味噌汁、とろろ梅干しネギ納豆、もろへいやのおひたし、玄米ご飯、緑茶、美生柑生しぼりジュースバルサミコ酢入り。

13時から、横浜Tacomaレッスン。

大好きな皆さんと良い時間。

井手さん、智子さん、清水さんと桃山で洋食食事会、横浜ごはんファミリー。

楽しい時間、感謝。

 

SWING

2018年07月29日

728

さすがに疲れが溜まっている。

生活クラブの和風煮込みハンバーグ、ジャガイモと人参ソテーとブロッコリースプラウトと目玉焼き添え。

しじみとねぎのお味噌汁、玄米ご飯、ネギ納豆、ミニトマトと2種のキノコとグリーンピースのアヒージョ、美生柑生しぼりジュース、水まんじゅう、緑茶。

16時前に銀座SWING

Toquio Bossa Trio (遠藤律子p、吉田和雄drs、山根幸洋eb)、加塩人嗣sax&flNina vo

台風で心配なところ、ほぼ満席のお客様お運び、まことに有難うございます。

板本先輩、毛利先輩、松田先輩ご夫妻、深澤さん、青田ご夫妻、いつも有難うございます。

Toquio Bossa Trio の演奏、加塩サックス奏者を加えた演奏、そしてNinaシンガーのキュートで明るいボサノバヴォーカル。

ジョイス・モレノと共演したCDBanana」をリリースしてはりきるNinaさん。

ジョイスの曲、ディープなブラジリアンリズムで素敵だ。

吉田ドラマーのごついサンバリズム熱い。

山根ベーシストのノリノリエレべ、盛り上がる。

加塩サックス奏者の情熱のサックスとエレガントなサックス、伊達男。

リハの時に、疲れを感じていたのだがサンバのリズムに身体が乗ってきて楽しく演奏してスカッとした。

最後はスタンディングでMas Que Nadaアンコール、お客様踊る踊る大盛り上がり。

この曲を高校の時に聴いて、あまりのカッコよさに大ショック、何度も何度も聴いて歌詞を覚えてしまった。

今、演奏しているのが嬉しい。

このユニットでは、今年の秋にまたSWINGに出演予定となった。

またよろしくお願いいたします。

Funky Ritsuco Version!810日にSWINGに出演する。

よろしくお願いいたします。

山根幸洋、吉田和雄、Nina、遠藤律子、加塩人嗣at SWING。

一休み

2018年07月28日

727

今日は涼しい。

身体が楽だ。

かぼちゃ煮物、黒豆ネギ梅干し納豆、豆腐とねぎのお味噌汁、さんま山漬け焼き大根おろし、豆腐と卵とパプリカを生活クラブ海鮮中華丼に加えて温めた。

玄米ご飯、美生柑生絞りジュース、生活クラブのプルプル夏の水まんじゅう。

ウォーキング、涼しい風と木々の香しい匂いに包まれて5キロ歩いた。

熱田さんコーヒー。

ショッピングセンターで細かいものの購入。

生活クラブのビオサポ、鶏と野菜のフォー、フォーは好物だ。

レタスとりんごと玉ねぎスライスの上に生活クラブのスモークサーモン。

鮭はピンク色がポリフェノールでいろいろ身体に良いらしい。

今日はピアノ練習なし。

明日からまた新たな気持ちで仕事を頑張りましょう。

 

Funky Ritsuco Version!25周年記念CD録音

2018年07月28日

724

早起き。

美生柑生絞りジュースと緑茶。

11時前に横浜みなとみらいランドマークスタジオ。

Funky Ritsuco Version!25周年記念CD録音初日。

遠藤律子、藤陵雅裕、箭島裕治、岩瀬立飛、納見義徳、岡部洋一。

各自ブースに入って楽器セット。

私は、トリオCD録音の時と同じく、真ん中の大きな天井の高い部屋。

井手雄一調律師が、今回もスタインウェイピアノ調律。

T&Kエンタテインメント菰口賢一ディレクター。

北見弦一録音エンジニア。

近藤麻衣スタジオ録音アシスタント。

チームだ。

お弁当昼食後、13時からレコーディング開始。

12曲あるので、どんどん行く。

まずは、納見義徳コンガ奏者のソロが入るチャチャの曲。

そして、ファンキーメドレー3曲、コーラスも入れる。

集中して録音が進む。

夕食は美味しいカレーを届けてもらって皆でお話をしながら食べる。

録音は23時半まで。

4曲録れた。

私はすぐ隣のロイヤルパークホテルに宿泊した。

家との往復が遠いので体力温存だ。

美しい港の夜景を窓から見て、感慨深い夜。

前作のFunky Ritsuco Version!CDWill You Love Me Tomorrow?」を録音後、療養生活に入り、CD発売コンサートは薄氷を踏む思いで敢行した。

その時に、チケット送付をお世話下さったひろ子さん、コンサート楽屋でお世話下さった智子さん、石巻からいらしてくださった黒澤夫妻、

満席のお客様方、いろいろを世話をしてくれた同窓生、皆さんの事を思って、今日ここまで来られたことに感謝の気持ちで胸が一杯になった。

岩瀬立飛ドラマーが、今日「長年やって来たんだから寄せ集めのバンドじゃないという作品作りをしよう」と言った。

そうだそうだ。

なかなか寝付けない夜だ。

725

あまり寝ずに早起き。

B1のレストランで一人朝食。

ちょっと外国に来たような、Funky Ritsuco Version!中南米コンサートツアーを思い出した。

差し入れのケーキとサンドイッチを買ってスタジオへ。

このスタジオは広い広い控えの部屋、ラウンジがあって、居心地が良い。

今日はなんとか5曲録音したい。

打楽器奏者が3名いる。

岩瀬立飛ドラマーが、多彩な基本的なリズムを作って、納見義徳コンガ奏者が一緒に演奏している

岡部洋一パーカッション奏者は一緒に演奏した後、さらに小物やいろいろなこれが打楽器かというもので色彩を加える。

藤陵雅裕サックス奏者は、強い信念で完璧な演奏を目指す心の強さ、素晴らしい。

箭島裕治ベーシストはしなやかな存在感でメロディーとリズムの音をつないでいる。

皆、輝かしいそして着実なキャリアを積み重ねてきたミュージシャン。

北見弦一録音エンジニアは、いつもニコニコ楽しそうな顔で実は凄腕エンジニア。

さらっと素晴らしいバランスで音を録って、バンドと同じ気持ちのミュージシャン。

菰口賢一ディレクターは、大きくバンドを包んで客観的かつ温かいハートのディレクションをしてくれる。

1998年のFunky Ritsuco Version!コロンビアレコード発売のCD録音の時に、コロンビアのディレクーとして登場が初めての出会い。

その後、縁あって、Funky Ritsuco Version!とトリオのCD、そして弾き語りCD発売を世話になっている。

近藤スタジオ録音アシスタントは、まこと凄腕エンジニア。

バンド皆のお願いをさっと聞いて問題点を解決してくれる有難い存在だ。

井手雄一調律師は、録音ルームで私のピアノの音を聴いて、いろいろ良いことをアドヴァイスしてくれる、これ有難いことだ。

曲想ごとにチューニングを変えてくれて、それに答えるタッチになっているかチェックしてくれる。

前回のトリオ録音、スタインウェイピアノの豪華な気品ある音色録れているが、この録音チームの皆さんの力あってのことだ。

今回は、Funky Ritsuco Version!のファンキー、深いブラジルのリズム、キューバのリズム、ロックのリズム満載なのだが、

そこにスタインウェイピアノのエレガントな音色が混じって、大人のファンキーロックジャズになっている。

夜のご飯は、釜飯、あたたかいご飯でほっとする。

24時近くまで頑張った。

ホテルに帰るも、またなかなか寝られない。

しかし、スタジオの隣なので大分体力温存できている。

7月26

あっという間に最終日。

今日は、全部できるように12時スタートとした。

到着順に昼食お弁当。

6名全員参加の曲から始める。

藤陵雅裕、箭島裕治、岩瀬立飛、岡部洋一、皆録音の経験豊かなので、いろいろと良い方向へ意見を出してくれて心強い。

私はこのイベントの主催者、プロデューサーの立場だが、彼らの存在が大きな安心になっている。

素晴らしいミュージシャン達が真剣に集中して力を出していること、Funky Ritsuco Version!最高だ!

夕食は美味しかったのでカレー再注文、10名を超す一座で夕食、楽しい時間だ。

3曲録音後、岡部洋一パーカッション奏者が、ブラジルリズムオルドゥン隊のサウンドを作ってくれた。

シンナーの一斗缶を叩いている。

皆で録音ルームからモニターに映る岡部洋一奏者演奏を見て聴いて楽しむ。

そして、床に座り込んで、両側にある大量の打楽器が入っている2つの重いケースを音楽に合わせて一気に引き寄せてガシャンと言わせた。

これだけで充分可笑しいのだが、2回目に引き寄せた途端乗っていた一斗缶がガーンと言って転がり落ちて、録音ルームの一同もイスから転げて笑った笑った。

こういうことを仕事にしている岡部洋一奏者は、NHK大河ドラマのサウンドを今年も来年も引き受けている、素晴らしい。

録音の最後は、遠藤律子、岩瀬立飛ママさんコーラスデュオのコーラス録音。

数曲にウィスパーヴォイスでコーラス録音、藤陵雅裕&箭島裕治ミュージシャンが録音ルームからいろいろ指示をくれる。

大いに笑いながら楽しいコーラス録音。

Funky Ritsuco Version!一座の厳しいサウンド追求と楽しい音作りの3日間は、12時過ぎに終わった。

良い作品になるという確信を得た安堵感とともに、この一座の3日間が終わることの寂しさ。

今回のCD制作は、皆と楽しいことをしたいという気持ちから始めた。

楽しかった。

バンド皆の笑顔と実力を見た。

録音チームの力を感じた。み

そして、これから私は8月中に、菰口&北見録音チームとスタジオで3日間、音まとめ、トラックダウン。

CDジャケット制作は、このチームの阿部晃久デザイナーが進めている。

帰宅したら、アーティスト写真とCDジャケット写真がメールで届いていた。

チームの釣谷ゆうきヘアメイクアップアーティストのメイク、阿部デザイナーの手が入った写真で今回のコンセプトにぴったりはまったお仕事をしてくれたのだと感激。

8月はCD発売に向けての仕事が忙しい月になりそうだ。

また楽しく参加していこう。

朝方まで起きていた。

藤陵雅裕、箭島裕治、遠藤律子、岡部洋一、納見義徳、岩瀬立飛、Funky Ritsuco Version!

1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > |