最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > オンラインレッスン楽し。

ブログ

オンラインレッスン楽し。

2022年01月10日

1月9日
穏やかな晴れの冬日。
お昼起床、のんびりしている。
生活クラブのイカ墨スパゲッティを茹でて、ジェノベーゼソースで和えて粉チーズ。
ミニトマトマリネと茹でブロッコリー。
かぼちゃと玉ねぎスープ。
このスープは、スープメーカーに、サイコロきりしたカボチャと玉ねぎと欧風出し(野菜のみで作った粉末だし)と水を入れて、15分もかからず出来上がる。
乳製品も油分も使わない美味しいスープ。
緑茶。
デポーで買い物。
帰宅して消毒セットと着替え。
18時からZOOMとヤマハsyncroomでオンラインレッスン。
syncroomアプリを使うと、双方の楽器の音が時間差なく同時演奏できる。
画像はZOOMで。
k等はオープンヴォイシングとリズムの由来のレッスン。
アフリカからキューバ、アメリカ、ブラジルに奴隷で連れてこられた人々が伝えた素晴らしいアフロリズムがそれぞれの国で色々な音楽と混じって、ルンバ、スイング、サンバの元になった。
キーは2拍子、これが身体に入ればなんでも乗れるようになる。
やる気の若い世代の生徒の方と一緒に、私も元気になる時間。
作り置きの野菜汁に白だしを加えて、根菜汁。
デポーで購入したお刺身セット、美味感激。
ミックスベビーリーフとブロッコリースプラウトのサラダ、蟹玉、干し大根のキムチ、みかん、番茶。
コロナ禍でお寿司屋さん等外食に行っていない。
自分はライブハウスでお客様をお待ちしているのに外食に行かないのはどうなのかと、外食業界の方々に申し訳ない気持ちだが、ライブの仕事は十二分に気をつけて気をつけて、お店にいる全員が感染しないように、そういう環境の仕事をしている。一昨年の春から夏は、自分から仕事を辞めていた。メンバーに少しだが補償をして中止延期してきた。秋からぼちぼち仕事を再開して、それ以降長い間、ぼちぼちでやってきた。仕事は最小限にしていて、仕事以外の時に感染して仕事ができなくなる恐怖があるので、残念ながらテイクアウトをしたりしてる。また、仕事をしたくてもツアーの仕事やイベントの仕事は全くなくなった。
ほんの少しのライブとご希望の方のレッスンでずっとやってきた。
今また大変な状況になりつつある。
しかし精神的に自滅しないように、気楽にしようと思って極力そうしている。
レッスン後、歌の練習。
歌のライブ目指して続けている。
このキーで良いと思って書いた譜面で何度か歌っていると、声が出にくいことがわかって、キーを変えて書き直す。
その音が高い低いではなく、メロディの上下と歌詞の組み合わせで、歌いにくいところがあるのだ。
キーを高くした方がその高い音が出やすくなったりするので、音は高い弾くだけでは歌うキーは決められないことがわかってきた。
Bのキーが結構好きだ。スカーっと音が抜けていく感じが良い。
レッスンに歌いにきている方も多いので、こういう体験はアドヴァイスに役立つ。
昨夜遅く、YouTubeで、MISIAの歌を聴いていた。
いつも涙が溢れてくる。
メロディが素晴らしい歌詞があたたかい曲がある。何を言っているかわかる曲なのが良い。
そして、彼女の節回しに泣き節があるのだ。
感動があるのだ。これが歌手だ。
演歌だと、大川栄策、さざんかの宿、何度聞いても泣けてくる。
三橋美智也も最高だ。
島倉千代子も素晴らしい。
この歌手たちは皆、泣きがある。
違う作風では、小田和正、泣けてくる。
あまりの声の美しさと音程の完璧さ、美しい音を聴くと泣けてくる。
MISIAの曲、ピアノトリオでやりたい曲、藤陵雅裕サックス奏者に吹いてもらいたい曲がある。
コロナ禍が続いて、今は気持ちを楽にして、仕事がないからできる音楽探求を楽しむ時期と思っている。そして、しかしいろいろな形で仕事を作る工夫は続けていく。
1月6日SWINGトリオライブの後日配信のご案内
チケット購入のリンク先は
https://ritsuco-trio-swanlake220106swing.peatix.com/
お好きな時間にゆっくりご視聴頂けるアーカイヴ配信は一週間、チケットは1/11(火)17:00までご購入頂けます。
Peatixが初めての方、わかりやすく説明しているサイトのURLです。ご覧ください。
https://mind-and-map.com/peatix/
1月15日新所沢SWAN ピアノトリオ遠藤律子誕生日ライブ。
1月30日吉祥寺SOMETIME ピアノトリオ午後ライブ。
どうぞおいでください。
ご予約はこのサイトのcontactから、どうぞよろしくお願いいたします。