最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > 女子ジャズの曲、気楽ライブの準備。

ブログ

女子ジャズの曲、気楽ライブの準備。

2021年11月28日

11月27日
寒くなった。
今日から冬だ。
早起き。
生活クラブの焼き豚炒め飯を温めて、小松菜と大葉を細かく切って混ぜて炒めて海苔。
卵と豆腐とネギの味噌汁、干し大根キムチ、レタスとパプリカとマグロスープ煮のサラダ。
緑茶、カステラ美味感謝。
気楽セッションライブを今のうちに開催することを思い立ち、皆さんに連絡。
普段は、数ヶ月前に決めてバンド練習をして参加していただいているのだが、今、南アフリカ変異種のことやワクチン接種者の感染防御弱体のことがあって先が見えない。
そこで、直前に決めてどんな形でもおいでいただける方々に参加していただくことで話を進めている。
バンドで出演できない方々は個人でセッション参加ということで募集中。
12月11日夜だ。
マスクなしの演奏楽器と歌があるので、当日全員抗原検査をして陰性の方ご参加とする。
今日は一日、その連絡を続けていた。
メールの方、夜中NGの方、メッセンジャーの方、LINEの方に向けてそれぞれ連絡。
途中少し外を歩いた。
寒くて風が木枯らしなのではないか。
マスク二重がちょうどよくなった。
今日はサラ・ヴォーンのもう一枚のブラジルアルバムを聴いた。
サッサッと歩きながら、冬の風を浴びながらサラヴォーン。
嬉しい午後だった。
帰宅して、消毒セットと着替え。
消毒セットは、玄関でアルコール手指消毒とドアノブ消毒。
メガネもアルコール消毒、手と顔を洗ってうがいする。
いつまでこれをやるのだろう。
この習慣は残りそうだ。
12月11日の女子ジャズ配信の曲を決める。
平松加奈バイオリン奏者に弾いてもらうオリジナル曲は「去りゆく人に」にした。
そして田中詩織ビオラ奏者に弾いてもらうオリジナル曲は「心配しないで」
加奈さんと詩織さんのオリジナル曲を一つずつ出してもらった。
そしてクラシック曲もそれぞれデュオで共演する曲を決めた。
他に3名で演奏する曲、私のピアノソロ曲を考えた。
ずっと前から、私のオリジナル曲は弦楽器に演奏してもらうと良いと思ってその機会を作りたかった。
今回、壷井浩子ブリーズノート代表のお引き立てにより実現することとなってとても嬉しい。
まだ11月22日のコンサートの後仕事が終わらず気持ちが入れ替えられないのだが、今日ピアノでしみじみオリジナル曲やクラシック曲を弾いていたら、辻秀夫調律師が夏に仕込んだピアノ内部の工夫の結果が突然耳に響いた。
コンサートホールで演奏しているコンサートピアノの音が響いた。
大感激。
ピアノの魅力に触れた実感。
豪華な音、豊かな音。
幸せな時間。
少し気持ちが新しく前に向いた。
決めた曲の譜面を家の複合機のスキャナーで携帯に送って、FBメッセンジャーに送って加奈さんと詩織さんにキー等確認してもらった。
良い配信ライブにできるだろう。
若い世代のミュージシャンたちの元気なパワーをもらって勉強になる良い機会だ。
ずっと今日は気楽イベントご参加者募集連絡夜中まで。