• オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ディスコグラフィ > Sol-La-Mi-Mi(ソ・ラ・ミ・ミ)

ディスコグラフィ

Sol-La-Mi-Mi(ソ・ラ・ミ・ミ)

  1. Homenagem ao Malandro (Chico Buarque) 4:20
    オメナージェン・アオ・マランドロ (マランドロに捧ぐ)
  2. Lua na Floresta (Yukihiro Yamane) 5:35
    ルア・ナ・フロレスタ (森の月光)
  3. Sol-La-Mi-Mi (Kazuo Yoshida) 5:03
    ソ・ラ・ミ・ミ
  4. Gnossienne No.1 (Erik Satie) 6:15
    グノシェンヌNo.1
  5. Balanca Pema (Jorge Ben) 3:55
    バランサ・ペーマ
  6. Anoiteceu (Francis Hime/Vinicius de Moraes) 4:30
    アノイテセウ (夜の帳)
  7. One Note Samba (Tom Jobim/Newton Mendonca) 5:27
    ワン・ノート・サンバ
  8. Se Voce for Embora (Ritsuco Endo) 5:18
    シ・ヴォセ・フォル・エンボーラ (もしあなたが去って行ったら)
  9. Chega de Saudade (Tom Jobim/Vinicius de Moraes) 5:18
    シェガ・ヂ・サウダーヂ (想いあふれてあふれて)
  10. E Preciso Perdoar (Alcyvando Luz/Carlos Coqueijo) 4:40
    エ・プレシーゾ・ペルドアール (許さなくては)
  11. That's All (Bob Haymes/Alan Brandt) 5:15
    ザッツ・オール
アーティスト Toquio Bossa Trio(トキオ・ボッサ・トリオ)
タイトル Sol-La-Mi-Mi(ソ・ラ・ミ・ミ)
発売日 2019年3月31日
品番 KYCD-1901
発売元 アオラ・コーポレーション(www.ahora-tyo.com)
価格 2,300円+消費税
ご購入 全国CDショップ、Amazon、当ウェブサイト

レビュー

トキオ・ボッサ・トリオは結成10周年を迎えてこの間、発表したアルバムは5枚、ライブは国内だけではなく、リオデジャネイロやソウルでも大好評を頂きました。
今回、第6作目をリリースするにあたり、最高の設備のTOKYO FMスタジオ・イリス、ピアノは名器スタインウェイ、プロ録音賞最優秀賞に輝くエンジニア、川島修氏によるハイレゾ録音、という素晴らしい機会に恵まれて、ブラジルサンバボサノバの名曲とメンバー3名のオリジナル曲、リラックスした演奏、美しい音質、生き生きとしたグルーヴ、ジャジーなダイナミクスなど聴きどころが一杯の素晴らしいアルバムが出来上がりました。

クレジットリスト

バンドメンバー名 遠藤律子piano & keyboards、山根幸洋acoustic & electric bass、吉田和雄drum & percusshion
プロデュース 吉田和雄
録音 2018年12月16日 Tokyo FM Studio IRIS
録音エンジニア 川島修
ディレクター 岩崎育郎
ミックス&マスタリング 吉田和雄
カバー写真 吉田文
ライナー写真 岩崎育郎