• オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ディスコグラフィ > Cry Me a River

ディスコグラフィ

Cry Me a River

  1. Inquietacao(Ary Barroso)
  2. It Don't Mean a Thing(Duke Ellington)
  3. Cry Me a River(Arthur Hamilton)
  4. Wave(Antonio Carlos Jobim)
  5. Since I Fell for You(Buddy Johnson)
  6. Estate(Bruno Martino / Bruno Brighetti)
  7. Blue Bahia(Kazuo Yoshida)
  8. Andorinha(Antonio Carlos Jobim)
  9. Me Deixa em Paz(Monsueto / Airton Amorim)
  10. You'd be So Nice to Come Home to(Cole Porter)
タイトル Cry Me a River / Toquio Bossa Trio
発売日 2010年12月1日
品番 OMCA-1136
発売元 株式会社オーマガトキ、株式会社新星堂
販売 コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社
価格 2,500円(税込)

レビュー

トキオ・ボッサ・トリオが結成されたのは2009年2月、デビュー・アルバム「エンジェル・アイズ」(Ahora KYCD-0901)は大好評。今回、2作目「クライ・ミ-・ア・リヴァー」をリリース。コンセプトは1作目に引き続き、「ジャズとブラジルの名曲をブラジリアン・テイストで」。1960年から70年代にかけて盛んだったブラジルのピアノ・トリオは今、皆無。それを熱望する声が色々なところから聞かれる。そんな訳で、世界的にもこのピアノ・トリオの存在価値がある。遠藤律子は左手から生み出す軽やかな、時には強靭なブロックコードに乗せて、ジャズで養った歌心を発揮、メロディに情感を込めて表現している。若手ベーシストの山根幸洋は、年齢からは想像出来ないほどの落ち着きで、絶妙のフィルインと共に全体を包み込み、サウンドに柔らかさを与えている。リーダー吉田和雄は選曲、リズム、サウンドなど、ブラジル音楽一筋にやってきた経験を全て注ぎ込んでプロデュース、ブラジルのレコード会社から名ドラマーミルトン・バナナの後継者としてオファーがあった本場仕込みのドラミングを聞かせる。3人の個性の相乗効果で出来上がったこのトキオ・ボッサ・トリオのサウンドは、皆さんのお心に熱く響くことだろう。

録音データ

録音日 2010年9月~10月
録音場所 東京ドルチェ・ホール、サウンド・スクエア
編集、ミックス 川越オウザック・スタジオにて
マスタリング パラダイス・レコード

演奏者

遠藤律子 piano
山根幸洋 bass
吉田和雄 drs、モリンガ

クレジットリスト

プロデュース 吉田和雄
録音 吉田和雄
編集、ミックス 吉田和雄
マスタリング 佐藤正美(パラダイス・レコード)
カバーフォト YUSUKE
ライナーフォト 小野隆彦
デザイン 吉野幸子
Special thanks to 石田哲郎、星見晴雄、小野隆彦、黄木綾子、土屋秀敏