• オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ディスコグラフィ > Brazilian Voices

ディスコグラフィ

Brazilian Voices

  1. Rio (Roberto Menescal / Ronaldo Boscoli)
  2. Berimbau (Baden Powell / Vinicius de Moraes) feat. Dudu Salinas
  3. Feitico da Vila (Vadico / Noel Rosa)
  4. Palpite Infeliz (Noel Rosa) feat. Joyce Moreno
  5. So Tinha de Ser com Voce (Tom Jobim / Aloysio Oliveira)
  6. Canto de Ossanha (Baden Powell / Vinicius de Moraes) feat. Keissy Costa
  7. Nada Sera como Antes (Milton Nascimento / Ronaldo Bastos)
  8. Na Lama, na Lapa (Khrystal / Valeria Oliveira) feat. Valeria Oliveira
  9. Samba de Janeiro~Misturada (Airto Moreira)
  10. Onde Andaras (Caetano Veloso / Ferreira Goulart) feat. Dudu Salinas
タイトル Brazilian Voices
発売日 2014年9月21日
品番 KYCD-1402
発売元 アオラ・コーポレーション
価格 2,300円+消費税

レビュー

前作から2年、Toquio Bossa Trio の第4作のこのCDは、ブラジルの素晴らしい歌手達との共演アルバムです。
ブラジルを代表するブラジリアンジャズシンガーソングライターのジョイス・モレノ他3名、計4名の歌手が歌うブラジルの美しい歌、楽しい歌と
Toquio Bossa Trio のジャジーでスインギーな演奏がマッチして華やかな内容となりました。
トリオの演奏は、ハービー・ハンコックとの共演をはじめとしてジャズミュージシャンにリスペクトされているシンガーソングライターのミルトン・ナシメントの代表的ナンバー「ナダ・セラ・コモ・アンチス」やサッカー応援で一番知られている「サンバ・デ・ジャネイロ(トンボ)」では熱いジャズフィーリングの演奏を聴かせていて、エレクトリックピアノ、アコースティックベースを使用した演奏も新しいサウンドになっています。
ドキドキワクワクするブラジル音楽の魅力をお楽しみください。

クレジットリスト

Toquio Bossa Trio Ritsuco Endo; Piano, Keyboards
Yukihiro Yamane; Bass
Kazuo Yoshida; Drums, Percussion
ゲストアーティスト Dudu Salinas; Vocal, Guitar
Joyce Moreno; Vocal, Guitar
Keissy Costa; Vocal, Guitar
Valeria Oliveira; Vocal, Guita
プロデューサー Kazuo Yoshida
録音スタジオ Recorded between 2012 and 2014 at A Casa, EME, Tambor in Rio De Janeiro by Jeorge Guerreiro, Studio Promidia in Natal by Paulo de Oliveira, Dolce Hall in Tokyo by Kazuo Yoshida
ミックススタジオ Kazuo Yoshida at Ouzak Studio in Kawagoe
カバーフォト Kazuo Yoshida
ライナーフォト Takahiko Ono
デザイン Sachiko Yoshino
Special thanks to Kazuo Yoshida plays TAMA Drums
Yukihiro Yamane plays OB-6 (Real Bossa Design)