• オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ディスコグラフィ > Angel Eyes

ディスコグラフィ

Angel Eyes

  1. Tim Dom Dom(Joao Mello/codo)
  2. The Girl From ipanema(Antonio Carlos Jobim/Vinicius de Moraes)
  3. Samba de Orly(Toquinho/chico Buarque)
  4. Angel Eyes(Matt Dennis/Earl Brent)
  5. Moment's Notice(John Coltrane)
  6. Vento no Canavial(Joao Donato/Lysias Enio)
  7. Mas Que Nada(Jorge Ben)
  8. Ela e Carioca(Antonio Carlos Jobim)
  9. The Gift(Luiz Antonio/Dijama Ferreira/Paul Francis Webster)
  10. Tristeza(Haroldo lobo/niltinho)
タイトル Angel Eyes / Toquio Bossa Trio
発売日 2009年12月発売
品番 KYCD-0901
発売元 Ahora Corporation(T&Kエンタテインメント)
価格 2,500円(税込)

レビュー

1960年代にブラジルで盛んだったボッサ・ピアノ・トリオ、特にミルトン・バナナ・トリオなどはその軽快なサウンドが日本でも大いに支持されました。時代と共にその座をヴォーカルに奪われ、現在では皆無の状態です。
そんな潮流に危惧を感じた日本を代表するボッサ・ドラマー、そして小野リサの20枚のCDはじめ、ブラジル音楽プロデューサーの吉田和雄は、ジャズ・ピアニストとして常にトップシーンで活躍してきた遠藤律子を口説き、ベーシストには若手新人、山根幸洋を抜擢、2009年「トキオ・ボッサ・トリオ」を結成しました。
解かりやすく、リリカルでスウィング感のあるライブは大好評で、この度、CDをリリースする運びになりました。
選曲は親しみやすいボサノバの名曲とコルトレーンの作品などジャズのスタンダード・ナンバーを厳選、オリジナルのアレンジで爽やかに、軽快に聴かせます。
また、カバーフォトには今、注目のYUSUKEによる東京タワーをモチーフにした写真を採用、アーバンな香りを表現しています。
再発物も大盛況のボッサ・ピアノ・トリオ・シーン、復活を望む声が全世界で聞かれます。東京から発信したこのアルバムがグローバルな展開をする、そんな期待も出来る作品です。

録音データ

録音日 2009年7月~8月
録音場所 Dolce Hall,Sound Square Tokyo
編集、ミックス Ouzak Studio
マスタリング Paradise Records

演奏者

遠藤律子 piano
吉田和雄 drs
山根幸洋 eb

クレジットリスト

プロデュース 吉田和雄
録音 吉田和雄
編集、ミックス 吉田和雄
マスタリング Masami Sato Paradise Records
カバーフォト YUSUKE
ライナーフォト Jin Isozaki
デザイン Sachiko Yoshino
Special thanks to Takeo Matsuki(Soft Wind),Yukari Fukuzato
Minako Ishiguro,Naoko Nakagoshi(Nihon Piano Gallery)