最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ

ブログ

歌。

2020年04月04日

4月3日

毎日どんどん時間が過ぎていく。

毎日同じことをやっている。

同じことをするのは好きだ。

しかし、同じだなあ。

お昼起床。

生活クラブの菜の花天、野菜たっぷりキーマカレー少々、ブロッコリー等野菜一皿。

デポーのライ麦レーズン黒い硬いパン。

緑茶、レモンリンゴ伊予柑さっと煮入り豆乳ヨーグルト。

今日もウォーキング。

iPhoneのミュージックで作ったプレイリストに、ワイルドマグノリアス曲を加えた。

歩き出すときに「Feeling Good」でよい気分でアップ、ちょうど階段があるところで「End Of The Line」になって、

ダンシングチームのようにご機嫌に階段を昇って降りてまた昇る。

息が上がったところで、少しテンポゆっくりの「Rio De Janeiro Blue」大幅歩きする。

そこからEW&Fでノリノリ「September」そして決定的にご機嫌な「Boogie Wonderland」歩く歩く。

というより踊る踊る。そしてかっこいい「Take Me To The River」これは最高だ。

どんどんどんどん歩いて歩く。

この時間が一日の中の1番目の楽しみ。

帰宅して、汗をかいたのでコットンのタートルティーシャツを着替える。

紅茶は国産無農薬。

ピアノ、今日は歌、歌。

ジャズスタンダードナンバーをどんどん歌う。

これはいけそうだという曲を今後ちゃんと練習する。

だんだん慣れてきてエンディング等も自由になってくる。

4月はほぼ全休、これは練習のチャンスだ。

このピアノと歌の時間が2番目の楽しみ。

毎日これだけだ。

生活クラブの鯖のみりん漬け焼き、昨日の梅干しトロロネギ納豆の残りを卵焼きにしたら大豆の味がおいしかった。

生活クラブの4種の野菜のナムル、根菜豆腐お味噌汁、生活クラブのわらび餅、レモンリンゴ、番茶。

4月25日の気楽セッションはお休みにした。

皆さんと気兼ねなく楽しく音を出して盛り上がれる日を楽しみに、今は都が要請する集まり自粛に沿って行くつもりだ。

Carol Kingが、自宅待機で今の状況を乗り越えよう、医療関係者に感謝のメッセージの後、「So Far Away」を弾き語りしたのをFacebookで見つけてシェアした。

キャロル・キングは私の師だ。

キャロル・キングのように弾き語りしたいと大学時代に憧れた。

今、長い時間が経ってキャロルがまだ元気でこういうメッセージを見られる聴けること、感激だ。

この曲は私が何千回聴いただろうかというアルバム「Tapestry」に収録されている曲で、懐かしい。

このアルバムからFunky Ritsuco Version!CDWill You Love Me Tomorrow」をタイトル曲として収録した。

マリア・エヴァに歌ってもらって感動の素晴らしいヴォーカルパフォーマンスになった。

藤陵雅裕サックス奏者と仕事キャンセルのこととこのキャロル・キングのFacebookの歌についてメールで話して、頑張りましょうということに。

バンド仲間に会えないのは寂しいこと。

今は勉強の時。

豊かになってまた演奏出来たら嬉しい。

さっき歌ってみた曲の譜面書き。

丁寧にきれいに書きましょう。

お花は美しい。

春の嵐

2020年04月02日

42

今日は晴れたが風が強い。お昼過ぎ起床。

生活クラブのマルゲリータピザにホタテとシメジとミニトマトを載せてさっとオーブンで焼いた。

わかめと細ねぎの欧風だしスープ、オーガニック穀物ナッツバー、緑茶。

今日も今日とてウォーキング、しかない。42キロ。

桜吹雪の道だ。

散歩道に人が少ない。

寂しい午後だ。

今年は桜も哀しい。

帰宅して、ピアノ、今日は歌わずに細かい音符の曲の練習、楽しい気持ちになる。

音楽はいいなあ。

ミュージシャンのFacebookタイムラインを見ると、ほとんどのライブがなくなっている。

今日は、5月のロータリー多摩中グループインターシティミーティング開催の中止のお知らせがあって、バンド演奏はキャンセルされた。

田中ガバナー補佐のあたたかい口調で残念というお言葉、残念な気持ち、心が通じる。

ロータリーのイベントもどんどんなくなっている。

こんなに世の中のことがなくなるなんて。

この喪失感に耐えて行かねば。

地球という大きな自然の中に生きる生き物の一つとしての人間の生き方を問われる事件だ。

自由業のはかなさを感じる毎日。

政府から布マスク2枚、届いたらどうしよう。

使えないと思う。

使いたくない。

ななさん、そして妹からマスクをもらった時に有難いと思った。

布マスクが届いても有難いと思えるか。

歌。

2020年04月01日

41

 

4月だ。

今日はなんと1430分起床。

我ながらあきれた。

人間は25時間時計で生きているという。

今それになっている。

どんどん遅寝遅起きになっている。

冷蔵庫の野菜盛り合わせ。

スモークサーモンオムレツ、ソラマメグリーンピース豆豆ごはん、押し麦と根菜のスープ、緑茶。

今日は雨なので、建物内を歩く。

ゆっくりのテンポで階段一段を上り下り。

アル・グリーンの「Take To The River」を聴きながらやっていたら相当良い運動になった。

これがインナーマッスル運動という。

45分止まらずに歩いて階段上り下り、汗をかいた。

熱田さんコーヒー。

今日もピアノ弾き語り練習。

歌詞が頭に入ると声が大きくなる。

最初に1コーラス歌ってアドリブをして歌に戻ると歌がのびのびジャジーになるのだ。

面白い。

歌を歌ってからアドリブするとよいメロディが浮かぶのも面白い。

この家にいる時間、研究の時間だ。

新玉ねぎ、ミニトマトを弱火で炒めてキーマカレーパックを加えて野菜カレーパックも加えて茹でキャベツも加えて蒸しジャガイモも載せてキーマカレー。

生活クラブの鯵の開き焼き、レモンと大根おろし、美味。

自家製白菜玄米麹漬け。

豆腐とねぎのお味噌汁、ネギひきわり納豆、豆乳ヨーグルトレモン汁入り、大豆合戦。

さきほどの歌の譜面書きなおし。

書いてみておかしくないと思っても弾いてみるとミスを見つける。

小学校のころから歌が好きだった。

中学時代はクラス合唱の熱中、音楽研究会でオペレッタ制作上演では自作の歌を歌った。

高校時代はロックに傾倒。

大学中退して引きこもり時代には毎日オリジナル曲を作ってピアノ弾き語り。

それからディスコバンドのオルガン&コーラスで仕事をした。

ジャズバンドになってからはひたすらピアノ上達に集中、仕事がたくさんあって忙しかった。

ジャズ歌手の伴奏の仕事が楽しかった。

歌が好きで、アメリカやイギリスのジャズシンガーの歌を聴いてよい曲だと思った曲をバンドで演奏した。

FRV!を結成、コーラスを始めた。

お客様にアンコールの時に一緒に歌っていただくようになった。

親の介護中に、小笠原千秋シンガーソングライターとに自作のメロディに歌詞をつけてもらって初めて彼女が歌って私がコーラスして私も2曲経ったCDSMILE」を発売した。

病気療養時期を経て、好きなことをやろうと思い立ちピアノ弾き語りCD「心を寄せて」を発売した。

今またある意味引きこもり時期となり、今度はスタンダード曲弾き語り練習中。
ところで、各世帯2枚ずつマスク、これはなんでしょうかね。

こつこつ。

2020年04月01日

331

コロナで緊張の一か月だった。

とんでもない春になった。

お昼起床。

生活クラブの生そばを茹でて、大根おろし、大葉、細ねぎ、海苔。

作り置きの鶏さっぱり煮の汁にカボチャソテー、青梗菜、スティックブロッコリー、蕪の葉を浸した。

自家製白菜玄米麹漬け、緑茶。

今日もウォーキング。

音楽なしで歩いたら疲れた。

音楽と一緒に動くと疲れないそうだ。

ダンスがそうだ。

音楽と一緒なのでいくらでも踊れると思う。

労働歌も同じだ。

音楽は体を動かすのによいそうだ。

帰宅して熱田さんコーヒー。

ピアノ、今日も歌練習。

同じメロディでもコードが変わるとその音の響きが変わる。

それを味わいながら歌うとなかなか深いものだある。

とりあえず歌詞を覚えてからだ。

音楽と向かい合う時は今唯一のほっとする時間。

金目鯛煮つけ、オーガニックレタスとミニトマトとブロッコリーとカラーピーマンマリネのサラダ。

豆腐とねぎのお味噌汁、ネギ納豆、ほうれん草のごまみそ、レモンリンゴ、ソラマメとグリーンピース入り豆豆ごはん、番茶。

先ほどアレンジした譜面書き。

毎日これが楽しみ。

譜面書きは、編み物、焼き物絵付け、刺繍のような感じだ。

細かい音符を丁寧に紙にインクで書いていく。

無心になれる。

4月の茶音厨楽房レッスンはほぼお休みとなった。

ご都合をお聞きして、皆さんがバス、電車移動、お身体の心配等でお休み希望が届いた。

私も今は、電車乗り継ぎ移動が怖い。

日々のニュースでどんどん感染が増えてきて、見えないものに対する恐怖感が増している。

3月から特に4月は、巷のライブはほぼ全部キャンセルとなっている。

お店もミュージシャンもしっかり自粛要望に応えている。

これで、感染終息したときに、ライブハウスジャズクラブが残っているだろうか。

コロナウィルスと共存していく事になるという医師もいる。

こんなことになるなんてと驚く毎日だ。

英語レッスンもお休み希望を送った。

先月までは、なんとかならないかと悩んでいたが、吹っ切れた。

ここは休んで、良い時期が早く来ることを願うだけだ。

自分だけではない、感染というつながりの鎖を切るために。

音楽でのつながりが一番大切としてやってきたことがだめになるという、恐ろしいことだ。

大島桜、好きです。

茶音厨楽房レッスンお休み

2020年03月31日

330

お昼起床。

毎日同じなので今日が何日かわからなくなる。

冷蔵庫のもので朝ごはん。

緑茶。

今日は茶音厨楽房レッスンをお休みにした。

生徒の方々も参加をためらっておられた。

今日も歩く。

iPhoneでソウルミュージックを聴きながらそのテンポに合わせて手も降って歩くと、ディスコに来たみたいだ。

こういう時間、気持ちが楽になって嬉しい。

志村けんさんが亡くなった。

バカ殿の番組の中の、柄本明さんとのお茶を引いた芸者二人のコントが大好きだった。

本当に面白い。

二人の怪演にいつも大笑いだった。

最後の決め言葉が「世も末よねええ」二人で言うのだ。

世も末よねえ、か。

途中郵便局で郵便を出したのだが、並ぶ列が1メートル以上空けている。

ウォーキングで少ない人だがすれ違う時緊張する、お互いに。

恐ろしいことになったものだ。

帰宅して、熱田さんコーヒー。

ピアノ、歌練習、ひたすら毎日。

毎日発見がある。

ある意味贅沢な時間。

という風にとらえて、勉強しよう。

生活クラブの鯖南蛮漬け、作り置きの鶏とゆでたまごのさっぱり煮青梗菜添え。

ネギ納豆、ニンジンとジャガイモの千切りにんにくソテー生活クラブ無添加中濃ソース。

新玉ねぎは生で食べるのが良いので細切りにしてごま油、ポン酢、万能つゆ、海苔。

豆腐とねぎのお味噌汁、リンゴ伊予柑さっと煮とレモン汁入り豆乳ヨーグルト、番茶、甘夏。

先ほどアレンジした譜面書き。

412日の山手WARANE午後ライブを613日に延期した。

中途半端な気持ちでびくびくしながら演奏しても盛り上がらないし、お客様は東京からおいでにならない。

また横浜の皆様のことも心配だ。

雨宮直子オーナーと相談して延期した。

4月はライブはほぼなくなった。

30日の銀座シグナスがどうなるか。

この2週間が山だという。

ここは都知事の言うことに従って感染爆発を避けたい。

身体と心がなまらないように過ごしたい。

Funky Ritsuco Version!CD「愛にあふれて」収録の「桜吹雪の道」オリジナル曲です。

1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > |