最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ

ブログ

名取市サンドイッチ工房ビクトリーカフェ

2019年10月01日

928

早起き。

車に荷物を積んで石巻出発。

12時に名取市イオンに到着、和食レストランでお昼ご飯。

その後、私は今日のライブの曲決め譜面並べ。

16時前にサンドイッチ工房ビクトリーカフェ名取店入り。

今日はこのお店でライブだ。

持って行ったnord pianoをセット。

今野勝範オーナーは、早稲田大学ジャズサークル出身で、トランペットを吹いている。

定禅寺ジャズには29回出演しているそうだ。

毎月1回このお店でライブを開催している。

早世された気楽セッションメンバーの方の学校仲間だ。

同じく学校お仲間、浅野浩一郎さんとご友人皆様、今回も揃っておいでくださった。

素晴らしいノリの良いお客様大勢御運び有難うございます。

2セット演奏。

山口彰ベーシストが全身全霊で心からベースを弾いている。

まじかでそのソウルフルな演奏姿を見て、素晴らしいと思った。

これも山ちゃんの音楽がこの場とお客様の気で引き出されているのだ。

Aquarius、昔エレクトーンで弾いていたという女性のお客様、お好きな曲を聴かせられて嬉しい。

Only You、一番前の席の女性のお客様が、大好きとのこと、曲選びが当たって嬉しい。

Yey!と良いところで声がかかって大向うの男性のお客様、有難うございます。

大盛り上がりのライブ、アンコールでI'm Walking、会場手拍子ノリノリシャッフルスイング。

今野さんがトランペットで聖者の行進、大いに盛り上がった。

終演後、今野オーナーと浅野さんお仲間と遠藤律子と山口彰で打上げ。

気楽メンバーの方のお話が出て来て、本当に切ない。

彼のあたたかいお気持ちでこのライブにつなげて頂いて、浅野さんとお仲間、そして今野さんのお言葉から私の胸にせまってくる。

大好きな方々とまたお会いすることが出来てありがたい日となった。

おいでくださった皆様、有難うございます。

またお目にかかれる日を楽しみに、車で休んでいた井手雄一さんの運転で東京に向かう。

途中休みながら、3時に帰宅。

今回のこのツアーは特にその場所その場所で大好きな方々に会いに行く旅で、そしていお聴きくださる方々に会える旅。

感慨深く、皆さんのあたたかいお心が身に沁みて心に広がって、感動の3日間となった。

井手雄一さんのバンドを愛してくれるお気持ち、感謝。

皆々様に感謝。

いつもおいでくださる皆さんと今野オーナーと、遠藤律子、山口彰。

石巻 N'sSQUARE

2019年09月30日

927

晴れている。

ゆっくり寝て、メール連絡等。

13時に3名集合で、向かいのホテルのレストランでブランチ。

カレー3種、バターチキン、野菜スープカレー、ビーフカレー。

味見しあう、美味しい。

ジャガイモトマトチーズ焼き、サラダもおいしい。

ナッツアイスクリームとコーヒーで元気。

16時に、N'S SQUARE入り。

ここは、井手雄一調律師のヤマハ調律師学校の友人、遠藤信和調律師のライブ会場だ。

遠藤信和さんは、ヤマハ中心に、調律のお仕事を一手に依頼されて引き受けている実力人気の調律師だ。

震災後、雄一さんと遠藤さんが話し合って、石巻に雄一さんの知り合いのジャズミュージシャンを連れて来て、石巻の皆さんに

音楽の贈り物をという企画を続けて来た。

私はデュオ、ソロ、トリオで演奏させて頂いた。

遠藤調律師が調律したスタインウェイピアノ、元お能の会場だったN'sSQUAREの木の響きで贅沢ななんともいえない品と豪華な音だ。

少し高いステージで、遠藤律子&山口彰デュオ演奏。

今日は、石巻希望ゴスペルクワイア14名の皆さんにおいでいただいた。

10周年を迎えたIKG、素晴らしい生き生きリズムと歌唱でますます輝きを増したコーラス皆さん。

今まであたたかいおつきあいをさせて頂いてきた。

震災を経験して大変なことがある中で、明るい楽しい皆さんの生命力あふれる人間愛のゴスペルクワイア、素晴らしいの一言。

2部の真ん中で3曲歌って頂いた。

リズムとパワーとあたたかさ、伴奏して涙。

デュオで「おやすみ」オリジナル曲を演奏。

アンコールでIKGに「愛にあふれて」オリジナル曲を歌って頂く。

最初ユニゾン、転調して2声、さらに転調して3声になっていく盛り上がりがしっかりと構築されて声が出ていて素敵。

エンディングで、星野願いを、を会場で丸く広がって会場皆さんで歌って大盛り上がり。

音楽、素晴らしい、と大感動。

音楽でつながるということ、本当だ。

遠藤調律師は、調律師の耳で、会場のPAをやっている。

山口彰のウッドベースの音が、生ですぐそこで弾いている音がスピーカーから出てくるので品が良い。

井手雄一、遠藤信和両調律師と一緒に石巻音楽イベントを企画してくださっている黒様健一、Kayoko夫妻が来てくださって盛り上げ隊だ。

黒澤さんは水道やさんで、お店の二階にイベント会場、K-BOXを持っている。

こことN's SQUAREで演奏してきた。

「がんばろう!石巻」の看板を立てたのが黒澤健一、クロケンさんだ。

3名の40代半ばの方々が、震災以来、素晴らしい音楽企画を続けてくださっている。

震災が起きた時はまだ30代だったろう。

しっかりして行動力があって、心優しい皆さん。

尊敬している。

終演後、IKG皆さんとお名残り惜しく、また次回を約束し合ってお帰りを見送る。

お鮨屋さんで、バンド2名と4名の音楽企画人たちで会食。

美味しいお魚、お鮨を有難く頂く。

音が良かったと、両調律師の言葉、大変に嬉しい。

この場で、両調律師の仕事へのこだわり、経験話を聞いて、今日も最高の仕事人の話、貴重だ。

黒澤さんに、震災後の今の石巻のお話を聞いた。

復興のため尽力するクロケンさん。

毎年311日のがんばろう石巻看板前での追悼の集まりにCD「心配しないで」を流してくださっている。

音楽の意味、有難いこと。

石巻は、今、仮設に暮らす方は2所帯までになったそうだが、期限があって仮設から出て行くことを余儀なくされた方々もいるそうだ。

皆さんが、居心地の良いほっとする住まいに落ち着かれることを心より願っております。

聖なる想いに至る今日のライブ、感謝感謝。

皆さんと盛り上がる。
IKGとお客様と遠藤律子、山口彰。
井手雄一調律師、遠藤律子、山口彰、黒澤健一K-BOXオーナー、Kayoko Kurosawaさん、遠藤信和N'sSQUAREオーナー。

盛岡コーヒーの店 響

2019年09月30日

926

超早起き。

美生柑生絞りジュースと緑茶。

井手雄一ピアノ調律師の車にエレピや荷物を積み込んで、いざ盛岡へ。

10時ごろ、山口彰ベーシストと3名でPAで朝ごはんバイキング。

それから、休みながら雄一さんが車を走らせて走らせて、16時過ぎに盛岡到着。

3名でいつも行く冷麺のお店で、美味しい森青冷麺とキムチを味わう。

17時に、コーヒーの店 響到着。

仕事に使うものを車から降ろした。

熱田純生マスターは、元キーコーヒーでコーヒーの味を決めていたコーヒー博士だ。

盛岡に移住して、良い音で音楽を聴かせて最高のコーヒーを出して時々ライブを開催するお店、響を開店した。

熱田さんは、コーヒー豆を焙煎する前にくず豆を一つ一つ取り除く。

大体15~20%は取り除くという。

それで、えぐみのまったくない、最高のおいしさのコーヒーが出来る。

材料を吟味した本物のジンジャーエール、美紀子さんの手作りの美味しいケーキ。

どれも最高のものにこだわって、お客様を楽しませているお店だ。

キーコーヒーの井上和則さんは、スーパー現場マネージャー。

立川のジェシージェームスが開店した時に、コーヒー屋さんとバンドどして知り合って以来、大変に応援お引き立てを頂いている方だ。

井上さんのご紹介で熱田さんのお店に行かせていただくようになった。

ウッドベースセット、少しリハ。

今日のゲストの黒江俊さんのリハ、今日はクラリネットだ。

大人のお客様、ジャズファン、お店の常連さん、あたたかい雰囲気の中ライブが始まった。

秋、枯葉。

60年代のポップス、CDL'Amour est Bleu」、「Light My Fire」、「Sol LaMi Mi」収録曲のご紹介演奏。

黒江俊さんの鈴木章治ナンバー、私も山口彰も鈴木章治とリズムエースで演奏したことがあるので懐かしい。

7月のナマケモノ倶楽部20周年イベントでお目にかかった安部農園の安部史郎さんがいらしてくださって、

なんと安部さんは生活クラブメンバーでもあるという。

私と2つのクラブご一緒で嬉しい。

オーガニック野菜を育てている安部農園。

冨岡朗さんが御友人とおいでくださった。

演奏を進化系とFBにコメントしてくださって何より嬉しいお言葉感謝。

初めてライブにおいでくださった女性のお客様、あたたかいお言葉とともにCDお買い上げ、有難うございます。

オリジナル曲「やっとあえたね」をいい曲とおっしゃって頂き有難い。

オシャレで楽しくあたたかい盛り上がりのライブとなった。

終演後、お客様が帰られた後熱田夫妻と、いつも家で飲んでいるおいしい熱田さんコーヒーを頂きながらいろいろお話。

熱田さんは、豆を見るとどの高度の土地で出来たか等全部わかるのだそうだ。

コーヒーマイスター認定試験の試験官をしている。

こだわって研修して大事に仕事をしてきた方のお話を聞くのは貴重だ。

このお店は木の床で、スーパーウーファースピーカーが入ってアナログ盤のウッドベースの音が美しく再生されている。

良い響きのお店。

今日の演奏は大きなリールのアナログテープレコーダーで録音された。

名残惜しいのだが、早めに夜のうちに石巻に移動するので、ここでおいとました。

車で休んでいた雄一さんが夜道を走って石巻へ。

盛岡ジャズジョニーの照井マスターが今日のライブにおいで下さる予定だったがご都合でおいでにならず、お店に寄ってと言うことだが、

石巻に行くので残念した。

昔、宮坂孝志史バンドで陸前高田にあったジョニーでライブをしたことがあった。

次回にはまたお会いしたい。

走る道、外の気温は13度。

3時前に石巻着。

ホテルに入って、休む。

体温調節でシルクの長袖ティーシャツをいつも持っている。

これが役に立った。

一足早い秋の寒さ。

一日運転、井手雄一さん、有難うございます。


山口彰、遠藤律子、熱田純生マスター、黒江俊クラリネット。
熱田ご夫妻、最高のお店でライブ、有難うございます。

明日からのライブの準備。

2019年09月25日

925

冷蔵庫整理野菜料理。

知らずオムレツ、パエジャご飯、美生柑生絞りジュース、緑茶、ずんだ豆入り蒸しパン。

プールで1000メートル。

泳ぐとだるさが取れる。

身体を動かした方が疲れが取れることが多い。

金時生姜紅茶、豆乳ヨーグルト、リンゴ、頂き物のパンとオリーブオイル感謝。

ピアノ練習、オリジナル曲をまたライブで多く演奏したい。

昔作った曲、どう言う風にして生まれたのか、自分ながら不思議だ。

曲は作ると言うが、作るのではなく生まれてくる。

喜怒哀楽、激しい心の動きが曲を生む。

作り置きの野菜鮭豆乳汁を温めてお味噌を入れて細ねぎとミョウガを薬味に、生活クラブのきしめんを入れる。

生活クラブのまぐろ漬け、大葉、ブロッコリースプラウト、海苔、生わさび。

黒米紫もち麦入り七分づきご飯少々、生活クラブの沢庵、ポテトサラダに茹でブロッコリーとミニトマトとリンゴを加える。

ネギ納豆、レモンリンゴ、番茶。

明日の荷物パック。

明日から楽しみだ。

東京ピースウィングロータリーEクラブは、毎週木曜にHPでの例会内容を更新している。

通常のロータリークラブは、毎週会合場所に集まって例会を開いている。

Eクラブは、毎月1回理事会を開いて、会長幹事理事が集まって、毎週一回HPを更新して、そこにメンバー皆さんが書き込みをして例会参加としている。

今年度幹事の私の仕事は、例会HPの幹事報告を書き込み更新することが一つある。

Eクラブの活動状況記載、クラブが所属している多摩中グループから送られてくるイベント紹介、多摩中グループが所属している国際ロータリー2750地区ガバナー事務所から届く諸事項の紹介等をHPにアップしている。

結構あっという間に次の木曜がやってくる。

7月から始めた更新も、もう3か月になる。

あと9か月続けて行く。

大好きなもの。

2019年09月25日

924

今日は暑い。

ちょっと早起き。

作り置きの野菜鮭豆乳味噌汁、しらすほうれん草玉子焼き、美生柑生絞りジュース、ネギ納豆、パエジャご飯、緑茶。

あまり食べられず。

仙台で28日に開催されるロータリー日韓親善会議に参加の日韓ロータリーの方々にお届けする、Toquio Bossa Trio とキムヒョーキ共演

CDの送付先について、今日の午前中にロータリーガバナー事務所の方とお話しできて、送付先がわかってほっとした。

明日中に送る必要がある。

13時から、茶音厨楽房レッスン、。

今日は1116日発表ライブの準備で皆さんが集中レッスン、休みなしで7時間、ほとんどピアノの前に座っていた。

あっという間の時間、集中して音楽作り、楽しいものだ。

来年のライブに向けて張り切る方、フレーフレー!

帰宅して、頂き物の北海道ちくわツナパン、野菜等、生活クラブのイタリアンハンバーグひとかけら、豆乳ミクスナッツドライフルーツヨーグルト、番茶。

仙台に送るCDをメッセージを日本語、韓国語、英語で書いた紙を入れて楽譜で包んで帯をした。

キムヒョーキ歌手の澄んだ美しい声の素敵なボサノバヴォーカルとToquio Bossa Trio の演奏、日韓ロータリー皆さんのお耳に届くことが嬉しい。

今は、レッスンの方々は、曲を選ぶ時にYouTubeでいくつかの演者のものを聴いて、これがいいということでコピーしたり参考にしている。

その演者を聴くのはその時その曲だけということも多いのではないか。

もしYouTubeで気に入った演者がいたら、その人のアルバムを聴いてほしい。

そのアルバムで共演しているミュージシャン、ベースやドラマーやピアノ等も良く聴いて、良いと思ったらそのミュージシャンが参加している他の

アルバムも聴いて、というように掘り下げて広げていく中で、たくさんの事、その音楽の体系、形がわかるようになる。

相撲も宝塚も落語も野球も、一人の人のファンになると楽しくて入り込んで行って、そのうち全体の事がわかるようになる。

金沢に仕事で行った時に、九谷焼に出会って大好きになっていくつか購入して、それから焼き物の本を買って何度も何度も夢中で読んでいるうちに、今度は土ものが好きになって、焼き物用語が楽しくなった。

祥瑞などという言葉が大好きになった。

染付、粉引、蹲、なども好きだ。

相撲の呼び出しさんの粋な衣装、たっつけ。

ジャズもラテンもブラジリアンもロックも演歌も、誰か一人の大ファンになるとそこから世界が見えてくる。

ジャズだと、ウィントン・ケリーが好きになってからジャズが面白くなった。

ロックは、ビートルスから始まった。

ブラジリアンは、ジョイス・モレノ、ミルトン・ナシメント、最初はセルジオ・メンデス。

ラテンは、アルトゥーロ・サンドバルのCDをずうっと聴いていたらノリがわかった。

落語は、春風亭昇太のわかりやすい落語。

宝塚は、紫苑ゆう。

また誰かに何かに夢中になる出会いがあるといいなあ。

1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > |