最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ

ブログ

LadyDay

2018年04月25日

424

少し涼しい日。

生活クラブの鯖のみぞれ煮。

スナップエンドウとさやいんげんとブロッコリーのクレソンをオリーブオイルでソテー、味付けは欧風だしとバルサミコ酢。

若芽とねぎのお味噌汁、フキ煮と山菜醤油漬け、七分搗き紫もち麦入りご飯、緑茶。

デザートはフレンチトーストメープルシロップ。

ピアソラの曲をアレンジ中。

ベースメロディで16ビートで考えている。

18時に春日町LadyDay

遠藤律子ピアノトリオ、遠藤律子p、山口彰b、藤井学drs

八月薫子vocal

雨が降り出す。

酒井さん、山崎さん、岩尾お兄様、常連皆様、いつも有難うございます。

トム・ジョーンズのDelilahをアルハンブラの思い出とくっつけてラテンジャズにした。

60年代のポップス、そして今は。

Seeled With A Kiss

ショパンの雨だれ、CDから愛のよろこびは。

いろいろな曲いろいろなアレンジ。

楽しい。

今日は、ピアノのタッチを特に気をつけて弾いていた。

鍵盤に指が落ちるタイミング、指を上げるタイミング。

薫子さんは、心が落ち着きあたたまるスタンダードジャズ、声が良い。

梅雨の最初のような宵、皆様と楽しい時間感謝

次回は、65日に出演する。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

メンテナンスの日。

2018年04月23日

423

今日は少し寒い。

こういう朝は腰が痛い。

サポーターを巻いて料理。

中玉トマトの海塩スクランブルエッグ、塩の旨みとトマトの旨み。

クレソンとアスパラとルッコラの苦みゴマダレバルサミコ酢サラダ。

豆腐とねぎのお味噌汁、山菜の醤油漬け、作り置きの播磨鶏もも肉サイコロカット玉ねぎブナシメジバジルソースソテー。

ソラマメご飯、緑茶。

14時半から妹のヨガクラス。

今日は、身体のバランス、めまいしにくくなる耳と目と足作りを教わった。

毎回よい知識を得るので嬉しい。

勉強熱心で向上心と努力する力がある、いつも前向きな妹を尊敬して嬉しく思っている。

私もそうなろうと思う。

歯医者で定期検診とクリーニング。

歯科衛生士の方がいつもいつも一生懸命仕事して、感激する。

有難い事。

帰宅して、料理。

ジャガイモ、ニンジン、カラーピーマン、タマネギ、スナップエンドウ、新キャベツ。

豆乳と冷凍マッシュポテトと作り置きコーンスープと欧風だしで野菜豆乳スープ。

近所の国産鶏の腿肉と胸肉の唐揚げ。

妹にもらったフキ、塩でもんで熱湯を通して筋を取って、ごま油で炒めて万能ツユで煮たら美味しくできて嬉しい。

オンデマンドで映画を観ながらソファで眠ってしまった。

譜面書きをしようと思ったのだが、なんだか疲れている。

疲れている時は休もう。

明日は春日町lady Day、遠藤律子ピアノトリオライブ。

どうぞお越しください。

Tacomaレッスン

2018年04月22日

422

いよいよ初夏、夏だ。

生活クラブの生そば、大根おろし、ネギ、大葉、海苔。

生活クラブの小鯵の南蛮漬け。

サラダ菜とクレソンとルッコラの胡麻ドレッシングバルサミコ酢サラダ。

納豆、緑茶、La毛利のイチジク生姜焼き菓子。

14時からTacomaレッスン

先月は雪で無くなってしまって、やっと今回4名の皆さんが揃ったレッスン。

えい子さん、歌に初チャレンジ。

美佐子さん、私のオリジナル曲「花束」ピアノ。

智子さん、私のオリジナル「心を寄せて」歌と、イタリア曲ピアノ。

清水さん、古いスタンダードナンバー、ピアノ。

楽しい一時感謝。

井手さんがコーヒーを淹れてくださっていつも有難い。

終了後、近くの桃山、洋食レストランで4名で会食。

私は、横浜ごはんファミリーと名付けている。

皆さんはドリア、グラタン、私は豚肉の生姜焼き。

いろいろな社会問題に意見を言う。

皆さんの知識、見解がためになる。

楽しい時間、有難うございます。

帰宅して、頂き物の胡麻パンをついついたくさんオリーブオイルをつけて食べてしまった。

美味しいパン、感謝。

かんてら同窓会、女子ジャズ打ち合わせ

2018年04月22日

421

早起き。

美生柑生絞りジュースと緑茶。

1130分に天王洲アイル。

クルーズクラブ東京。

筑波大附属サッカー部OB、68,69,70回卒業のハクジュ会という同窓クラブ。

白馬のペンション(69回卒伊東祐満さん経営)に宿泊して、毎年6月初めの週末に親善試合と美味しいお料理の夕食と、音楽宴会が続いてきた。

私は7回参加している。

サッカー部ではないのだが、先輩方のお誘いを頂いて参加して、芝の美しいピッチで開催される試合を応援して、温泉に浸かって、楽しい宴会に参加して、

ピアノを弾いて皆さんの歌の伴奏や自分の演奏をしてきた。

昨年ペンションかんてらは営業を終えたが、皆さんのお気持ちが揃って、今回の伊東夫妻感謝同窓会となった。

68回の小林先輩が幹事でお世話下さり25名の参加で始まった。

皆さんのスピーチ、私もお話した。

ポーロニアクレスト(桐の紋章)はサッカー部OBのカントリーバンドだ。

桐は学校の紋章だ。

ポーロニアクレストのカントリーの歌と演奏。

有名な曲が次々と歌われた。

最高齢の91歳の小栗先輩は、スティールギターを弾いてお元気でシャキシャキしてお話する。

音楽が元気の素とのこと。

Save The Last Dance For Meは、カントリーソングだそうだ。

いい曲だ。

そして、ポーロニアの歌手、青田先輩が持って来て下さったkeyboardを弾かせていただき、私の演奏。

新しいオリジナル「クラス会」を弾いた。

そして、CD「心を寄せて」のタイトル曲「心を寄せて」を弾き語りした。

それから、山田先輩の島倉千代子の名曲「愛のさざなみ」のお歌の伴奏。

大好きな曲だ。

かんてら合宿の時は山田さんが歌って私が伴奏していた。

そして、桃子先輩と女性皆さんにお願いして「花」サンバアレンジを合唱して頂いた。

最後に校歌「桐陰会歌」をロックにアレンジしたヴァージョンで全員合唱。

裏打ち手拍子で大いに盛り上がった。

14時半まで、心温まる集い。

かんてらは、気楽セッションでも合宿に行っていた宿だ。

良い空気、美しい景色、伊東夫妻のあたたかさ、食堂の白いグランドピアノ。

懐かしい思い出がたくさんある。

また皆さんで集まりたいとのご意見が出て、次の機会を楽しみに散会。

りんかい線に乗って、新宿へ。

17時からブリーズノート壷井浩子代表と、喫茶店で3時間。

9月23日昭和女子大学グリーンホールで開催の第1回せたがやウィメンズ・ジャズ・フェスティバル2018(女子ジャズ)の打ち合わせ。

ピコツアー代表の戸井川裕美子さんが紹介してくださった壷井浩子さん。

素敵な素敵なお仕事人だ。

大きなことではなく、小さいそして質の良い楽しい音楽イベントをいろいろなところで開催するという、地域地域のつながりのコンセプトは、

辻信一文化人類学者の提唱するところと重なる。

でっかいグローバルで少数の組織が単一化した事でがっぽり稼ぐというようなことではなく、地域地域で個性ある産業、生活があり、それがつながることが良い事。

6月12日に出演ミュージシャンの顔合わせ。

9月18日にリハ。

そして、9月23日の14時開演でコンサート。

世田谷区が後援についてくれた。

お子さん連れのお母さんたちに音楽を楽しんで頂きたい。

男女問わず年代問わず、皆さんにおいで頂きたい。

チケット発売中。

www.setagayawomensjazzfest2018.jimbo.com

お問合せ:ブリーズノート

http://www.breezenote.jp

せたがやウィメンズ・ジャズ・フェスティバル2018
実力人気揃ったミュージシャン達です。

KeystoneClub東京 Toquio Bossa Trio

2018年04月21日

420

良いお天気。

緑が美しい。

生活クラブのフォー。

鶏肉、水菜、タマネギ、もやし、鶏ガラスープ、海苔、レモン。

ネギ納豆、緑茶。

メープルシロップフレンチトーストはデザート。

今日のToquio Bossa Trio ライブの曲練習。

吉田和雄と山根幸洋のオリジナル曲、素敵な曲だが、メロディが難しいのでいつも事前に練習している。

吉田ドラマーの曲は、メロディが4度音でジャジーだ。

そこに4度積み重ねのコードをつけて、新しめのジャズサウンドになったのだが、4度は主音がわからない音程なのだ。

これがモーダルな響きになるのだが、歌うのが難しいのだ。

山根ベーシストの曲はやはり4度音程的な早弾きメロディがかっこいいのだが、運指が難しい。

これを克服すると素晴らしい演奏になる。

15時過ぎに六本木到着。

春本番の雰囲気の街並み。

Keystoneclub東京。

大人引き受けます、と書いてある最高に素敵なライブハウスだ。

山中オーナーの気分がよい。

音楽を愛してミュージシャンを愛してくれる素晴らしいオーナーだ。

遠藤律子piano、吉田和雄drums、山根幸洋bass

16時からリハーサル。

今日はボサノバ誕生60周年とうことで、ボサノバの不朽の名作をたくさん演奏する。

昔、いろいろな場所で演奏していた懐かしいボサノバ、Toquio Bossa Trio ではまたちがったブラジリアンな味わいだ。

19時半から2セット演奏。

バンドでライブをやっているマッコイさん、ひろこさん、町田さん、お仲間達。

深澤指揮者ご一行。

音楽仲間のお客様方を多く迎えて、バンドさらに張り切る。

2セット目には、2月にインドから帰ってきた素晴らしいパーカッション奏者、安井源之新が参加。

凄腕パンデイロのソロで大いに盛り上がる。

吉田和雄ドラマーと二人でごついサンバ、バトゥカーダ、熱い熱い。

山根幸洋ベーシストは半分ウッドベースでスローばらーでに深みが出て素敵だ。

スタインウェイのピアノを十分に弾くことが出来て幸せ。

最後はトリステーザでスタンディング大合唱、有難うございます。

またこのライブハウスにToquio Bossa Trio で出演する時が今から楽しみだ。

初夏を思わせる六本木の夜、めでたし。

遠藤律子p、吉田和雄drs、山根幸洋b、安井源之新perc。

1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > |