最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > SKYLARK

ブログ

SKYLARK

2019年10月10日

1010

昼間は晴れている。

生活クラブが来たので冷凍冷蔵品、野菜、果物、ビオサポセット、フェイスパウダー等しまって片づけた。

来たばかりの鮭の味醂漬け焼き、ミニトマトマリネ、蕪とブナシメジの煮物、ニンジンシリシリ、緑茶、七分搗きご飯、頂き物の檸檬ケーキ美味感謝。

15時半から原宿本間パーマ。

本間美容師はDJもやっている。

今日は、ボビー・ウーマックのパティ・ラベルとの共演LPを聴かせてくれた。

真っ赤なレザースーツのボビー・ウーマック。

声が深くて大きいのは、ピーボ・ブライソンと同じ、素晴らしい。

歌がうまい。

しかし、この二人とも大盛り上がりの歌なのだが、どうしてこんなに盛り上げて歌うのだろう。

良い気分になった。

いつもこの美容室で髪の毛がさっぱりして、良い音楽を教えてもらって心の洗濯だ。

帰宅して、オーガニック紅茶、生活クラブ。

今日はピアノ練習をさぼった。

生活クラブのビオサポはジャガイモ、ニンジン、インゲン、ブナシメジ、タマネギ、平牧豚肉、これに白菜も加えて肉じゃが煮物。

レタスと皮むきパプリカマリネのサラダ、豆腐とねぎのお味噌汁、今日届いた蕪の葉のおひたし、頂き物のパンとオリーブオイル美味感謝。

ミカン、豆乳ヨーグルト、番茶。

メールリストを見直す。

そろそろ秋物の服を出すことになる。

秋のおしゃれ、楽しくいきたい。

オリジナルの歌をこのところ再練習している。

大好きな人たちへの想いを歌にした。

小笠原千秋シンガーソングライターに曲が出来た時の事を話して、歌詞を書いてもらった。

その頃の事を思い出して、涙で練習できなくなる歌もある。

CDSMILE」を発売した時、千秋さんが選んだ曲「Skylark

千秋さんが、何かの物語を歌詞に入れて日本語で歌詞を作って歌った。

今、この歌を自分で歌ってみる。

あれから大好きな人たちとの別れを経て今この歌を歌うと胸に迫るものがある。

千秋さんの歌詞力を改めて素晴らしいと思う。

大空の浮雲の扉の向こうにもう一つの空がある。

自由の翼を得てあの人が行く。

ひばりに、その人に今でもあなたの夢を見ると伝えてほしいと願う。

自分がいつの日にか旅立つときに、その空へ連れて行ってほしいと。

空の明るい青、明るくそして悲しい。

素晴らしい歌になっている。