最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > 春。

ブログ

春。

2019年03月13日

312

家にいる日。

ゆっくり起きた。

生活クラブの生そばを茹でて、大葉、細ネギ、大根おろし、海苔。

生活クラブのそばつゆが美味しい。

牡蠣とタラの芽とシメジのジェノベーゼソースソテー。

鶏そぼろ石卵焼き、スナップエンドウとクレソンとアンジェラトマト添え。

赤カブ漬け、美生柑生絞りジュース、緑茶。

少しだけウォーキングとジョギング交互に。

春の暖かい日差しに可愛い花々が咲いて、久しぶりのウォーキングで季節の移り変わりに驚いた。

コブシの花が咲いているのを見つけて感激。

春だ。

3年前の冬は、家にずっといて療養治療中だった。

毎日歩いて、春が来て花が咲いて治療が終わるのが嬉しくてこんなに春が来るのが嬉しいのかと思った。

何気なく過ごせる毎日は、有難いのだ。

帰宅して、金時生姜紅茶。

ピアノ、ほとんど歌練習。

中音域、ミの音が顔の骨のどこに響くのかを研究。

単音ではできるのだが、メロディは高下するので、難しい。

早いパッセージを正確な音程で歌うのは、ピアノを早引きするのと同じテクニックが要る。

22時から近くの映画館で、Green Book鑑賞。

今年のアカデミー作品賞の映画だ。

エリートアフリカ系アメリカ人ピアニストと、クラブの用心棒のイタリア系アメリカ人が、アメリカ南部をコンサートツアーする実話に基づいた話。

ところどころにジョークがはさまってかなり可笑しい。

ゲラゲラ笑うのではなく、うふっと笑う品の良いセンスの良いジョークだ。

演奏は、スタンダードナンバーをセミクラシックアレンジで奏でるピアノとチェロとダブルベースのトリオだ。

音楽が素敵。

そして物語が進むにつれて、涙が止まらなくなった。

感動がずっと積み重なっていくアメリカ映画らしいストーリー展開。

様々な人々が住むアメリカの大きな問題を語りながら、心に温かい灯がともす良き映画だ。

良い時間だった。

帰宅して番茶。

メールでたくさんの連絡。

527日遠藤律子40周年FRV!25周年記念コンサートに参加して頂くコーラスの皆さんへ、諸連絡。

リハの日程、場所等。

4月と5月のレッスンの日時ご連絡お一人お一人と何回かのメールやり取り。

ライブのご案内メール。

今日もあっという間に時間が過ぎた。

サラ・ヴォーンのクリフォード・ブラウンとの共演名盤をまたこのところ毎晩聴いている。

このCDは何回聴いただろうか。

名曲名唱名演奏の名CDだ。

Jimという曲が好きだ。

いわゆるトーチソング、片思いの歌。

ゆったりしたテンポで気品に満ちたメロディと歌唱。

また、I'm Glad There Is Youも美しい歌だ。

春です。