最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > 英語、歌。

ブログ

英語、歌。

2019年02月01日

129

ちょっと早起き。

生活クラブのさんまの山漬け焼き、レモンと大根おろし。

パエジャご飯にミックスチーズを乗せてミニトマトと茹でカラーピーマンも乗せてオーブン焼き。

たまにはチーズも食べたい。

ジャガイモと玉ねぎのお味噌汁。白麹漬け大根、緑茶、レモンリンゴ。

レモンとバルサミコ酢水割りジュース。

14時から茶音厨楽房レッスン、やる気のあるお二人、私も燃えて来た。

共に音楽張り切って行きましょう。

レッスンの後、22日夜の銀座蛙たち(シャンソニエ)の歌ライブの伴奏譜面の練習。

ミュージカルの曲、画像と音を聴いて譜面を見て、リズムの形と緩急の流れを把握して、書いてある難しい音符を練習する。

まあしかし、イギリスやアメリカのミュージカルの俳優たちは大きな声が出る。

その後、29WARANE遠藤律子ピアノトリオ午後ライブで歌う予定の曲の弾き語り練習。

譜面台を立てると自分の声がなぜか聞こえなくなる。

譜面台を倒した方が、部屋に響く声が聞こえる。

2時間半練習した。

茶音厨楽房斧マスターに感謝。

帰宅して、料理。

いつも帰宅するとすぐ料理したくなる。

勢いがついている。

それこそ着替えるのももどかしく調理する。

生活クラブの鶏の生姜焼き、キャベツと小松菜を加えて甘めの味だが、鶏が柔らかくておいしい。

鯖の味噌煮、黒豆煮、ニンジンとジャガイモクルル麺ソテー。

ネギ納豆、豆乳ナッツヨーグルト、骨せんべい、伊予柑、番茶。

メールで諸仕事連絡。

Funky Ritsuco Version!とトリオのプロモーション資料を作って封筒詰め、明日発送する。

ロバータ・フラックのヒット曲、メロディの良さにうっとりしてこのところ毎晩CD1枚を繰り返し聴いている。

キャロル・キングとジェームズ・テイラーのトロバトールライブCD、二人ともライブで音程完璧素晴らしい。

どうしたら音程完璧に歌えるのだろうか。

Maria Eva歌手も音程完璧だ。

130

少しゆっくり起きた。

生活クラブの牛肉ニンニクピラフ、スティックブロッコリーの茎を細かく切ったものとグリーンピースを加えて温めて海苔。

昨日のジャガイモ人参麺状ソテーを入れてオムレツ。

菜花の甘味噌和え、頂き物の最中お吸い物にとろろ昆布も入れて美味感謝、レモンバルサミコ酢水割り、緑茶、レモンリンゴ。

14時半から妹のヨガクラス。

今日は骨盤底筋の鍛え方を教わった。

ヨガブロックを使って内転筋を意識する。

歩き方立ち方も教わった。

良い勉強になった。

帰りはエスカレーターを使わずに階段昇降で良い気分。

帰宅して熱田さんコーヒーとわらび餅。

古くなったパンツをサービスカードと取りかえてもらって、赤いセミスリムパンツを購入。

先日購入したニューヨーク輸入ワンピースの裾を短くしてチュニックにするお直し。

先日新しくした眼鏡のつる、購入時にひびが入ったものを取り変えてくれた。

用事が済んでさっぱりした。

ピアノ練習、22日夜の歌ライブの譜面練習。

音階練習。

生活クラブの播磨鶏むね肉サイコロ切りと玉ねぎを炒めて、蒸したジャガイモと人参、シメジとブラウンマッシュルームと、

キャベツとグリーンピースを加えて、生活クラブオニオンスープパック一袋と冷凍鶏ガラだしを加える。

そして、生活クラブの野菜カレーパックと甘口カレールーとリンゴを加えて調味。即席野菜一杯カレー美味大成功。

とにかく野菜を食べるようにしている。

豆腐とねぎのお味噌汁、大根漬け、鯖味噌煮、ミカン、豆乳ナッツヨーグルト、番茶。

ミッシェル・ルグランの一つの映画の中の曲3つを耳コピー譜面書き。

何度も聴いていたのですぐコピー出来た。

素晴らしい曲だ。

尊敬すべき作曲家にして熱いハートのジャズピアニスト。

亡くなって寂しい。

これをどうアレンジするか楽しみだ。

131

早起き。

昨日のカレー、野菜一杯のカレーを温めてさらにスティックブロッコリーとブロッコリーを乗せた。

豆腐と卵とねぎのお味噌汁、他いろいろ、緑茶、バルサミコ酢レモン水割り。

14時からシーパップ英語レッスン。

このところ、クラシックの唱法をマスターしている先生に歌い方を教わっている。

カナダ人の先生のお母様は、イギリスでキャッツ等のミュージカルの主役を演じている歌手を育てたヴォイストレーナーで、

先生も幼少の時からその唱法を学び、教会の聖歌隊で歌っていた。

今日はロバータ・フラックのTonight I Celebrate My Loveの動画を一緒に観て、先生が

歌い方を分析して教えてくれて、何度も歌ってみた。

なかなか難しいが面白い。

先生が大きな声を出すと、窓ガラスがビン!と響く。

頭を触ると振動している。

これがクラシックの歌手の、身体をチェロにする唱法だとびっくりした。

音楽がわかる英語の先生、最高だ。

レッスン後、美智子さんお手製の美味しい美味しい焼きたてチョコレートマフィンとお茶を頂きながら、3人で歓談。

これも楽しいレッスンになる。美智子さんと先生に感謝感謝。

一旦帰宅してすぐ出かけた。

青山ジャズバード。

安ますみ&小谷教夫、山口彰、山下暢彦トリオ。

超満席で、安師のカルチャースクール生徒皆さんのお席に一緒に座らせて頂いた。

みなさんといろいろお話して楽しい。

その中にはクラシックのピアノの先生、ピアニストもおいでだった。

トリオの演奏は気品にあふれて、美しいサウンドだ。

小谷教夫ピアニストの、端正なピアノのメロディと少しレイドバックしたゆったりとしたタイムの取り方、素晴らしい。

山口彰ベーシストのベースの太い音は、一番後ろの席で聴いていたが遠鳴りして、楽器自体が鳴っているのがよくわかる。

山下暢彦ドラマーのコントロールが効いたドラミングは全体の音を包んでタイトにまとめて素晴らしい。

安師のいぶし銀のような美しい声とコブシがちょっと効いたあだな感じの節回しは、懐かしき良き正統のジャズヴォーカル。

なにより、英語の文章が良く伝わり、何を言っているかその歌が良くわかる。

久しぶりに一日、安師の歌を聴いて、嬉しい。

The Man I Loveが特にぐっときた。

エンディングのその場で作っているメロディが、ピアノで弾いたらこの音に行きたいよねと言う音を選択しているのがよくわかる。

歌詞と同時にドレミが聴こえてくる。

今日は午後と夜、二人の師のパフォーマンスにたくさんのことを学んだ。