最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > かんてら同窓会、女子ジャズ打ち合わせ

ブログ

かんてら同窓会、女子ジャズ打ち合わせ

2018年04月22日

421

早起き。

美生柑生絞りジュースと緑茶。

1130分に天王洲アイル。

クルーズクラブ東京。

筑波大附属サッカー部OB、68,69,70回卒業のハクジュ会という同窓クラブ。

白馬のペンション(69回卒伊東祐満さん経営)に宿泊して、毎年6月初めの週末に親善試合と美味しいお料理の夕食と、音楽宴会が続いてきた。

私は7回参加している。

サッカー部ではないのだが、先輩方のお誘いを頂いて参加して、芝の美しいピッチで開催される試合を応援して、温泉に浸かって、楽しい宴会に参加して、

ピアノを弾いて皆さんの歌の伴奏や自分の演奏をしてきた。

昨年ペンションかんてらは営業を終えたが、皆さんのお気持ちが揃って、今回の伊東夫妻感謝同窓会となった。

68回の小林先輩が幹事でお世話下さり25名の参加で始まった。

皆さんのスピーチ、私もお話した。

ポーロニアクレスト(桐の紋章)はサッカー部OBのカントリーバンドだ。

桐は学校の紋章だ。

ポーロニアクレストのカントリーの歌と演奏。

有名な曲が次々と歌われた。

最高齢の91歳の小栗先輩は、スティールギターを弾いてお元気でシャキシャキしてお話する。

音楽が元気の素とのこと。

Save The Last Dance For Meは、カントリーソングだそうだ。

いい曲だ。

そして、ポーロニアの歌手、青田先輩が持って来て下さったkeyboardを弾かせていただき、私の演奏。

新しいオリジナル「クラス会」を弾いた。

そして、CD「心を寄せて」のタイトル曲「心を寄せて」を弾き語りした。

それから、山田先輩の島倉千代子の名曲「愛のさざなみ」のお歌の伴奏。

大好きな曲だ。

かんてら合宿の時は山田さんが歌って私が伴奏していた。

そして、桃子先輩と女性皆さんにお願いして「花」サンバアレンジを合唱して頂いた。

最後に校歌「桐陰会歌」をロックにアレンジしたヴァージョンで全員合唱。

裏打ち手拍子で大いに盛り上がった。

14時半まで、心温まる集い。

かんてらは、気楽セッションでも合宿に行っていた宿だ。

良い空気、美しい景色、伊東夫妻のあたたかさ、食堂の白いグランドピアノ。

懐かしい思い出がたくさんある。

また皆さんで集まりたいとのご意見が出て、次の機会を楽しみに散会。

りんかい線に乗って、新宿へ。

17時からブリーズノート壷井浩子代表と、喫茶店で3時間。

9月23日昭和女子大学グリーンホールで開催の第1回せたがやウィメンズ・ジャズ・フェスティバル2018(女子ジャズ)の打ち合わせ。

ピコツアー代表の戸井川裕美子さんが紹介してくださった壷井浩子さん。

素敵な素敵なお仕事人だ。

大きなことではなく、小さいそして質の良い楽しい音楽イベントをいろいろなところで開催するという、地域地域のつながりのコンセプトは、

辻信一文化人類学者の提唱するところと重なる。

でっかいグローバルで少数の組織が単一化した事でがっぽり稼ぐというようなことではなく、地域地域で個性ある産業、生活があり、それがつながることが良い事。

6月12日に出演ミュージシャンの顔合わせ。

9月18日にリハ。

そして、9月23日の14時開演でコンサート。

世田谷区が後援についてくれた。

お子さん連れのお母さんたちに音楽を楽しんで頂きたい。

男女問わず年代問わず、皆さんにおいで頂きたい。

チケット発売中。

www.setagayawomensjazzfest2018.jimbo.com

お問合せ:ブリーズノート

http://www.breezenote.jp

せたがやウィメンズ・ジャズ・フェスティバル2018
実力人気揃ったミュージシャン達です。