最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > 茶音厨楽房

ブログ

茶音厨楽房

2017年11月29日


1128


少しゆっくり起きた。


生活クラブのまぐろ漬け、とろろ、生わさび、ブロッコリースプラウト、海苔。


マッシュルームとミニトマトのアヒージョ風。


豆とかぼちゃ、セロリ、スティックブロッコリーのサラダ。


白菜のお味噌汁、白菜キムチ、ネギ納豆、レモンリンゴ、緑茶。


16時から茶音厨楽房レッスン。歌、ピアノ。


新しい方を迎えた。


音楽をなさる方が多く、そして皆さんが素晴らしい演奏をして歌っていること、


私も頑張りましょう。


帰り道、妹のヨガで教わった歩き方、かかとから地に足をつけて、頭を水平に保って歩くとすいすい軽くなる。


帰宅して、ヨーグルト、リンゴとカスタードの国産小麦粉揚げパン、番茶、ミカン。


アレサ・フランクリンのバプティスト教会ゴスペルライブ、だいぶ昔のCDだ。


英語の先生の超お薦めCDを購入してみた。


聴き進むと、突然キューバのサンテリア儀式の音楽とおなじ盛り上がりをしてきた。


リズムも歌も違うのだが、同じだ。


心が同じだ。


精神が高まるのを感じた。


そして、キャロル・キングの歌「You've Got A Friend」の歌詞を変えて歌っている。


原歌詞は、あなたが困った時に私を呼んで、というものだが、ここでは


He、ジーサスクライストが助けにくるという歌詞になっている。


先日、キャロル・キングの昨年の74歳ロンドンハイドパークコンサートをTVで観て、何とも言えない感動に包まれたのだが、


このCDでまた深い気持ちになった。


人生と音楽。


音楽は素晴らしいものだ。


キャロル・キングのコンサートは、アルバム「タペストリー」の全曲を歌うコンサートだった。


広い会場を埋め尽くしたお客さんが、皆一緒に歌っている。


1971年に出たアルバムの歌を、2016年に皆が歌っている。


アメリカの歌手の歌をイギリスで皆で歌っている。


キャロル・キングの素晴らしさに改めて驚いた。


私は、キャロル・キングを2回聴いてる。


1回目は、NHKホール。


2回目は武道館。


素晴らしいシンガーソングライター。


この人のようになりたかった。


20代の思い出、今元気でやっているキャロル・キングを見て聴いて言葉にならない感慨がある。


自分の人生はどうだっただろうか。