最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > 茶音厨楽房

ブログ

茶音厨楽房

2017年09月19日

919

今日も暑い。

しかし、風は涼しい。

暑さ寒さも彼岸までと言うが、昨今どうなのでしょう。

早起き。

料理を作る気になれず、スモークサーモン入りオムレツ、ブロッコリー、カボチャお味噌汁、雑穀ごはん、大根漬け、緑茶。

13時から茶音厨楽房レッスン。

115日発表ライブ等に向けて集中の方々、締め切りがあって人前で何かするということのプレッシャーがその方を上手くする。

本番あってこそのレッスンだ。

私も次の目標を作ってさらに頑張ろう。

帰りの電車でウトウト。

帰宅して、24日の気楽ライブパーティの準備メール連絡大量。

17日のコンサートに続いて、またお客様の事、曲の事等同じ準備をしている。

もうすぐプログラム作りをする。

打ち上げ人数確認等、千秋さんのお世話が大変に有難い。

昨日Blue Noteで求めたロベルト・フォンセカの新CDを聴いた。

42歳とか、少し若い世代のキューバジャズ、ポップな曲もあり、ラサロ・ロス(キューバのフォーク歌手巨匠)の声が入っている曲。

素敵だ。

キューバに早くまた行きたくなった。

CDYo」も今日家に届いた。

これからしばらくキューバジャズだ。

キューバの音楽は、ヨーロッパの香りが残るエレガントな面とアフロの面が混じって、なんともいえない魅力がある。

スペイン語を見たり聞いたりすると、強く懐かしく思う。

Calleなどと言う言葉、特に心がざわざわする。

スペイン語を聴きに、また出かけたい。