最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > ロベルト・フォンセカ

ブログ

ロベルト・フォンセカ

2017年09月18日

918

早起き。

生活クラブのたこの唐揚げをフライパンで作って、カボチャソテーとレタス盛り合わせ。

豆腐とねぎのお味噌汁、黒米紫もち麦入り七分搗きごはん、イチジク、高菜、緑茶。

14時からシーパップレッスンお一人。

115日茶音厨楽房レッスン発表ライブに向けて集中。

16時過ぎに青山Blue Note

ほぼ1年ぶり。

青木弘武ピアニスト、三井まこ歌手、山口彰ベーシストと、中央前の良い席で、キューバのピアニスト、ロベルト・フォンセカのラテンジャズを聴く。

2002年に、Funky Ritsuco Version!中南米コンサートツアーで、キューバハバナのテアトロアメリカ劇場でコンサートを開催した時に、飛び入りで最後に演奏してくれた若きピアニスト、ロベルト・フォンセカ、その時に彼のCDをもらって、今も聴いている。

初めて聴くバンド、それはそれは素晴らしい超絶技巧とキューバらしい優雅なテイストのラテンジャズ、驚き感激あきれてあっという間の1時間10分。

コンガ、ベース、ドラムス、それぞれ最高の腕と音楽性と、人間がとても良い感じ、楽しそうに演奏している良いバンド。

しっかりピアノに取り組もう。

CD1枚買って帰宅した。

敬老の日の17時からの公演、キューバのピアニストのハードなジャズ演奏、お客様が少ないのではと思いきや、ほぼ満席の盛況。

Blue Noteだからと言うことで来ている人も多いのではないだろかと思った。