最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > お墓参り

ブログ

お墓参り

2017年08月15日

815

雨。

昨夜、葛根湯を飲もうとしたが、認知症になるという情報を下さった方があって、飲むのをやめた。

風邪のような喉の症状が進んでいて、手遅れかもしれないが朝、認知症は心配だが、葛根湯を飲んだ。

暑かったり寒かったり、不順な気候、夏を過ごすのが難しい。

生活クラブの生そば、ネギ、大根おろし、海苔、自家製出しで万能つゆを割る。

生活クラブの平牧豚肉味噌漬け、焼いた後の汁で長ネギを炒めると超美味。

ブロッコリー、白菜キムチ等、緑茶、美生柑生絞りジュース。

雨がザーザー降っているがお盆のお墓参りに出かけた。

郊外のお墓、雨はほとんどやんでいた。

お墓を掃除して、お花を供えて、お線香を上げる。

しばし、心の中で父と母に話しかけて、いろいろ大切な人達の事をお願いした。

子のお墓の近くの病院で、母は3年前に亡くなった。

いろいろなことが心に蘇って、感無量。

心配心配の日々だった。悲しいことがたくさんあった。

母が亡くなった時、私は病院にいて、そこから新しい命を生きてきて、私は、まだ生きている。

父と母のところに行く道を立派に生きて歩いていきます、と語りかけた。

戦争から72年、父はシベリアに抑留された。

やっと日本に帰れる船に乗ったら、歯磨きが配られて、やっと歯が磨けると思ったという。

1年以上歯を磨いていなかったのか。

二等兵の時に、何も理由がないのに上等兵に殴られたと言っていた。

それを聞いて、父が可哀そうで泣いた。

日本に帰ってきて、父の母が病気で亡くなった時は、泣いたと、父の手紙に書いてあった。

父の父は、父が小学校の時に亡くなっている。

戦争のつらさは、父の話を聞いてわかったつもりだったが、もっとちゃんと聞いておくべきだった。

その話をする父ももういない。

父の話を忘れずにいこうと思う。

帰宅して熱田さんのコーヒーと甘酒、だるいので少し休む。

今日は冷えるのでプールはやめて、昨日教わったヨガをやってみたら身体が熱くなった。

歌練習をしっかりやった。

9つの歌。

メロディのセンテンス、どこからどこまでが高い音程か、高い低いのつなぎ目に早めにその音域が出る口、顔、腹筋等の変化の準備をする練習。

ピアノもしっかり練習。

安師門下生チャリティコンサートの曲の譜面をみて、どう弾いてどう伴奏するか考える。

生活クラブの青梗菜緑の餃子を蒸してポン酢。

近所の国産鶏屋さんのふんわり鶏唐揚げ。

付け合わせに、レタス、キュウリ、赤パプリカ、玉ねぎスライスのオリーブオイルレモン海塩さっぱりドレッシングサラダ。

作り置きの根菜スープ煮茶豆と卵を加えた。

CSN&Yの昔のCDを昨夜久しぶりに聴いた。

映画ウッドストックのテーマになったウッドストックと言う曲。

70年代、大学の頃、何かしないといけないという心のざわめきのようなものがあった時代。

学生運動の火が消されたころ、まだデモに行く友達がいた。

髪の毛を長くして、ジーンズを履いた。

あの頃、美しいロックの世界、音楽もファッションも華麗だった。

今も、その尾っぽがあって、光るものや黒いものがあると手に取ってしまう。

ロックの尾っぽ。

炎はまだ燃えている。

今、テレビのニュース番組のコメンテーターのおじ様の人物紹介が出ると、70年代ロックに精通、趣味ギターとか、

バンドをやっている大臣の画像が見られて、ロック世代だなと親近感を覚える。

皆、ロックの尾っぽを持っている。

CSN&Yの曲もやってみたい。

クロスビースティルスナッシュアンドヤング。