最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > Keystone Club Tokyo

ブログ

Keystone Club Tokyo

2020年07月20日

7月19日
7時起き。
昨日板また腰がやばいので、コルセットで固めたらなんとか持ち直した。
生活クラブのクリおこわを少しと、河内晩柑生搾りジュースと緑茶。
もう残り薄く無くなった上等マスクにマスクインナーを入れて出発。
10時に六本木。
ミッドタウンから通りに出ると、良いお天気で久しぶりの六本木、何十年も通った街並み、懐かしく感激。
おひさまを浴びながらKeystone Club東京へ。
BrassBrazil、全員来ている。
楽器セット、綿密なリハーサル。
このところ、目の具合が変わってしまって、この3ヶ月で、譜面を読む距離が見えるように調整して購入した使い捨てコンタクトレンズが合わなくなってしまって驚愕。
細かいリズムの書き込まれた譜面、必死で読む。
吉田和雄drs、遠藤律子p、山根幸洋eb、鈴木正晃tp、加塩人嗣sax&fl、池田雅明tb。
皆、良い人間、あたたかい心優しいミュージシャン。
3名の管楽器奏者が和気あいあい、仲良く音を合わせている。
池田雅明トロンボーン奏者がアレンジ。
吉田リーダーと二人でブラジルリオに行ってブラジルのミュージシャンと録音したアルバム2枚。
もう一枚、ほろ酔いカフェと言うアルバムもある。
私はそれぞれに数曲参加している。
12時開店、板本先輩がお嬢様とお孫さんと三代でおいでくださり大感激。
今日は、感染者増加でお客様キャンセルで、5名のお運び。
同時配信があるライブだ。
お店のスタッフ、山中マスター、音楽を熱く愛している素晴らしい人達。
13時開演、2セット演奏。
この人数と思えないお客様とスタッフ皆さんの熱い熱い大拍手に乗せられて、電波の向こうにいらっしゃるご視聴の皆様への想いとともに心を込めて演奏した。
スタインウェイピアノ独特のコロコロキラキラした音が嬉しい。
休憩時間は、マスクを取り替えた。
アンコールをいただき、サンバを演奏。
最後のところで、吉田リーダーが本格リズムのサンバに切り替えると、
大勢のブラジル皆さんが打楽器を演奏しながらこちらに練ってきている感覚になって、胸がいっぱい感動、バンドっていいな、生演奏って素晴らしい、と、
この頃は演奏しながら演奏して良いのか怖い気持ちが感情にふたをしていることがあるのだが、もっともっと盛り上がりたい、みんなで大盛り上がりした今までのことが貴重で感無量。
今日のこの時間に感謝。
皆さんに感謝。
お店の経営は大変。
ミュージシャンに場を提供してくれている山中マスターに感謝。
今日のライブは今もアーカイブでご覧いただけます。
マスクを取り替えて帰宅。
ライブで帰宅するとどっと疲れが出る。
今日の3名の管楽器奏者も、リハのときに、この数ヶ月大きな音で吹けなかったのでバテると言っていた。
みんな疲れたけれど幸せだった。
横になったら、21時に起きた。
野菜セット、番茶。
明日の落語オンラインお稽古の台本作り。
もっと稽古して臨みたかったのだが、このところの感染者増加で仕事調整や給付金申請準備等で、気持ちが落ち着かず台本読みになってしまう。