最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > Joyce Moreno50周年記念ライブ

ブログ

Joyce Moreno50周年記念ライブ

2018年10月05日

105

雨。

外が見えるガタガタのエレベーターで何度も下に降りる夢を見た。

怖い夢だ。

生活クラブのビオサポ、平牧豚肉を刻んで、韓国風お好み焼き粉と卵と水、野菜とネギを一杯入れて薄く焼いてチジミ。

鶏肉とシイタケと大根と人参とネギで治部煮。

ブロッコリーとミニトマトと生活クラブカニいり蒲鉾サラダは、塩ポン酢。

緑茶。

海原やすよともこの漫才を観る。

右側ぼ大きいな姐さんの方のともこが、エンジンがかかるともう素晴らしい。

本当に面白い。

あんなふうに、「なんでやねん?!」と言ってみたい。

急なお誘いで、一人青山BlueNote

骨董通りの靴屋さんで、ステージ用のハイヒールを買った。

光る光る。

ジョイス・モレノ50周年記念ライブ。

いつものジャズピアノトリオ、大好きなトリオ、ドラマーはジョイスのご主人だ。

今日はスぺさhるゲストに若い超絶技巧のギタリスト登場。

ジョイスの変わら創造性とチャレンジするミュージシャン魂に胸が熱くなり、涙。

終演後、楽屋にジョイスを訪ねて少し話をした。

私の前にジョイスと話していた男性がジョイスに渡したもの、ジョイスは「Karinto?」と言った。

次に私が、生活クラブのオーガニックグリーンティーと言って緑茶を渡して、ジョイスの日本のお茶タイム完成。

ステージで、ジョイスが「この曲は、50年前には歌えなかったわ、タイトルはCrazy Old lady!」素晴らしい!

ジョイスは私より年上のシンガーソングライター、気取らず常に音楽を追及して楽しんでいて、尊敬するミュージシャンだ。

ジョイスに励まされた。

50周年記念CDは、デビュー作CDの曲を全部新しく演奏したものだ。

その中の1曲を、Toquio Bossa Trio のレパートリーにするという吉田和雄リーダーの言葉。

これから楽しみにCDを聴こう。