最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > Joice Morenoライブ。

ブログ

Joice Morenoライブ。

2019年09月13日

9月12日

早起き。

生活クラブの鰯蒲焼き、白菜と小松菜と長ネギと卵を生活クラブの麻婆豆腐の素を入れて炒めた。

生活クラブの白菜キムチ復活。

提携生産者が、アミノ酸調味料を使用していたことが判って、しばらく提供なしになっていた。

若芽とねぎのお味噌汁、紫もち麦入り七分搗きご飯、緑茶。

13時から、大森めぐみ歌手と11月17日のライブのリハ。

歌とピアノで、全曲をやってみてイントロ、エンディング等を考える。

アイデアを出してめぐみさんの了解を得たら譜面に書き加える。

美しい声、エレガントなヴォーカル。

めぐみさんのCDに収録されているオリジナル曲、美しい。

私のオリジナルも2曲歌ってくれる。

本番が楽しみだ。

16時前まで休みなしでリハ、良いリハになった。

その後、表参道へ。

Blue Note TOKYO

Joice Morenoボサノバソングブックライブ。

いつものレギュラートリオに加えて、スぺしゃるゲストのZe Renatoシンガーソングライター。

Renato歌手は、ボカ・リヴリというブラジル有名グループの歌手として名を馳せたミュージシャンだ。

今夜のライブは、ボサノバ名曲から、アントニオカルロスジョビンの曲と、ブラジルボサノバクラシックスのメドレー。

そしてジョイスのオリジナル名曲。

Renatoさんとの曲作だという曲、聴けばジョイスの今までのCDに収録されて、好きで幾度も聴いていたきょくで、ああこの人が

この曲をジョイスと共作したのかと、本人に会えて嬉しかった。

Renatoさんの歌、Once Loved、こんなに情感豊かなこの歌のヴォーカル、初めて聴いた。

心を揺さぶられる素晴らしい歌手だ。

ジョイスとデュエットがまた素晴らしい。

トリオは今日はまたひときわ、ジャジーな演奏だ。

Tutty Morenoドラマーは、ジョイスの御主人で、ビル・エヴァンストリオのドラマーかという、繊細でジャジーなドラム演奏。

Rodolfo Stroeterベーシストは、ドラマーとピアニストを交互に情感豊かな良い顔で見て音楽を心から楽しんで、素晴らしい演奏でベーシストはかっこいい、こういうベースを

私も弾きたいとおもう。

Helio Alvesピアニストは、私の大好きなジャズピアニスト、今日は横のステージに入ったような桟敷席で聴いたので、Helioさんの真後ろで演奏を見て聴いて、

炎と燃えるアドリブソロに思わず身を乗り出す。

こういうピアニストになりたい。

全員の音は小さい。

そして綺麗な音。

そしてリズムが柔らかくて、繊細に丁寧に力を入れずに演奏していて、それですごい2ビートの深いノリ、身体が左右に2ビートを刻んでしまって、

身体が整って健康になるような気がする。

ライブは1時間10分なのだが、中身が充実していて、素晴らしい1時間10分だ。

同じ時間をこんなに素晴らしく刻めるミュージシャン、神々しいとしか言えない演奏だ。

段々段々感激が重なって最後には涙が頬を伝って動けなくなった。

生きる力をもらえる音楽があるのだ。

なんと素晴らしい事だろう。

終演後、楽屋にジョイスを訪ねた。

エンドウサン、と私の顔をみて近寄ってくれたジョイスさん、嬉しい時間。

今日聴いた曲で、特に「Quero Ouvir Joan」が特に大好きで感激しましたと伝えると、喜んで下さった。

この曲はジャジーな展開をする名曲で、この曲が好きで耳コピーしてトリオで演奏している。

感激した曲の事、演奏の事、アレンジの事お伝えしたかったのだが本当に感動で英語が出て来ず、口が回らず

ドタバタしてしまった。

ご一緒した智子さんと、お茶を飲みながら感激を語り合った。

その後、同じ表参道Jazz Bird、安ますみライブ。

安ますみvo、小谷教夫p、山口彰b、山下暢彦drs

御店はお弟子さん達で満席。

昨年、今年と安ますみ門下生チャリティコンサートにピアノで参加できなかったので、久しぶりに会う生徒皆さんのお顔が懐かしくて心が熱くなる。

渋い味わい深いピアノトリオの綺麗なサウンド。

安ますみ師のテイスティなジャズヴォーカル。

歌詞がしみじみと伝わる大人の人生が語られる歌。

ジャズスタンダード曲が見事に安歌手の人生の歌になっている。

これぞ歌手。

今日は人生の先輩、音楽の師の二人の歌手のライブ、思い出に残る秋の初めの宵だ。

JoiceMoreno,遠藤律子&Tutty Moreno. photo by Sachiko Ishii.