最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > 遠藤律子日誌

ブログ

Quiet Kenny

2018年05月04日

53

昨日作ったハーブ鶏手羽ソテー、ソラマメご飯、梅干しとろろネギ納豆ご飯、アンジェラトマト、おかひじき、美生柑生絞りジュース、緑茶、最中。

16時から原宿本間パーマ。

原宿駅が大変なことになっている。

駅ホームから改札に通じる通路が混んで混んで動きが取れない。

駅員さんが、右側通行お願いします、改札口は一人一人通って下さい、と叫んでいる。

連休、原宿、すごいもんだ。

本間パーマは全くその喧騒とは関係ない静かな一部屋。

昨夜、ケニードーハムを久しぶりに聴いて感激したと言ったら、ケニードーハムとキャノンボールアダレイとソニーロリンズ共演のアナログ盤を聴かせてくれた。

やっぱり、ジャズはこういう一緒に歌えるメロディがあるものがいいなあ。

昨夜聴いたアルバムは、Quiet Kennyという名盤。

2曲目のMy Ideal、懐かしい。

美しいバラード。

驚いたのは、ケニー・ドーハムとトミー・フラナガンのアドリブソロをほとんど一緒に歌えるほど覚えていたことだ。

若かりし頃、このアルバムを何度も何度も聴いて、アドリブを何度も何度も聴いて覚えてしまっていたのが、何十年も経って今聴いて、

忘れていないことに感激した。

本当に素晴らしいアドリブソロだ。

特にトミー・フラナガンのピアノソロ、メロディが泣けるのだが、それに加えてタッチが素晴らしい。

以前聴いていた頃は、タッチの事に注目していなかった。

今聴くと、タッチが理想的だ。

柔らかくてバネがあって鍵盤をはじいていて、瑞々しいサウンドが味わい深い。

トミー・フラナガンは、ハードバップジャズの時代にどのアルバムにも入っているようなポピュラーなピアニストだが、私は

ウィントン・ケリーが大好きで、もちろんトミー・フラナガンのリーダーアルバムも持っているがいわゆる普通のピアニストの印象だった。

ウィントン・ケリーはピアノの音色が明るくてカリカリしたビートで楽しくて好みだった。

今、トミー・フラナガンをまた聴いて見る楽しみを見つけた。

昨夜聴いたアルバムも今日本間パーマで聴いたアルバムも、ベースはポール・チェンバースだ。

ぐっと前に踏み込むビートが心地よい。

この時代のトップジャズベーシスト。

このころの3大ドラマーは、フィリー・ジョー・ジョーンズ、ジミー・コブ、アート・テイラー。

よーくこの3人の演奏をジャズ喫茶で聴いていて、音を聴くと誰が叩いているか当たるようになっていた。

フィリーはスネアのフィルインがしなやかでちょっと新しい。

ジミーは固い感じ。

アートはジャンジャッカジャンジャッカと言う感じに乗っている。

フィリーが一番好きだった。

ケニー・ドリュートリオが歌舞伎町にあったカーニバルというジャズクラブに出演した時に、フィリー・ジョー・ジョーンズがドラマーだった。

生で聴いて嬉しかった。

その時のベーシストは、ニールス・ペデルセン。

気さくなお兄さんで、ちょっとお話した時、私がピアニストだと言ったら僕を雇ってくれ、でも飛行機代が高いね、とジョークを言っていた。

若くして亡くなってしまった。

ジミー・コブは、最初にニューヨークに行った時に、マンハッタンの真ん中あたりの吉祥寺SOMETIMEみたいなライブレストランで聴いた。

食事をしている平場にドラムセットを置いて、私はちょうどジミーの真後ろの席だったので、後ろから叩いているのをみていた。

スローの演奏の時に、そのテンポでゆっくり腰を左右に揺らして椅子の上のお尻でウォーキングしながら叩いているのを見て、そうかスローも

ゆっくりのウォーキングで前に進むのだと、その頃スローの演奏の間が持たないことに悩んでいたことに答えをもらって大層感激した。

ジャズは歌心あふれるものがいい。

帰宅して、熱田さんコーヒー、ナッツヨーグルト、メープルシロップ卵フレンチトースト。

ピアノ、Steely Danの初期のヒット曲のアレンジ。

早いテンポのキューバのリズムでアフリカテイストで弾いてみたい。

生活クラブのいわしの卯の花漬け柚子の香りが良いもの、さらにレモンをかけて生臭みが無くなって大変に美味しい。

昨夜作ったポテトサラダ、レモンリンゴ、番茶。

オンデマンドで映画を観るもまたソファで寝てしまって筋が途切れ途切れ。

最近、昔より疲れる。

仕事は少しずつコツコツやることにした。

そしてバンドの仲間のミュージシャン達の素晴らしいアイデアを有難く多く頂くことにしている。

明日は新所沢SWAN

ピアノトリオ、遠藤律子p、山口彰b、藤井学drs

どうぞお越しください。新曲登場です。

家で仕事

2018年05月02日

52

世の中、連休、私はいつもの毎日だ。

生活クラブの播磨鶏手羽元、ニンニク、ベランダのローズマリー、海塩、黒コショウ、バルサミコ酢、カレーの壺一さじ、オリーブオイルオーブンソテー。

茹でブロッコリーとアスパラ、アンジェラトマトを添えた。

大根甘酢漬け、いろいろパン、美生柑生絞りジュース、緑茶。

プールへ。

最初は、ガンガン泳ぐ高速男性スイマーが各レーンを独占するようなので、気後れして端の水中歩行レーンで歩きながら様子を伺い、

ちょっと空いたので隣のレーンに移って泳いだ。

しかし、背泳ぎ中水を飲まされて派手に抜かれたので、また歩行レーンに戻った。

18時前になって、人がいなくなったのでゆっくりとのんびりとのろのろと1000メートル泳いだ。

年々、泳ぎが遅くなる。

お風呂で良い気分。

着替えていると、おばさん達の声。

「なんだか最近かかっている音楽が訳が分からないわ、若い人の好みなのかしら」

「プールの方は、670年代の曲がかかっていていいわよね」

本当だわね!

以前は着替えていたら、おばさん達が大谷について語っていて、

「すぐマメを作る体質みたいね」

「でもわたしは、打撃は心配してないの」

大谷選手のお母さんみたい。

思わず、笑みがこぼれて会話に入って行きそうになった。

帰宅して、熱田さんコーヒー美味感激。

ナッツヨーグルト。

ピアノ、昨日リハしたオリジナル曲のメロディを推敲。

ボサノバにするので、リズムに合うようにメロディを歌いながら直した。

ピアノで曲を作るとパーカッシブになるが、サックスが吹くので歌いながら書いて行った。

時間がすぐ過ぎてしまう。

毎日コツコツ、少しずつでも積み重ねていくことだ。

サヤエンドウを万能つゆと自家製出しで煮て、豆腐を加えて卵とじ、母の味、懐かしい。

生活クラブの豆ポークシチューとミネストローネスープレトルト袋。

昨日のキノコアヒージョ、中玉トマト、新玉ねぎを温めて、蒸しジャガイモと人参と茹でインゲンを加えて、2つのレトルト袋を開けて加えて調味する。

即席シチュー、化学調味料等無添加、平牧豚肉は抗生物質を使用しないで育てた豚肉。

命を有難く頂く。

キウイ、生活クラブの鯖水煮缶、これは缶の内部に環境ホルモン剤を使用していない。

明日生活クラブ消費材が来るのだが、冷凍食料が出尽くしているので今日は保存食物を期限切れにしないように使って料理した。

Funky Ritsuco Version!CD発売記念コンサートを11月に予定したのだが、会場が上手くその日に取れずに、日程調整また最初から始めることになる。

頑張ろう。

4月30日JZbrat

2018年05月02日

430

14時に渋谷セルリアンタワー2階、JZbrat

Ninaブラジル録音CDBanana」発売記念ライブ。

吉田和雄drs、遠藤律子p、山根幸洋eb、加塩人嗣sax&fl、長岡敬二郎perc、長澤紀仁gt

吉田和雄リーダーがディレターでブラジルで録音したCD

ジョイスも参加している。

満席の大賑わいの会場。

久しぶりのJZbrat、素敵なライブハウスだと再認識。

Funky Ritsuco Version!で何回も出演している。

また出演したいなあと思う。

2セットの演奏。

バンドはNina歌手のリクエストでなにか黄色いものを着用している。

私は白のジャケットに黄色のブラウスと黄色のパンツと黄色の靴。

なかなか良い曲、ブラジルのディープなリズムの曲もある。

大盛り上がりして、最後は皆さんとMas Que Nadaで大合唱、めでたい。

人柄が可愛いNina歌手、皆に好かれる素敵な歌手。

ますますの活躍を祈る。

バンドは吉田リーダーの肝いりで素晴らしい実力と楽しい皆さん。

楽屋も大いに盛り上がった。

Ninaライブは728日に銀座SWING、どうぞよろしくお願いいたします。

JZbratのカウンター奥の壁にライブ映像が映ります。

茶音厨楽房気楽セッション

2018年04月29日

429

昨夜は3時前譜面書き、頑張った。

作り置きの鶏炊き込みご飯に海苔、卵と豆腐とねぎのお味噌汁。

ブロッコリーとアンジェレトマトとポテトサラダ。

緑茶、ネーブル生絞りジュース。

13時に茶音厨楽房。

気楽セッション。

サックス:高瀬さん、白井さん、平田さん、鹿子木さん

フルート:二川さん

ピアノ:野口さん、山崎さん、小泉さん、吉高さん、初参加の三鍋さん。

ベース:白山さん

ドラムス:宮崎さん

皆さん、有難うございます。

健康の話から始まった自己紹介、近況報告、大人のジャズ研らしい。

今日は初参加のピアニストを迎えて、またにぎやかに皆さんが揃って楽しい演奏だ。

イントロとエンディングを提案して練習して頂いて全員で同時に演奏するセッション。

充実の演奏だった。

気楽セッションの次のイベントは、513日東京倶楽部目黒店気楽ライブパーティだ。

気楽仲間がバンドを組んで出演するライブ、14時開店1430分開演1840分終演。

お客様は3000円(フリードリンク付き)、どうぞお運びください。

また、6910日は万座温泉日進館別館日進インで気楽合宿だ。

最高の温泉と地元の美味しいバイキング料理と音楽三昧の2日間。

どうぞご参加下さい。

お問い合わせは、www.endoritsuco.com contactから、よろしくお願いいたします。

今日は、打ち上げを19時まで2時間、昔のジャズアルバムの演奏が結構間違っている、しかしそれを凌駕する素晴らしい演奏で間違ってもいいのかもしれない、

などいろいろな例を挙げて話した。

それから、女子4名でカフェで2時間、大盛り上がりの女子会。

楽しい仲間、大切な友人達、有難うございます。

良い季節、良い集まりだ。

皆で同時に演奏します。
気楽セッション皆さん。
麗し気楽女子会。

良い季節

2018年04月28日

428

連休の始まりだそうだ。

緑の良い季節。

私は仕事と落語稽古の日々になる。

生活クラブのまぐろ漬け、とろろと大葉と海苔と生わさび。

レタスとポテトサラダ、タマネギ、リンゴ、ジャガイモ、ニンジン。

生活クラブのしじみでお味噌汁、冷凍シジミをさっと洗ってそのまま自家製出しで温めてお味噌と細ネギ。

ソラマメご飯、デザートは自家製メープルシロップフレンチトースト、緑茶、美生柑生絞りジュース。

紫外線を浴びに出かけた。

散歩道は、力強く咲くお花と瑞々しい緑の木々。

空気も良く、爽やか。

一年で一番良い日かもしれない。

生きている、幸せ。

帰宅して、熱田さんコーヒーとミックスナッツドライフルーツヨーグルト。

ピアノ、アレンジ焦って頑張る。

生活クラブの播磨鶏蒸胸肉、包丁を研いで細く細く切った白髪ねぎと胡麻と醤油ニンニクオリーブオイルドレッシング。

新キャベツと青梗菜と冷凍ニンニクの芽とカラーピーマンは、炒めて蟹玉用の具ととろとろ出しを絡める。

生活クラブのポークビーンズを温めて茹でスナップエンドウを加えた。

カナダのオーガニック穀物とナッツ木の実のバー、甘酸っぱい美味しさ。

番茶、レモンリンゴ。

譜面書き。

ハンカチの木。

11 > 12 > 13 > 14 > 15 > 16 > 17 > 18 > 19 > 20 > |