最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > 遠藤律子日誌

ブログ

吉祥寺SOMETIME

2018年02月25日

224

晴れてよかった。

早起き。

昨日のパエジャを温めてオムレツを乗せてオムライス、トマトとマスカットのケチャップを乗せて、プチヴェールを添えた。

芽キャベツ、プチヴェール等今の季節の菜の花系の野菜は、免疫力を上げる。

伊予柑生絞りジュース、緑茶、頂き物の美味しい栗最中。

13時に吉祥寺SOMETIME

遠藤律子ピアノトリオ午後ライブ。

遠藤律子p、山口彰b、藤井学drs

お客様ほぼ満席有難うございます。

茶音厨楽房マスターご夫妻、レッスン生徒の方々、気楽セッションの方々、いつもおいでくださるお客様方、お店の常連の方々、皆様、有難うございます。

今日は、CDL'Amour est Bleu」から、クラシック曲、アダージョのラテンとロザムンデ変奏曲のボサノバアレンジ曲。

60年代のポップスヒット曲のいろいろなリズムのアレンジ曲。

皆様にいかがかなと思いつつ演奏したが、終演後、大人の男性のお客様から、全曲知っていてドンピシャな曲レパートリーとお言葉を頂き、嬉しかった。

BS&TEW&FThe Beatles、フレンチポップス、イギリスのビッグバンドのイージーリスニングヒット曲、、たくさん演奏して、最後は

スタンディングで大合唱の「恋はリズムにのせて」大盛り上がり、めでたい午後のライブとなった。

山口彰ベーシストの憂いと優しさの音色。

藤井学ドラマーの絶妙なタイム感と華やかソロ。

楽しい一時、幸せだ。

次回は、84日にSOMETIME午後ライブとなった。

どうぞ皆様、またよろしくお願いいたします。

素敵などなたでもお気軽においで頂けるSOMETIME、ぜひおいでください。

帰宅して、ブロッコリースプラウトとブロッコリーの親子ポン酢レモンさっぱりサラダ、細かいナッツとかぼちゃの種をトッピング、海苔もかけた。

ビタミンとミネラル。

砂糖が入っていない苺ジャム、番茶。

ソファで2時間寝てしまった。

カーリング女子、銅メダルを取るのを見た。

可愛いTシャツ、チャーミングなメンバー、おしゃれだ。

明日、明後日、明々後日と早出が続くので今日は早く家事を済ませて休みましょう。

昨夜、キース・ジャレットのスタンダーズのCDを久しぶりに聴いた。

昔このCDを何回聴いただろう。

So Tenderから始まるスタンダーズVOL2。

このごろアメリカ等のギンギンの上手いジャズ演奏は疲れるので特に夜は聴かないのだが、このアルバム、音が出たとたんにリリカルな世界に導かれて、

キース・ジャレットの歌心に心奪われた。

素晴らしい歌うたいだ。

 

 

 

藤井学、遠藤律子、山口彰 Photo by Kyoichi Okamoto。
SOMETIME午後トリオライブ大盛り上がり。
皆さんと大合唱、有難うございます。

少しリラックスの日

2018年02月23日

223

良く晴れている。

生活クラブの青梗菜餃子を蒸してポン酢。

かぼちゃ玉ねぎのスープにかぼちゃ豆乳スープを加えて温めた。

生活クラブのスモークサーモンオリーブオイルマリネは、レタスを敷いて乗せてレモンを絞ってスライス玉ねぎを乗せた。

芽キャベツのオーリオアーリオ。

サトイモとスティックブロッコリーのオリーブオイルニンニクバルサミコ酢醤油ソテー。

La毛利のフォカッチャ。

頂き物の栗最中美味感謝、緑茶、伊予柑生絞りジュース。

先の仕事のメール連絡多数。

やる気が漲ってから毎日気持ちが強くなって動いている。

生来、優柔不断で心配性でが、一旦決めて人に話すと責任感から頑張って実行する。

迷ったらやってみたらよい。

ウォーキング、今はお花が少ない時期だ。

少しジョギングもして汗をかく。

日が長くなった。

冬は寒いが、冬と別れるのも寂しい。

その季節に慣れた頃、新しい季節が来てついていくのが大変な気がするこの頃。

帰宅して金時生姜紅茶。

ピアノ練習、明日のSOMETIMEピアノトリオ午後ライブの曲練習。

ショパンの曲アレンジ難しいが、大体形になってきた。

ねばっている。

生活クラブのビオサポは春雨チャプチェ。

牛肉を炒めて、タマネギと人参とシイタケを加えて、春雨と小松菜とニラを加えてたれを入れて炒めて、仕上がりにごま油小さじ1。

生活クラブのパエジャの素、七分搗き米に加えて、カラーピーマンとしめじとミニトマトも加えて炊く。

今日は一日、野菜をたくさん料理した。

ぶり大根コトコト煮。

La毛利のプリン、苺のデザート。

番茶

明日のSOMETIMEライブ(14時から16時半)の曲選び。

60年代ポップスのラテンリズムアレンジジャズ、たくさんご存知の曲がありますよ。

どうぞおいでくださいませ。

早春の薔薇。

ホームコンサートリハ

2018年02月23日


222

寝不足だが、えいやっと起きる。

出かけるまで1時間半。

ゆっくり料理を作る時は2時間見るが今日は1時間半。

時計を見ながら、生活クラブのかれーうどんの素を湯煎で温めてお湯を加えて汁にして、茹でたうどんを入れてブロッコリーを乗せた。

これだけ食べて緑茶で出かけた。

新橋TMスタジオ。

34日の大江夫妻ホームコンサートのバンドリハ。

木村由紀夫drums、坂根格bass

大江夫妻のおしゃれで気品に満ちたソロとデュエットヴォーカル、エレガントで素敵だ。

全曲の集中リハ3時間。

良い時間だった。

帰宅して、La毛利。

温野菜のアンチョビ味、温かい野菜、長芋、ブロッコリー、タマネギ、長ネギ、ニンジン、ジャガイモ、料理によって使い分けている塩が美味しい。

マルゲリータピザは、チーズの美味しさと生地のおいしさ。

ぶりカマと真鱈カマ焼き盛り合わせ2種のソースは、魚のだしを煮詰めてバタ―等で味付けしたものとトマトニンニクオリーブオイルのもの。

お刺身にするような上質の真鱈だそうだ。

この真鯛は、漁師の方に会いに行って魚の扱いを見て自らやってみてと言うおつきあいから仕入れているものの一つだ。

苺のショートケーキは、付き合いのある苺農家の方から送ってくる時期だけお店で出しているもので、生クリームも本物、美味しい苺でその時期が楽しみなものだ。

今日は売り切れでなかった。

いろいろ料理の材料の仕入れのお話を聞いて、人間と人間の良いおつきあいから信用が生まれてよいものをレストランで出すことができるということ。

何の仕事でもそうなのだろう。

誰が食べるのかわからない、とにかく安いものを求める消費者がいて、安くするためにとっつきが良くするために食べ物ではないものを食品に添加して大量に売る商売もあれば、

毛利さんのように人と人との顔が見える付き合いから一つの店を守って良いものを作っている商売もある。

毛利さんは、ジャズが好きで梅津和時サックス奏者のファンだ。

一度六本木SATINDOLLFunky Ritsuco Version!ライブに来てくださったこともある。

PITINNに出かけているそうで、しばしジャズミュージシャンの話に花が咲いた。

原宿の本間パーマの本間俊明美容師も、大きな美容室勤務を経て、洗髪からカットパーマスタイリングまで全部自分でやる一人の店をやっている。

DJもやっていて打ち込みではない人間の鼓動が聴こえるジャズやファンクのアナログ盤をお店でかけて、時々外でDJイベントに参加して、そういう音楽をかけると、

若いDJ皆さんが、本間さん、その音楽何?と聞いてくるそうで、打ち込みの音楽しか知らない若い世代のDJ達に本物の良い音楽を教えたいそうだ。

こういう職人気質の私より若いお二人に月に1度は会って、その素晴らしい仕事に触れて自分が元気になって、良い話を聞けるのが嬉しい。

ミュージシャン仲間も、それぞれ凝っていることがあり、使う楽器、音楽、演奏、話を聞くのが楽しい。

ミュージシャンも職人だ。

MariaEvaに会えば、今まで歌うことを工夫して勉強してきたことを話してくれる。

トランペット等管楽器と共演すると、その演奏を集中して聴いて見て、発声を考えているそうだ。

子供の時から教会の聖歌隊で歌って、若い時はロック、ディスコ、ポップスを歌ってジャズにたどり着き、唱法をいつも考えて来た。

手指の先まで楽器だという。

実際に、声を出しながら手指を動かすと声の高さや音色が変わるので驚く。

マイクを持つ手指も、どの指がマイクから離れるかで声を調節しているという。

しばらく仕事から離れることがあるとダンベルで胸と腕の筋肉を取り戻すそうだ。

歌う職人だ。

安師の話。

大腿筋で歌うという。

ハイヒールを履くのは、前の大腿筋を使うためと言う。

横隔膜を上げること。

低音部は顎から前、中音部は顎から頬骨の耳まで、中高音部は頭蓋骨の後ろ、高音部は頭の上から前方へ。

という自分に発声の鍵盤のようなものを作ること。

英語の発音、子音の発声の音符に対するタイミング。

歯を出すこと、頬を上げること。

その道のプロに話を聞くこと、有難い勉強だ。

 

 

SATINDOLLDisco Live

2018年02月23日

221

15時過ぎにSATINDOLL

バンドメンバーとコーラス皆さん集まる。

今日は、ディスコライブ。

今まで曲選び、譜面制作、3回のコーラスリハと準備を重ねてきていよいよ本番だ。

Maria Eva vocal、遠藤律子piano、山崎洋一keyboard、河原秀夫electric bass、ジーン重村drums

森田優美、Kayomama、道子、彩ショルはコーラスとソロヴォーカル1曲ずつ。

そしてスペシャルゲストに元The Drifters Ray Dorsey歌手。

16時から18時まで全曲リハ。18時に終われるように急ぎながらしっかりリハ。

バンドは今日が初めてのリハなので心配していたのだが、なんと一回の演奏で完璧だ。

さすがのキャリアのミュージシャン、今までたくさんの多くの事を経験してきた音楽の仕事が素晴らしい花となってここに表れている。

19時半から2セットショータイム。

かさねのご夫妻とご友人ご夫妻ようこそ、有難うございます。

井手さんご一行、感謝感謝。

SATINDOLLの真ん中がダンスフロアになっている。

ミラーボールが回る店内。

一曲一曲、CD等の音源を聴いてバンドのパート譜を書いたその過程が思い起こされて嬉しくて感動のSoulTrainで始まるディスコナンバーのライブ。

三千代さん方おしゃれに踊って下さって盛り上がる。

河原秀夫ベーシストはヒップホップダンサーでもある。

今日はダンサーお仲間がいらして、1セットの最後の曲で、2名でダンスパフォーマンス。

60歳を過ぎたジャズベーシストの素晴らしいダンスに大盛り上がり。

私は観ながら心から嬉しくて笑い続けていた。

気持ちが朗らかになる皆さんのダンス、素晴らしい。

RayDorseyMariaEvaの超ロマンティックな「誓い」、うっとりする。

7080年代ディスコライブ最後の曲は、Proud Mary、ティナ・ターナーヴァージョン。

これは、Funky Ritsuco Version!のステージでMariaEvaに歌ってもらった譜面が使えた。

最初スローで始まり、ソウルフルなコーラス、SATINDOLLSisters4名がフェミニンに素敵に歌った。

アップテンポになって、MariaEvaシンガーのソウルフルなヴォーカル大盛り上がり、バンドもギンギンに演奏する。

ダンスフロアで皆さんがにぎやかに踊って下さって、SATINDOLLディスコライブ大盛り上がり。

次回をまた楽しみにしたい。

帰宅して、ほっとして、なかなか寝付けず朝まで起きていた。

最初にディスコバンドで音楽の仕事を始めてから40年、また同じ曲を演奏して感無量。


左から、遠藤律子、森田優美、道子、Maria Eva、彩ショル、山崎洋一、河原秀夫、ジーン重村、Kayomama、RayDorsey。

歌レッスン

2018年02月20日

220

寝不足だが、エイッと起きた。作り置きいろいろ入ったカレーと目玉焼きとパン、伊予柑生絞りジュース、緑茶。

13時から安師レッスン。

今日は弾き語りレッスン。

今日も良いことを教わって嬉しい。

今年もチャリティコンサートを開催するということで、参加することにした。

安師も私も、一日一日が特に濃くなっている。

帰りに、こだわり市場でいろいろ買い物。

菜花、芽キャベツ、サラダやヨーグルトにかける細かいナッツ、柚子胡椒、ナッツドライフルーツバー、柑橘類、無砂糖ジャム等。

帰宅して、ナッツ入りヨーグルト、熱田さんコーヒー、頂き物のチョコ美味感謝。

いろいろ仕事の連絡。

気楽合宿の日程もうすぐ決定する。

寝不足解消で、ソファに横になったら3時間も眠ってしまった。

起きて、料理。

生活クラブのうなぎを温めて添付のたれと山椒をかけた。

ジャガイモ人参スナップエンドウインゲンリンゴの松田マヨネーズ海塩リンゴ酢レモンサラダ。

ほうれん草のお味噌汁、自家製出し、麦味噌がおいしい。

うるいの酢味噌、リンゴ酢、麦味噌、麦芽糖、飛魚つゆ少々。

梅干しネギ納豆、赤カブ漬け、鶏手羽甘辛煮。

番茶。

明日のライブの譜面確認。

いよいよ明日はSATINDOLLディスコライブ。

準備に準備を重ねて来たライブ。

きっと大盛り上がり。

当日のお越しもお待ちします。

7 > 8 > 9 > 10 > 11 > 12 > 13 > 14 > 15 > 16 > |