最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > 遠藤律子日誌

ブログ

SATINDOLL

2017年11月14日

1113

秋深まる。

お昼起き。

生活クラブの生そば、大根おろし、細ネギ、大葉。

納豆。

まぐろ漬け、とろろと生わさび。

ルッコラとミニトマトとリンゴの胡麻ドレッシングサラダ。

作り置きカレーも少し。

今日のバンドの譜面とYukariさん譜面コピー。

16時にSATINDOLL

井上社長が出会わせてくれたYukariシンガーソングライター。

遠藤律子ピアノトリオ、遠藤律子p、山口彰b、藤井学drs

Yukariオリジナル曲、遠藤律子オリジナル曲。

ボサノバ曲等も18時までリハ。

Yukariさんのお客様は、Yukariさんが大好き、あたたかい雰囲気の皆様だ。

北海道からの井尻さん、小島さん、Mickeyさん、進藤さん、お運び感謝。

リチャードさん、かよままさん、感謝。

瀬川先輩、感謝。

皆さん、有難うございます。

トリオの3曲の演奏、CDL'Amour est Bleu」収録曲をご紹介。

Yukariさんのオリジナル曲。

My Life」「今でも」「風の流れ」「両手ひろげて」

震災後東京に自主避難して2年間、心が沈む毎日を送っていた時に、お嬢さんが、また歌を歌って、と言って、

その時からオリジナル曲がどんどん生まれたそうだ。

どの曲も心打たれる素晴らしい曲であり、素晴らしいヴォーカルだ。

お客様は涙とともに大感激。

遠藤律子オリジナル曲も歌ってくれた。

「可愛いね」は、Yukariさんの音楽仲間、今パリから来日中の、Phillippe Marchandピアニストに弾いてもらって、客席で聴いて

自分の曲がまた違うリズムでソウルフルになってとても嬉しかった。

「愛にあふれて」、Yukari、彩ショル、遠藤律子、藤井学大合唱で盛り上がった。

スタンディングでお客様方と一緒に熱い熱いライブ、ロックショーだ。

ハードな毎日の中で、歌が自分を生かして来たというYukariさん。

これが、音楽の存在意義、天からのギフトであり人間の魂の表現なのだろう。

今日のライブ、心に深く音楽のギフトを感じたライブとなった。

Yukariさんとまた一緒にやって行きたい。

Yukariさんのお友達で生活クラブの方とお話できた。

これは嬉しい出会いだ。

心に花が咲いた今日一日に感謝。

藤井学、山口彰、rr、Yukari、Phillippe Marchand。

MUSIC LINE SENJUゆうらいく

2017年11月13日

1112

寒くなった。

暑さがなくなって、やれやれ楽になったと思ったが、寒くなるとなにやら寂しい。

昨夜PCiCloudに同期したら、メールアドレス帳がかき消えた。

えらいことになって唖然。

どなたかに聞いて復元せねば。

レタス、セロリ、リンゴのオリーブオイルレモン海塩さっぱりサラダは淡い緑色できれい。

ほうれん草の胡麻汚し。

昨日のかぼちゃ蜂蜜ナッツクリームチーズ甘みサラダ。

鶏黒酢和え、ブロッコリーも加えた。

黒米入り七分搗きご飯、梅干しネギ納豆、ジャガイモのお味噌汁、緑茶、La毛利の焼き菓子美味、柿。

17時半に北千住ゆうらいく。

今日はMUSIC LINE SENJU、北千住はしごライブ。

ライブハウスにいろいろな音楽ユニットが出演して、お客様は通しチケットでライブ巡り。

大友義雄alto sax、遠藤律子piano、山口彰bass

遠田守男マスターとは40年のつきあいだ。

浅草うさぎに出演していた時に、お客様で来ていた遠田さんがジャズカフェゆうらいくを開店した。

今まで何度も出演させていただいてきた。

山田夫妻、豊さん、気楽セッションバンドのクワトロマシンガンズのメンバーお二人、回っているお客様方で立ち見も出るにぎやかさ、感謝。

デュオでCDL'Amoue est Bleu」収録曲等演奏。

大友サックス奏者、セルマーのマーク7で艶やかでパワフルな演奏、さすがのジャズ魂。

マイクなしのシンプルなジャズの原点の演奏、4ビートジャズの楽しさ、良い夜になった。

1時間演奏2回、お客様は入れ替わる。

21時に終了。

マスターとお話ししてアフターアワーズを楽しむ。

ゆうらいく、心がほっとするお店だ。

また出演する時を楽しみにしている。

ゆうらいくのどらむ看板。
遠藤律子p、山口彰b、大友義雄as、遠田守男ゆうらいくマスター。

しあわせの経済世界フォーラム本会議

2017年11月13日

1111

早起き。

10時過ぎに、神保町日本教育会館一ツ橋ホール。

入場待ちの御客様の長い列が出来ている。

控室へ。

ウォン・ウィンツァンさんと美枝子さん。

ウォンさんはシルバー、美枝子さんはゴールドのヘアで、金さん銀さんと言われているそうな。

ウォンさんはピアニスト、作曲家、NHKの番組の音楽やライブで活躍している。

控室は外国からのゲストとスタッフでにぎやか。

1030分前に、ウォンさんと一緒に舞台袖に。

コンチョック・ワンドゥさん(ラダック仏教中央大学学長)とツェリン・ドルジさん(ブータン)の平和への祈り。

ウォンさんの雪が舞い降りるような白い美しい高音部から降りてくるピアノのイントロから始まる「故郷」ピアノ演奏。

途中1コードで美しい繊細なアドリブ、心現れる優しい音色に魅了される。

素晴らしいオープニング。

ヘレナ・ノーバーグ=ホッジさん(イギリス)の基調講演。

ヘレナさんは今回の11日と12日に開催の幸せの経済s世界フォーラム2017in東京実行員会代表だ。

豊さから幸せへ、グローバルからローカルへ。

そして、インド、、ラダック、中国からのゲストによる講演。

お昼休みは、ゲストとスタッフでお弁当。

私とYukariさんもお弁当を一緒に頂いた。

控室には、後援のパルシステムからの良い飲料とお菓子。

中村隆市さんのウィンドファームのメキシコ、東ティモール、エクアドルの有機コーヒーパック。

1355分。

Yukari&遠藤律子出演。

ナマケモノ倶楽部上野和則今回のイベントプロデューサー制作のスライドショー。

東北大震災のニュース、福島第一原発事故のニュース映像。

事故後のいわきの街の写真。

黒い映像になったところで、遠藤律子ピアノ「ふたつの星」イントロを弾き始める。

3分半の写真映像を見ながら、ピアノを弾く。

福島の海、福島の植物、Yukari母娘の写真、自主避難住宅の前のショット。

Yukariさんの言葉。

落ち込んでいた時に、お嬢さんが言った言葉、おかあさん歌って。

その言葉の後、映像は「My Life」作詞作曲YUKARI

私はこの曲のイントロを弾き始めた。

Yukari登場。

7分半のオリジナル曲。

艶やかな声で段々迫力を増すヴォーカル、転調して最後の盛り上がりで、Yukari さんは歌わなくなった。

会場が息を飲む。

感情を整えて、最後のフレーズを歌った。

力強い声、声に感動することがある。

満席のお客様から拍手拍手拍手。

歌い切ったYukariさん、素晴らしかった。

辻信一実行委員会代表がステージに出て、1113日のSATINDOLL Yukari&遠藤律子ピアノトリオのことに触れてくれた。

私もまたステージに出て、二人で少しお話、SATINDOLLらいぶにおいでくださることを皆さんにお願いした。

今日は1曲歌いましたが、SATINDOLLでは自主避難の中で生まれた美しい曲をたくさん歌いますと。

Yukariさんは、遠藤律子オリジナル曲も4曲歌ってくれる。

今日は、10分余りの出演だったが辻信一さん、上野和則さん、馬場直子事務局長、中村隆市さん、皆さんのおかげさまで、

Yukariさんの存在、子供を思う福島のお母さんたちを代表する存在をたくさんの方々に知って頂く良い機会となった。

その後、サティシュ・クマールさん(平和のための巡礼者、インド、イギリス)の基調講演。

サティシュさんは、以前明治学院大学でお話を聞いた時も思ったのだが、闊達、壮快、愉快、上機嫌、最高な雰囲気を持つ方だ。

物がないという人に、あなたはたくさん持っていると言う。

欲を捨てて考えを変えると幸せだ、と言う。

81歳で足が丈夫で、疲れると歩いてくると言うそうだ。

ストレスを無くしたらそうなったのだろう。

今日も張りのある元気なお声を聴いて、素晴らしいと感激した。

香港、ブータン、イギリスからのゲストの講演。

イラク音楽の演奏は、気仙沼出身のYACHIさんのグループ。

パワーのある声でイラクの歌と「故郷」。ギターとウード演奏。

メキシコ、エクアドル、タイからのゲストの講演。

日本のゲストのシンポジウム。

吉原毅城南信用金庫顧問、野々山理恵子パスシステム東京理事長他の皆さん。

辻信一明治学院大学教授(文化人類学者)が各国で出会った友人の皆さんが一堂に会しての本会議。

大きな国が利益を全部取りする今の世の中。

そうでない国、地域の人達は大きな国から見たら貧しいが、豊かな心で生きている。

考え方を変えて生活を変えれば、貧しくても貧しくない。

欲はきりがない。

控室で、Yukariさんと二人で、講演を聞きながら話した。

服をたくさん持っているよね、着ない服があるよね。

消費すること、物を買うことが都会生活になってる。

景気がよいとは、どういうことだ。

最近ちょっと悩み気味だった心が、少しすっきりした。

お金が紙切れに見えることがある。ストレス発散の消費散財。

自分が心をこめて一生懸命労働して得たお金を大切に考えたら、無駄遣いは出来ない。

お金は回すことで皆が幸せになるとよい。

物々交換の代わりのお金。

元の物々交換の時に心温まる思いの交換がある。

魚を採って作った野菜と交換する。

自分が出来ないことを感謝して自分が出来ることと交換する。

その気持ちを忘れないで。


遠藤律子、ウォン・ウィンツァンピアニスト、Yukariさん。
吉原毅城南信用金庫顧問、辻信一明治学院大学教授、Yukari、遠藤律子。

しあわせの経済世界フォーラムレセプション

2017年11月13日

1110

秋らしい日差しの日。

季節ごとに日差しが違って、違う感情が沸き起こる。

季節の中で生きている人間。

人間の私、、、相田みつおさん、、。

相田みつおさんの言葉で好きなもの。

降っても晴れても日々是好日。

大事な私の人生の一日だから、、というもの。

一日を大事にしようと思いながら、大事にしていないこともある私、人間だもの。

生活クラブのスモークサーモン、レモン、オリーブオイル、ピクル酢、ベビーリーフ、セロリ、タマネギ、リンゴ、レタス、サラダ仕立て。

生活クラブの糠さんま焼き、豆腐とねぎのお味噌汁、梅干しネギ納豆、黒米入り七分搗きご飯。

デポーのプリン、柿、アーモンド、マカデミアナッツ、コーヒー、緑茶。

明日のYukariさんの歌う歌のピアノ伴奏譜面練習。

18時に明治学院大学白金キャンパス。

辻信一明治学院大学教授のプロデュースで、この大学のホールでFunky Ritsuco Version!とエクアドルから来日した音楽グループと共演したことがある。

また、サティシュ・クマールさんと田中優子さんの対談、アンニャ・ライトさんの講演で、今まで何度かこのキャンパスを訪ねてきた。

今日は、明日から2日間開催される幸せの経済世界フォーラム2017in 東京のレセプションが行われる。

本館国際会議場。

ゆっくり小学校のスタッフ皆さんが里山で摘んできた秋の美しい果物や木の実がテーブル中央に飾られて素晴らしい。

並んだお料理は、ビーガン料理、美しい。

Yukariシンガーソングライターと一緒に明日演奏をする。

明日の本会議出演の海外と国内ゲストの顔合わせだ。

思いがけなく、田中優子法政大学総長と会えた。

何年ぶりだろう、本当に久しぶりで感激。

優子さんは、12日に開催の明治学院大学文科会セミナーに登場する。

Yukariさんと優子さんと3人で並んでイスに座ってレセプション開宴。

辻信一明治学院大学教授が今回のフォーラムの実行委員会代表で、今日のパーティの進行役、英語と日本語でゲストを紹介して、

挨拶を通訳する。

実行委員会代表のHelena Noberg-Hodgeさん(イギリスより来日)の挨拶から始まり、和やかに楽しく、美味しいお料理と、

パルシステムが提供してくれた無添加国産ワインや日本酒で盛り上がった。

メキシコ、韓国、中国、タイ、インド、ラダック、エクアドル、様々な国からのゲストが纏う民族衣装の素敵な事。

辻夫妻は和服で、田中優子さんもいつもの和服、善了寺成田住職は法衣、皆さん美しい。

ピアニストのウォン・ウィンツァンさんとお話しした。

先輩ピアニスとの演奏、明日は楽しみだ。

終宴後、Yukariさんと上野和則プロデューサーと、明日の写真スライドショー映像をPCで見せてもらいながら打ち合わせをする。

Yukariさんのメッセージ、福島のおかあさん達の想いが伝わる映像。

夜中近くに帰宅して、明日は早いので家事を頑張る。


遠藤律子、田中優子さん、Yukariさん。
ビーガン料理。
ゆっくり小学校の方々が、里山で摘んで飾ってくれた秋のテーブルお飾り。

楽しい英語レッスン

2017年11月10日

119

良く晴れている。

ちょっと早起き。

生活クラブのびおさぽ、豚肉と野菜の中華風炒め煮。

筍、バラ肉は脂を切り取ったもの、きくらげ、ニンジン、小松菜、白菜。

大根漬け、北海道コーンと玉ねぎの自家製スープ、緑茶、黒米入り七分搗きごはん。

14時からシーパップ英語レッスン。

先月お休みしたので久しぶりだ。

いつもながら、楽しい話題、音楽の話題、いろいろ話して盛り上がる。

アレサ・フランクリンの良いゴスペルアルバムを教えてもらって購入した。

アレサ・フランクリンは、キャロル・キングが「Natural Woman」を提供した歌手だ。

昔からよく知っている。

映画「Blues Brothers」に登場している。

最近では、トニ・ベネットのデュエットCDで聴いて、その盛り上がる一フレーズに感激して涙が流れた。

届くのが楽しみだ。

帰宅途中に、派手なジャケットを発見、リサイクルショップのようなよくわからないお店だ。

試着してみようとお店の中に入ったら、PC等が置いて会って洋服も置いてある。

店主が電話でなにやら機械の事を話している。

電話が終わったので、洋服について聞いてみたら、このお店はPS等の修理のお店でが、頼まれて衣服も販売しているそうな。

私が気に入った服は、スタイリストの人がサンプルで取り寄せた新品とか。

イタリア製で伊勢丹のカードがついている。

着てみたら腕がやけに長いがサイズは合っているので購入した。

いかにもイタリアな派手系攻め系のジャケットだ。

ロックから始まっている私のファッションは、どうもロック系に寄って行く。

帰宅途中のお直しショップで袖丈を短くする依頼をした。

熱田さんのコーヒー、国産小麦粉かぼちゃとかぼちゃの種入りフォカッチャオリーブオイル。

ピアノと歌の練習。

スタンダードの本の曲をいろいろ歌ってみる。

音程を取るのが以前より楽になったので、難しい歌を選んで歌ってみる。

楽しい。

バンドで演奏する曲2曲のラフなアレンジ。

まとまったお休みがある時期になったらアレンジを頑張ろう。

今日来た生活クラブのビオサポのもう一つのセット、きりたんぽ鍋。

きりたんぽ、ささがきごぼう、ニンジン、白菜、長ネギ、糸こんにゃく、鶏肉、きりたんぽ、マイタケ、たれのセット。

それに、今日来たつくねと生牡蠣、春菊も加えた。

とても美味しくできた小鍋仕立て。

TVオンデマンドで映画、以前に観たことがある映画、丁寧に作られていて素晴らしい。

メールでライブのお誘い。

ご家族の介護の方がとても多い。

私は3年前まで母の事があった。

毎日、心配があった。

心がひりひりする心配だった。

今介護している方々の御気持が良くわかると思っている。

明日は、明治学院大学国際会議場で、しあわせの経済世界フォーラム2017in 東京のレセプションがある。


http://economics-of-happiness-japan.org/



私とシンガーソングライターのYukariさんが招待を頂き参加する。

海外からのゲストと1111日の一ツ橋ホール本会議登壇国内ゲストが明日は参加する。

私たちは一ツ橋ホールで、11日の13時半から歌と演奏の出演をする。

Yukariさんのお友達の福島のおかあさんたちのメッセージとYukariさんのポエムと福島の写真の映像に、

私のオリジナル曲「ふたつの星」のピアノ演奏。

そして、Yukariさんがいわきから震災後お嬢さんたちを連れて東京に避難する中で生まれた歌「My Life」の歌と演奏。

どうぞ皆さん、おいでください。

イギリス、ブータン、韓国、多くの国からのゲストがローカル経済の重要さを語ります。

1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > |