最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > 遠藤律子日誌

ブログ

冬の日

2019年01月10日

19

お休み何日ものんびり癖がついて、今日一日の休みはどうしようかと思う。

このお正月、比較的長く続けて休んで、休むことは大事だなと思った。

出来れば何もせず休みたい。

起きて料理をする気になれず、La毛利へ。

ランチメニュー。

ヒラマサのカルパッチョ、見てきれい食べておいしい。

7種の野菜のスパゲッティ、ソースもトマト一杯でしょっぱくなくて滋味あふれる味。

鶏のクリーム煮、生クリームの味がしっかりして、ジャガイモ、蕪、カリフラワー、白い野菜もきれいで温まる美味しいお料理。

コーヒーと名物今の時期しかない関口さんの苺のショートケーキ。

生クリームが本当に生クリームで柔らかくてショートニングが入っていない純粋な味、スポンジもおいしくて最高だ。

La毛利のお料理は、材料が最高なものだということが良くわかる味付けで、本当に素晴らしい。

紛い物が多い世の中で、本物のお料理を作り続ける毛利さん、いつも行くたび感激する。

帰宅して、少しウォーキング、風が冷たいが良い気分、冬を楽しむ。

少しソファでお休み。

起きてピアノ、歌の練習、ラテンピアノ教本の練習、音階練習。

明日は初荷生活クラブが来るので冷蔵庫野菜整理、ジャガイモと玉ねぎとキャベツと白菜とジャガイモの皮包み餃子風団子のお味噌汁。

鮭のソテー、納豆、ミカン、リンド半分、豆乳ナッツヨーグルト、番茶。

遅くなっているが年賀状とライブお知らせ封筒詰め。

123日、銀座SWINGFunky Ritsuco Version!25周年記念CD発売ライブ。

どうぞどうぞお運びくださいませ。

Chippy

2019年01月09日

18

あっという間に松も取れて、始動。

しかし13時起床。

鶏むね肉卵とじ、頂き物の手作りシュウマイと焼き豚美味感謝。

茹でキャベツ、ブロッコリー、スティックブロッコリー、リンゴ、キュウリと大根ピクルスとセロリの松田マヨネーズサラダ。

生活クラブの生そば、茹でて海苔、大根おろし、釜揚げしらす、細ネギ、納豆。

緑茶、熱田さんコーヒー。

今日のchippy新年初ライブの演奏曲を選びながら音階練習、リハビリ必須。

19時前にChippy

綺麗であたたかい雰囲気のライブバー。

遠藤律子、山口彰。

理沙さんお運び感謝。

常連の皆様、今日も感謝。

60年代ポップスをチャチャ、ボサノバ、いろいろなリズムでアレンジしたジャズ。

懐かしいなあと、お客様の声。

ビートニク、ロック世代の大人の皆さん。

大いに盛り上がり、最後はCielito Lindoで大合唱。

京子ママとご主人の荒井鍼灸師、あたたかいお二人、感謝。

次回は、330日の出演となる。

どうぞよろしくお願いいたします。

昨夜もロバータ・フラックのCDを聴いていた。

品が良くて素晴らしい音楽。

藤井学ドラマーにロバータ・フラックとピーボ・ブライソンのヒット曲のデュエットの歌を頼んだ。

29日のWARANEトリオ午後ライブで披露出来たらよいなと、準備開始。

CD制作~女子会

2019年01月08日

17

早起き、頑張る。

いそいで簡単な朝食作り。

生活クラブの無添加ソーセージとキャベツと蕪の欧風だしスープ煮。

春採り若芽とねぎのお味噌汁、白麹大根漬け、鯛炊き込みご飯、緑茶。

12時に茶音厨楽房。

Toquio Bossa Trio 吉田和雄リーダーと二人で、先日TOKYOFMMUSICBIRD スタジオIRISライブ放送録音した音源を

6作目のCDにするミックス作業。

斧マスターの美味しいコーヒーで元気を出して仕事開始。

何テイクかある演奏から良いものを選んでいく。

演奏のサイズを短くしたりいろいろ整える。

エレピで1曲弾いた。

その場でメロディを変えて3度ほど弾いて3回目がOKテイクになった。

3月ごろ発売になる新CDは、エレガントな情感を表現したピアノトリオのブラジル曲とオリジナル曲のCDになる。

17時半終了。

斧マスターに感謝。

急ぎ、後楽園へ。

智子さんとひろ子さんと私の女子会新年会。

ドームホテルのレストランで野菜一杯のサラダとシュリンプのお料理、メキシコ料理、デザートもフルーツもたくさんある。

もうすぐ来る誕生日をお二人が祝って下さって、お店の人達も一緒にハッピーバースデイを歌ってくれた。

白いふわふわケーキに可愛いキャンドル、私の名前がチョコで書いてあるお皿に乗って。

年を重ねること、大変な事、特に4年前からは毎日戦っているような、そんな気持ちが柔らかくほぐされてあたたかく包まれている、幸せな気持ち。

有難いこと。

お二人とも、お仕事、ご家族にあたたかい気持ちで向き合っている素敵なハートの持ち主、大好きな方々。

話は尽きず、20時近くまで。

元気になるとはこのこと、楽しい楽しい時間だった。

今日は、吉田和雄リーダーの音楽魂に、お正月で緩み切っていたねじがしっかり閉まって、

女子会で気持ちの張りを頂いた。

良い日に感謝。

帰宅して、今日いろいろ変更した点の9曲の譜面書き、コピーして二人に郵送する。

今日も午前2時。

 

新年会

2019年01月07日

16

お昼起床。

生活クラブの生牡蠣、中玉トマトと黄色カラーピーマンとマッシュルームと一緒にアヒージョ。

作り置きの鶏むね肉卵とじ。

白菜キムチ、豆腐とねぎのお味噌汁、ネギ納豆、鯛の炊き込みご飯、緑茶、レモンリンゴ。

ピアノ練習、Toquio Bossa Trioの新曲。

18時からシーパップテクノ㈱小野夫妻宅で、新年会。

男性5名、女性5名。

プリプリ海老のエビチリ、胡麻インゲン、ローストビーフ、焼き豚、カボチャとトマトのスープ、大きな蒸し器で出て来た3種のシュウマイ、

飾り海苔巻き、すべて手作りの御馳走。

皆さんは浦霞、私はお茶で大いに盛り上がる。

山田徹打楽器奏者と久しぶりにいろいろリズムの演奏の事をお聞きして話した。

新日本フィルのレギュラー打楽器奏者として長く活躍してきた徹さんのお話は貴重だ。

清子さん、ひろ子さん、真理さん、久しぶりのまどかさん、お会いして嬉しい。

途中からバリの舞踊家イスワラさんが参加。

以前、横浜のモーションブルーヨコハマで、Funky Ritsuco Version!のライブにダンスで出演してくれた。

愉快でチャーミングな青年のお話に一同喜び盛り上がる。

今年も皆さんお元気で良いお年を。

美味しい御馳走感謝。

皆さんの持ち寄りの美味しいお菓子をお土産に頂いて帰宅した。

年賀状とライブお知らせ書き封筒詰め。

今日は寒くなった。

第1回えどFes

2019年01月06日

15

早起き。

生活クラブのうなぎ、昨日作った鶏むね肉スライスの生姜ニンニク醤油ソテー。

レタスとラディッシュとリンゴと生活クラブピクルスサラダ。

お雑煮の御餅なし。

ご飯は冷凍した鯛炊き込みご飯、他いろいろ、緑茶。

妹と智子さんとひろ子さんと4名で錦野旦公演新年会。

江戸川タワーホール船堀大ホール、新しい施設らしくホールのいすが座りやすくステージが全部見える。

今年が初回のえどFes歌謡コンサート、江戸川子供支援チャリティ。

Stage神戸の三木奈美さんの主催だ。

1部は、仲町太鼓連、可愛い子供達の太鼓と8ビート曲の融合、先のFunky Ritsuco Version!囃子連との共演に大いに参考になった。

沖縄舞踊集団伊是名の会、衣装と音楽とともに優雅な踊り。

モアニ ケアラ オ カウラカヒ、フラダンスの優雅な動き、振袖のフラダンス素敵だった。

昭和歌謡ヒットパレード、篠崎京子、いしいみえこ、村上良輔。

演歌をじっくり聴いたことがないのだが、1度マイナーから4度マイナーに動くコード進行にほろっと来てしまった。

自分の中にある歌謡曲、演歌の情感を見つけた。

2部は、スター錦野旦オンステージ。

6名編成、トランペット、サックス、ギター、キーボード、エレクトリックベース、ドラムスのバンド。

ピンクのスーツに靴もピンクで、錦野旦、R&Rナンバーを歌い出すと、上手い!

足がスラっと長くて、ピンクの衣装がエレガントで素敵なのだ。

しゃべりだすと、綾小路きみまろ路線でお客様のおば様方大爆笑、もちろんわれら4名大爆笑。

ファンクラブの方がペンライトを配った。

皆さんと一緒にペンライトを振った。

大声で声援した。

ステージから降りてこちらまで歩いてきた錦野旦、握手した。

音程は一度も外れない。

歌が上手い。

長い脚で柔らかいラテンダンスを踊る姿良し。

喋りで笑って歌で感激、最高のショーだ。

古希のスター錦野旦、素晴らしいパフォーマンスに大拍手。

4人で楽しかった、上手かった、と言って帰路に着いた。

帰宅して、生活クラブの燻り鯖鮨、白菜とジャガイモと蕪のお味噌汁、おせちのたつくり、ミカン、番茶。

疲れが出てソファで一眠り。

年賀状、ライブの御知らせ書き封筒詰め。

また午前3時。

昨夜はロバータ・フラックのベスト盤を久しぶりに聴いた。

厚生年金会館ホールでロバータ・フラックを聴いた時、美しい声に涙が流れた。

ピアノ弾き語りのシンガーだ。

今聴くと、あかぬけたソウルミュージックで、フュージョン時代を懐かしく、また今聴くと音楽的な

事がいろいろ昔聴いていた時よりわかって面白い。

しかし、ロン・カーターベーシストはどのアルバムにも入っている。

何のCDを聴いてもベースはロン・カーター。

すごい量の録音参加だ。

 

 

4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > 11 > 12 > 13 > |