最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > 遠藤律子日誌

ブログ

明日の曲

2020年02月06日

26

今日は寒い。

天気は良い。

生活クラブ消費材が届く日は早起きだ。

野菜、パイプクリーナー、なんでも頼む。

合成洗剤を使わない洗剤類。

生活クラブの鮭昆布巻き、作り置き野菜マリネなど冷凍したヒジキ豚ひき肉グリーンピース炊き込みごはん、緑茶。

ウォーキング、北風が冷たい。

歩く速度を変えると心肺機能に良いそうなので、3速度の歩きを繰り返した。

身体も手先も温まった。

風は冷たいがお日様は春の光。

帰宅して、熱田さんコーヒー、ナッツ豆乳ヨーグルト。

ピアノ、明日の演奏曲練習、歌練習。

弾き語り、皆さんにも歌っていただくライブを今年こそ開催したい。

今日来た生活クラブビオサポ、かじきまぐろの南蛮漬け。

野菜をさっとゆでて添付のたれに漬けて、片栗粉をつけて揚げ焼きしたカジキマグロも漬けて、鷹の爪も入れた。

美味しくできて助かる。

サニーレタスと人参と大根スライスと生活クラブの無添加ロースハムのサラダ、根菜お味噌汁、La毛利パンオリーブオイル、伊予柑、番茶。

明日のライブの曲ならべ、衣装そろえ、早く寝ましょう。

 

ロータリー財団セミナー~映画~本間パーマ

2020年02月06日

25

7時起床、私にとっては真夜中だ。

しかしすっきり起きられた。

ノンレムだかレムだかどちらかの状態で起きるとすっと起きられるそうだ。

急いで作り置きのパスタ一口、緑茶。

9時過ぎに新宿ハイアットリージェンシー「桃山」

国際ロータリー第2750地区財団セミナー。

今日は幹事の私一人で参加した。

広い会場にテーブル席、コーヒーカップとお水とケーキが置かれている。

10時開始で、財団の成り立ち、寄付金が補助金として各所に使われている詳細の説明があった。

ポリオ撲滅を世界中で展開しているロータリークラブの活動についてのレクチャー。

ロータリー財団は、ロータリメンバーの寄付金を運用して、その益と元金を、補助金にして社会奉仕をしている。

お金を出すだけではなく、その場に行って働くことをしている。

私が幹事を務めている東京ピースウィングロータリーEクラブは今年度地区補助金を得てそこに加えてクラブメンバー会費で、

東日本大震災首都圏避難者ご招待音楽会を2回開催の企画を立てた。

1回目は昨年1123日に荻窪ルースターノースサイドで開催した。2回目は今月223日に東京倶楽部目黒店で開催する。

今避難者お客様をお誘いし続けている。

大集中している。

210日には音楽リハをする。

良いライブにして皆様にお喜び頂きたいの一念。

今日のセミナー後半にゲスト。

シエラレオネから、ロータリー資金で三鷹ICU(国際基督教大学)に留学している平和フェローのイブラヒム・バーさん。

イブラヒムさんの母国では内戦が長く続いて、ご家族に亡くなる方、身体を欠損する方が出た。

その状況から、ロータリークラブの活動を知って、ロータリーフェローシップ留学のことを知り、ICUにおいでになったこと。

お話を聴いて涙。

こんな悲しい悲惨なことが世界では起きているのだ。

そしてそこから母国のため家族の友人のために平和を学び、役立とうとする若者がいること。

この方々を支援するためにロータリーの活動が活きる。

今日は良き学びの時間をもらった。

終了後、時間があったので新宿の映画館を調べて、武蔵野館に行った。

昔からある映画館、100周年とのこと。

私は、ICU在学中、良く新宿の映画館で一日中過ごしていた。

3本立ての映画館の映画の全部観たりしていた。

いろいろ悩んでいたころ、映画館はシェルターのようなところだった。

「淪落の人」香港映画。

事故で胸から下が不随になって車いすで過ごすおじさんのところに雇われたフィリピンからやってきた若い家政婦さん。

最初はぎこちない関係だったのが、事故で人生をあきらめていたおじさんが、夢を持つ若い家政婦さんの夢実現を応援するようになる。

あたたかい心の交流のシーンごとに両目からぽろぽろ涙がこぼれた。

素敵な映画だ。

観てよかった。

いそいで原宿へ走り歩き。

本間パーマ。

本間俊明美容師は仲の良い友達だ。

いつも人生を語り音楽を語り、素敵な60歳。

今日はパブロレコードの渋いジャズを聴きながらヘアアット。

少しヘアスタイルを変えてもらって、良い気分、感謝。

帰宅して、今日は1万歩以上歩いた。

頂きもののおいしい肉まん感謝。

ぶり大根、ブロッコリーと水菜とラディッシュマリネとトマトマリネとカニ入り蒲鉾の胡麻ドレッシングサラダ。

根菜玉子お味噌汁小松菜入り、梅干しネギひきわり納豆、ミカン、番茶。

ロータリークラブ連絡メール、仕事メール。

 

茶音厨楽房~三鷹コミュニティセンター

2020年02月05日

24

急いで料理。

ホタテとジャガイモのジェノベーゼソースツイストマカロニ。

玉ねぎ玉子お味噌汁、各種野菜、七分搗きごはん、緑茶。

15時から茶音厨楽房レッスン。

新しい生徒の方、コード理論集中。

弾き語りのピアノの方、コードアレンジの基本について集中。

私も一緒に勉強している。

レッスン後、三鷹コミュニティセンター会議室。

東京ピースウィングロータリーEクラブ月一回の理事会全員協議会。

223日開催の、財団補助金事業、東日本大震災首都圏避難者ご招待ライブの事前確認。

次年度の事業に、素晴らしいアイデアが出されて皆賛同。

たくさんの議案について活溌な議論話し合い。

終了後、イタリアン居酒屋で親睦会。

どんどん仲良くなって仲間意識が高まる。

若い世代の方々が参加して、私が一番上かもしれない。

元気な皆さんのお話を聞く。

速めにおいとま。

明日は超早起きロータリー財団セミナー出席。

早く寝ましょう。

 

 

東京ピースウィングロータリーEクラブ。

仕事準備

2020年02月04日

23

暖かい。

お昼起床。

生活クラブの生そば、大葉、細ねぎ、大根おろし、海苔。

生活クラブのそばつゆは最高の味だ。

生活クラブの鶏ひき肉生姜炒め玉子焼き。

野菜サラダ、梅干し納豆、緑茶。

生活クラブデポーで、買い物。

柑橘類ドレッシング、ブロッコリー、ルッコラ、カニ入り蒲鉾、ミックスナッツ、パウダーファンデーションレフィルなど。

帰宅して少しウォーキング。

飛行機が低空飛行で2分おきくらいに飛んでいて騒音で驚いた。

これが今後一生続くのだろうか。

帰宅して、熱田さんコーヒーとナッツ豆乳ヨーグルト、頂きものの餡饅美味感謝。

ピアノ練習、歌練習、譜面コード直し。

生活クラブの生ガキ、デポーで求めた生たら、豆腐、長ねぎ、青梗菜、シメジ、白菜、ほうとう、野菜餃子小鍋。

味付けは、生活クラブのちゃんこ鍋の素。

番茶、ミカン。

先いコード直しした曲の譜面直し。

今日は一日、先の仕事の業務連絡をメール、メッセンジャーでやっていた。

プッシュするときはどんどん調整等進める。

もたつくと後で仕事が溜まってしまう。

仕事の参加バンドメンバーが決まると本当にほっとする。

毎日、何かしらの心配をしている。

心配を無くすのは仕事を片付けるしかない。

36日六本木CLAPSFunky Ritsuco Version!ライブ、皆様お越しくださいませ。

215日下北タウンホールスカイサロン午後ライブ、お運びよろしくお願いいたします。

Tacoma

2020年02月02日

22

暖かい。

春のようだ。

早起き。

急いで朝食。

サバ焼き、豆乳根菜お味噌汁、炊き込みご飯、緑茶。

14時からTacomaレッスン。

セカンドリフ作り。

最初は何もないところから、頭の中から新しいメロディが出てくるのが自分で不思議だ。

そしてそれは、何もないところではないのだと感じた。

今まで聴いていたたくさんの音楽の中から頭の中で再構築しているのだ。

面白いことだ。

いつも楽しい時間、ご参加嬉しいです。

終了後、横浜ご飯ファミリーイタリアン食事会。

井手さん、智子さん、清水さん、私。

パスタ、サラダ、ピザ、デザート、コーヒー。

お話盛り上がる。

関内から京浜東北に乗ったとおもったら横浜線だった。

関内の同じホームから横浜線が出ているとは今まで何十年も知らなかった。

新横浜まで行って、降りて電車乗り換え帰宅した。

驚いた。

しかし、どこに行くのか一人旅のようで楽しかった。

帰宅して、朝不具合だったPCの電源を抜いてしばらく置いたら復活してメールソフトも早く動くようになってほっとした。

毎日、PCにたくさんの時間と大きなエネルギーを使っている。

昨夜は久しぶりに、カル・ジェーダーのマンボアルバムを聴いた。

大名盤だと思う。

ジャズスタンダードナンバーをラテンバンドで演奏している。

アレンジおしゃれ。

コンガの大きな存在感。

私は、パーカッションの金物が鳴ると心身ともにわくわくドキドキしてしまう。

生まれたところではないのに、キューバに郷愁を感じるのだ。

このアルバムの中にもそういう音が入っていて心穏やかでない状態になる。

ヴィブラフォンのアドリブがうまい。

素敵なあなたという曲、歌手の方々が良く歌う曲だが、コードが少なくてアドリブが難しい。

しかしこのアルバムのこの曲、メロディの叩き方がかっこよくて、アドリブのスピードと内容が素晴らしい。

この曲、こんなに器楽演奏でかっこよくできるのだと、よくするも何も演者によるのだなと感心した。

昨夜は3周りもこのアルバムを聴いてしまった。

カル・ジェーダーはラテン人でない大成功したラテン演奏者だそうだ。

1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > |