最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > 遠藤律子日誌

ブログ

2018年07月06日

7月6日

寝たり起きたりしながら、昼前に起床。

昨夜の焼きそばをオムそばにして生活クラブのショウガ甘酢漬けを乗せた。

生活クラブのまぐろ漬け、大葉、海苔、とろろ、生わさび。

ネギ納豆、タマネギのお味噌汁、ブロッコリーとジャガイモと人参のオリーブオイルソテー。

美生柑生絞りジュース、生活クラブのよもぎ笹餅、緑茶。

ソファで少し休む。

ガス警報器交換の人を待つ。

夕暮れになったので、少しだけショッピングセンターを歩いて、裾詰め依頼していた衣装を取ってきた。

ピアノ。

CD録音曲の練習、ショパンのエチュード練習、音階練習。

そろそろ追い込み練習開始。

生活クラブのビオサポは野菜たくさん餃子スープ。

北海道の3種の豆の蜂蜜生姜煮、番茶。

12日のSATINDOLLディスコライブ新曲。

音源を聴いて、4名のバンドが何を演奏するか決めてパート譜を書く。

早くしないと、メンバーに郵送間に合わなくなる。

のんびりする時間はほんの少しの毎日。

歌レッスンと歌リハ。

2018年07月06日

7月5日

早起き。

昨日作った大量トマトカレー、空豆ごはん、美生柑生絞りジュース、緑茶。

先日の大きな検査の結果を聞きに行く。

おとがめなしで一安心。

毎回、ドキドキする。

池袋、こだわり市場で河内晩柑、玄米植物性乳酸菌飲料、カナダのオーガニック穀物メープルシロップバー購入。

カフェでサラダとコーヒー。

17時から安師レッスン。

ボサノバの歌い方。

高い音に移る時は、その前から高くしておかないと間に合わない。

18時から、同じスタジオの別部屋。

7月12日SATINDOLLディスコライブのリハ1回目。

Maria Eva座長、優美、道子、一江4名。

昨夜書いた新曲4曲と1回目にやった曲。

コーラスを作りながら練習。

ピアノソロで盛り上がった。

私は、ジャズピアニストとして仕事を始める前の2年間、ディスコバンドで仕事をした。

その時に演奏していた曲、今も古くない。

70年代の、メロディックで個性的な曲の素晴らしさを再確認。

21時まで3時間休みなしに歌とピアノ。

気分の良い皆さん、一座、楽しい。

12日が楽しみだ。

帰宅して、番茶、さくらんぼ、やきそば(かんすい無添加)、頂き物の可愛い最中感謝、ナッツヨーグルト。

譜面書きしようと思ったが、ソファで寝てしまった。

つけていあたテレビで急にジャズが聴こえて来て、見たらSOMETIMEで、俳優他が演奏しているシーンだった。

おお!

譜面仕事

2018年07月04日

7月4日

昼前起床。

今日は、4曲ディスコライブの新曲を耳コピーする日だ。

のんびりしていられないが、ゆっくりの気持ちで過ごす。

生活クラブの卵と豆腐とミックスチーズオムレツ。

生活クラブの野菜餃子とニラのスープ。

ソラマメご飯、美生柑生絞りジュース、緑茶、熱田さんコーヒー、カナダのオーガニック穀物メープルシロップバー。

身体をほぐして疲れを取るためにプール。

今日も空いていて、静かな水面をゆっくり泳ぎながら1000メートル。

その間、ずっとFunky Ritsuco Version!CD録音までの諸問題について考えていた。

いつも、何かをしようとすると障害物競争のような局面が現れる。

今まで、それを乗り越えて来た。

それも楽しみのうちだ。

心配性であるが、最近は心配も楽しみのうちだと思っている。

お風呂でさっぱり良い気分。

頂き物のパンとオリーブの実入りパン、オリーブオイルで。

金時生姜紅茶。

鶏むね蒸し肉、イカ、エビ。

頂き物の大量のトマトとベランダのトマトと生活クラブのトマトを湯剥きして、タマネギと一緒にオリーブオイルでソテー。

肉と海鮮類を加えて、蒸ジャガイモと人参も加えて、生活クラブの野菜カレーとトマトポークカレーとカレーの壺で調味。

水分はトマトのみ、酸っぱめのおいしいカレー。

明日リハがある7月12日SATINDOLLディスコライブの新曲4曲。

優美さんから送って頂いた譜面を見ながら原曲を聴く。

キーが違うので、サイズとコードを譜面に書き直した。

明日のリハで詳細を確認して、キーボード、ピアノ、ベース、ドラムスの譜面を早急に書いてメンバーに郵送する。

明日のリハの前の安師レッスンで歌う歌の歌詞をプリントする。

懐かしいセルジオ・メンデスナのナンバー。

セルジオメンデス曲は結構歌詞を覚えている。

覚える気はなかったのだが何度も何度も聴いて一緒に歌っていた時期があるので、頭に音として入っている。

 

Funky Ritsuco Version!CD録音リハ&写真撮影

2018年07月04日

7月3日

寝不足だが、起きて美生柑生絞りジュースとお茶で出かけた。

前回トリオのCDジャケット写真撮影の時にお世話になったヘアメイクの釣谷ゆうきさんに今日もメイクして頂く。

素敵なあたたかい人柄の釣谷ゆうきさん、大荷物を地下スタジオに運び込んだ。

全部メイク用品、ライトもある。

いろいろなお話をしながら今日は60年代ヒッピー的ロックメイクをお願いした。

ゆうきさんは、どんどん目の周りを真っ黒にしていく。

そして長いつけまつげを2枚重ねてつけた。

あらー、どうなるのでしょ、と思ったが、撮影が始まり前回と同じ富井カメラマンが撮影した写真をPCに入れて見せて頂くと、

西洋花魁人形みたいな不思議なロック的写真になっていて、さすがのプロのヘアメイクアーティストと嬉しくなった。

富井カメラマンは、熱いハートでいろいろなポーズを考えてくださって、ピアノの位置、背景の映り込み、ライト等

綿密に仕事を重ねて行く。

前回と同じ阿部ジャケットデザイナーは、考えている全体のデザイン、コンセプトを示して撮影に付き添う。

菰口プロデューサーは、あたたかく見守ってくれる。

まず、私の一人の写真。

衣装を2つ、着替えながらいろいろなポーズで撮影。

メイクが派手だと、気分もそれになって行く。

歌舞く、ということ。

そして、メンバーが加わる。

遠藤律子、箭島裕治、岩瀬立飛でトリオ。

黒で決めたファッション、いい感じだ。

それから、藤陵雅裕が加わってカルテット。

そして、岡部洋一が入ってクインテットFunky Ritsuco Version!

阿部デザイアーが、ロック的人物配置を考えて来て下さって、並んでみる。

ゆうきヘアメイクアーティストが顔と髪を直してくれる。

楽しい時間だ。

15時過ぎに撮影終了。

コーヒーで歓談。

その後、バンドのみになってリハ開始。

60年代の超有名ロックナンバーのラテンファンクジャズ。

私がアレンジして書いた譜面で演奏して、皆がいろいろな意見とアイデアを出してくれる。

それぞれ大活躍中のミュージシャン達のアイデアは、有難いの一言。

21時までリハ、その後少し話をして解散した。

一段階、山を越えた。

息が詰まるようなスケジュールで、その中でリラックスを心がけながら毎日を過ごしてきた。

良い録音になりますように。

明日の準備

2018年07月04日

7月2日

明日のFunky Ritsuco Version!CD録音リハのためのバンド譜面作り。

大変な大仕事。

午後から夜中まで、今日は一歩も家から出ずに家の中を譜面を持ってウロチョロした。

譜面書きとコピー、床とテーブルにバンド譜面を広げてセロテープで貼っての繰り返し。

CDジャケット写真を撮影するので、用意した衣装の確認、アクセサリーに迷う。

靴も迷う。

1 > 2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > |