最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ > 法曹親和会70周年パーティ

ブログ

法曹親和会70周年パーティ

2017年11月22日

1121

晴れた日。

生活クラブのまぐろ漬け、とろろと生わさび。

生活クラブの中華丼の素、白菜、豚肉、シイタケ、ニンジン等が入っているものに青梗菜としめじを加えて青い中華風野菜煮。

生活クラブのけんちん汁を温めてほうれん草を加えた。

発芽玄米ご飯、緑茶。

今日のパーティで演奏する曲の譜面10曲を3部ずつコピー。

16時にホテルオークラ別館、本館は建て替え中。

歴史あるホテル、さすがの落ち着いた雰囲気、ホテルスタッフの皆さんの言葉もきれい。

法曹親和会創立70周年記念パーティ。

2000名の弁護士さんがメンバーとなっている。

安ますみ門下生チャリティコンサート世話人の石原修弁護士が、今日はタキシードで会の世話人となっている。

いつもお世話になっている遠藤律子CD制作のシーパップテクノ㈱の役員でもある石黒清子弁護士もこの会のメンバーだ。

トリオは遠藤律子p、山口彰b、、木村由紀夫drs

安ますみ門下生チャリティコンサートで演奏したトリオだ。

大勢の参加者は全員弁護士さん。

乾杯とスピーチの後、トリオ演奏で、この会が発足した1948年に生まれた曲から時代を追って演奏していく。

山口彰ベーシストのいつもの太い音色のベース、木村由紀夫ドラマーのスイングする素晴らしいドラムリズム。

YAMAHAC6の美しいピアノを思いっきり弾いて嬉しい。

バンドのそばにいる方々からは大きな拍手を頂き、ノリノリで聴いてくださってる方もいて嬉しい。

20時まで演奏、華やかな場での晴れやかな気持ちになっての演奏。

久しぶりに着用したステージドレスmaymeの白にスパンコールのチュニックドレス。

これに合わせて選んだアクセサリーのちょっと変わった形のネックレス。

オシャレするのも楽しい。

若い世代の弁護士さん、バンドを組んでいるそうで、広報の方々でコウホウズと言うそうだ。

弁護士会の中に会派があって、お互いに切磋琢磨してよい仕事をするために努力しているということ。

皆様のますますのご活躍をお祈りしている。

今日は、ウェイン・ショーターの4作目のアルバム「Night Dreamer」を聴いた。

この中の、「Black Nile」は、ジャズのヒット曲であり、今聴いても素晴らしい。

演奏メンバーは、ウェイン・ショーターに、リー・モーガン、マッコイ・ターナー、レジ―・ワークマン、そしてエルビン・ジョーンズ。

リー・モーガン以外は、そのままコルトレーンバンドのメンバーだ。

私が一番好きなトランペッターはリー・モーガン、マッコイ・タイナーも若かりし頃のアイドルジャズピアニスト。

懐かしい新主流派の演奏のCDだ。

モードジャズの初期の作品。

マッコイ・タイナーのピアノのタッチが好きだ。

鍵盤を自在に動き、転がすような音色。

ジャズはやはり、いいなあ。

歌心あふれるジャズスロー演奏を聴きたい。


木村由紀夫drums、遠藤律子piano、山口彰bass
シーパップテクノ㈱役員の石黒清子弁護士と遠藤律子。
法曹親和会の若い弁護士さん達とトリオ3名。