最新の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

RSS

旧オフィシャルブログ

  • オフィシャルブログ

サイト内検索

希望するキーワードを入力し、検索ボタンを押してください。

遠藤律子メールマガジン

ライブスケジュール、イベント情報など最新情報をお届けいたします。

 

トップページ > ブログ

ブログ

茶音厨楽房レッスン

2018年10月10日

109

ちょっと早起き。

生活クラブの餃子は水餃子にしてポン酢。

スモークサーモンとブラウンマッシュ入り卵焼き。

ブロッコリーの胡麻ドレッシング。

ベビーリーフとルッコラと玉ねぎとスモークサーモンサラダ、オリーブオイルと塩ポン酢。

北海道コーンとジャガイモと玉ねぎスープ、ネギ納豆、発芽玄米ご飯。

忙しくて全部食べられなかった。

13時から22時まで、茶音厨楽房レッスン。

途中休憩時間に、1111日茶音厨楽房発表ライブ打ち上げをするレストランに行って食事と11日のお話。

今日はピアノの方はお一人、皆さん歌とフルート、私はずっとピアノを弾いていた。

ピアノを弾くと、そのたびに発見がある。

自分のタッチ、リズムとどう折り合いをつけるか、ピアノの立場等ずっと考えている。

自分が変わるのが嬉しい。

皆さんは大切な音楽仲間でお友達。

楽しい一日を有難うございます。

帰宅して、頂き物の手作り栗煮、プリン、美味感謝。

 

 

譜面書き

2018年10月08日

108

季節の変わり目、激しい気候。

生活クラブの鳥治部煮に小松菜をたくさん加えた。

小松菜の苦さがよい。

生活クラブの調味用合わせ酢マリネしたミニトマトと赤パプリカ、ほうれん草と卵のお味噌汁、七分搗き雑穀ごはん、かぼすバルサミコ酢水割り。

緑茶。

午後は、妹のヨガクラス。

丹田を中心に身体をねじって元に戻すとと、何とも言えない力が身体に漲る実感。

参加する度に良いことを教わる。

帰りに仕事の衣装に使うベルト購入。

熱田さんコーヒーとわらび餅。

ピアノ練習、ラテンピアノ奏法、英語本、読んで弾いて、なかなか面白い。

近所のイタリアン食堂。

気楽なレストラン、前菜盛り合わせ、マルゲリータピザ、鯛の香草焼き、紅茶。

帰って、レッスン生徒の方の発表会用譜面書き、初参加の方、楽しみだ。

明日から少々忙しくなる。

1012日銀座No Bird Funky Ritsuco Version!初出演、近づいてきた。

楽しみだ。

それこそ、丹田に力を集めて気力体力を高めたい。

のんびり。

2018年10月08日

107

今日も気温が高い。

何度も起きては寝て、13時半に起きた。

一日がなくなる。

完全にダレ切っている。

ダブルガーゼのタートルトップス、着ていないような軽やかさ。

綿100%、やはり天然素材は着心地が良い。

生活クラブのまぐろ漬け、大葉ととろろと海苔と生わさび。

ブロッコリーと生活クラブあわせ酢でマリネしたミニトマトと赤パプリカサラダ。

七分搗き雑穀入りご飯、水餃子、バルサミコ酢水割りカボス入り、緑茶、バナナ。

生活クラブの無添加バニラアイスクリーム、ショートニングや乳化剤等何も入っていないアイスクリームはこういう軽い味だ。

乳製品と砂糖を避けているのだが、たまには。

プール。日曜日は使えるプールが2つあって広々した空間の天井を見ながらゆっくり泳いで、久しぶりに1000メートル。

お風呂に入って良い気分。帰宅して熱田さんコーヒー、大豆昆布、ジャガイモ国産小麦粉パン。

ピアノ練習少し、ショパンのノクターン2曲。

Toquio Bossa Trio 6作目のCD制作準備開始。

オリジナル新曲を都の吉田和雄リーダーの依頼で、9月に1曲書いた。

ヴォイズメモで録音してFacebookメッセンジャーで送った。

テンポを半分くらいに落とすアイデアをもらって、今日はゆっくり弾き直してみた。

今一つ最後の4小節が納得いかないので、少し寝かせることにした。

生活クラブの小鯵の南蛮漬け、白菜中華風煮、坊ちゃんカボチャニンニクオリーブオイル海塩バルサミコ酢ソテー。

生活クラブゴマダレ冷やし中華、錦糸玉子、オクラ、赤パプリカ。

オンデマンドで映画、ジョニー・デップの海賊物。

ジョニー・デップはほとんどの映画で化粧している。

半分ふざけた2枚目、何か好きだ。

また観てみたいのは、ローンレンジャー。

トントの役で顔を真っ黒にしていた。

ローンレンジャーは好きなタイプの面長二枚目。

タイトル曲が流れだしたとき、映画館で大泣きした。

懐かしくて。

Funky Ritsuco Version!25周年記念CDLight My Fire

T&Kエンタテインメント菰口賢一代表とバッシュプロモーション芳野慎一郎代表のプロモーション会議が9日に開催される。

たくさんの皆様にこのCDをお聴き頂きたい。

ライブで、ロック名曲を新しいジャズスタンダードにする演奏をお楽しみいただきたい。

Funky Ritsuco Version!の音楽で楽しく元気に過ごす時間をご一緒したい。

1121日六本木CLAPSで開催のFunky Ritsuco Version!CD発売記念ライブのチケットを発売中。

どうぞ皆様お声をかけてください。

郵送等でお届けいたします。

家で。

2018年10月07日

107

昨夜は6時まで起きていたせいか、疲れて起きた。

温度が高い。

変な気候だ。

作り置きの野菜キーマカレーに生活クラブタンドリーチキンを加えて鶏ヴァージョンアップカレー、半熟卵乗せ。

ミニトマトと蟹入りかまぼことルッコラの胡麻ドレッシングサラダ。

残りのパエジャご飯、バルサミコ水割り、バナナ、緑茶。

ウォーキングに出かけたが、何か調子が悪くて少し歩いて帰ってきた。

蒸し暑いのが良くないのだろうか。

ナッツ、頂き物のキューバお土産コーヒー、キューバのコーヒーは深煎りでこっくりとした良い味感謝。

ピアノ、疲れと眠気で断念。

少し寝て起きて料理。

白菜はとろみ中華風味、緑が消えないくらいのあっさり煮。

子持ちシシャモ焼きカボス。

海老とイカパックは、ニンニクオリーブオイル海塩バルサミコ酢ソテー。

作り置きの北海道コーンと玉ねぎとジャガイモの欧風だしスープ。

ミカン、番茶。

ピアノの部屋片づけ。

クラヴィノーバの置き場所作り。

隅々まで、生活クラブの重曹シートで拭いてさっぱりした。

物が多い。

思い切って整理しよう。

昨夜はジョイスの新CDを何度も聴いた。

ピアノトリオのサウンドが大好きだ。

Helio Alves piano、モダンジャズのサウンドとスリリングなトリッキーリズムで展開するアドリブソロ、大ファンだ。

Rodolfo Stroeter bass、ごつい音でニコニコ嬉しそうにかっこよいリズムフィルイン、ベースそのものの尊敬すべき奏者。

Tutty Moreno drums、ジョイスのご主人は、学者のような風貌で繊細な美しい音とジャジーな展開のブラジリアンジャズドラマーだ。      

このトリオとジョイスが仲が良いのが、演奏全体にあふれていて、お互いを優しいあたたかいまなざしで見合って、そこに穏やかな大人の愛情、友情が感じられる。

ジョイスは、バリバリジャズシンガーだ。

作る曲、歌うフレーズにあるブルーノート使いがジャズ。

高い音を歌う時にはオオカミのように頬を上げて歯を出していて、安師の教えそのもの。

昨日は、大きなシルエットのワンピースに栗の実のような茶色の大きな実がたくさんついているネックレス、サンダルで、色は地味だが、

白髪が混じったブラウンヘアによく似あって、年を重ねることを隠したり若作りしないオシャレが素敵だった。

自分の音楽を確たるものとして、演奏する姿を見て聴いて、大変に励みとなった。

 

Joyce Moreno50周年記念ライブ

2018年10月05日

105

雨。

外が見えるガタガタのエレベーターで何度も下に降りる夢を見た。

怖い夢だ。

生活クラブのビオサポ、平牧豚肉を刻んで、韓国風お好み焼き粉と卵と水、野菜とネギを一杯入れて薄く焼いてチジミ。

鶏肉とシイタケと大根と人参とネギで治部煮。

ブロッコリーとミニトマトと生活クラブカニいり蒲鉾サラダは、塩ポン酢。

緑茶。

海原やすよともこの漫才を観る。

右側ぼ大きいな姐さんの方のともこが、エンジンがかかるともう素晴らしい。

本当に面白い。

あんなふうに、「なんでやねん?!」と言ってみたい。

急なお誘いで、一人青山BlueNote

骨董通りの靴屋さんで、ステージ用のハイヒールを買った。

光る光る。

ジョイス・モレノ50周年記念ライブ。

いつものジャズピアノトリオ、大好きなトリオ、ドラマーはジョイスのご主人だ。

今日はスぺさhるゲストに若い超絶技巧のギタリスト登場。

ジョイスの変わら創造性とチャレンジするミュージシャン魂に胸が熱くなり、涙。

終演後、楽屋にジョイスを訪ねて少し話をした。

私の前にジョイスと話していた男性がジョイスに渡したもの、ジョイスは「Karinto?」と言った。

次に私が、生活クラブのオーガニックグリーンティーと言って緑茶を渡して、ジョイスの日本のお茶タイム完成。

ステージで、ジョイスが「この曲は、50年前には歌えなかったわ、タイトルはCrazy Old lady!」素晴らしい!

ジョイスは私より年上のシンガーソングライター、気取らず常に音楽を追及して楽しんでいて、尊敬するミュージシャンだ。

ジョイスに励まされた。

50周年記念CDは、デビュー作CDの曲を全部新しく演奏したものだ。

その中の1曲を、Toquio Bossa Trio のレパートリーにするという吉田和雄リーダーの言葉。

これから楽しみにCDを聴こう。

 

 

9 > 10 > 11 > 12 > 13 > 14 > 15 > 16 > 17 > 18 > |