安師レッスン、10月23日構想

9月11日
16時から、安師レッスン。
一昨日のチャリティコンサートでM座が歌っていたセルジオ・メンデスナンバー。
歌ひとつ歌うこと、これが難しい。
せっかくレッスンを受けているのだから、もっとしっかり勉強しないといけない。
落語もしっかり覚えなければ。
なんだか、学生時代の気持ちだ。
帰り道、デパートを久しぶりに見てみるが、何も素敵に見えなくて、自分の中で今ちょっとなにか火が消えている状態だ。
これも季節の変わり目か。
10月23日のサテンドールライブのことで集中の時期となってきた。
秋のサテンドール、FRV!20周年。
ニューヨークに2年続けてジャズフェスティバルを聴きにいったことがある。
その時に、ラテンジャズコンサートに行って、キューバ系のラテンのリズムに魅了された。
高校のときにセルジオ・メンデスを聴いてブラジルのリズムが好きになったが、アフロキューバン系のバンド、モンゴ・サンタマリア等がすばらしかった。
それで、アフロキューバンリズムのジャズバンドを作ったのが、20年前だ。
最初はジャズミュージシャンの仲間にお願いしてやっていた。
だんだん、ラテン系のミュージシャンとも知り合いになって、オリジナル曲を書いてコンサートとライブ、ジャズフェスティバルに出演、CDを製作、中南米と南米コンサートツアーを経て、ラテンリズムで日本情緒を表現して、ダンサブルにそしてジャジーに、そして楽しい参加型ライブを続けている。
大友義雄as、山田晃路b、二本柳守drs、横山達治perc、守新治drs、小野江一郎drs、大坂昌彦drs、加藤真一b、佐藤慎一eb、村田陽一tb、奥村晶tp、中路英明tb、八尋洋一eb、藤井摂drs、伊藤寛康eb、岡部洋一perc、鈴木正夫drs、藤陵雅裕sax、中川昌三fl、岡淳ts&fl、織原良次eb、岩瀬立飛drs、岩瀬立飛drs、箭島祐治eb、ルイス・バジェtp、アンディ・ウルフsax、、、、、たくさんのすばらしいミュージシャンと知り合っていろいろ教えてもらいながら、楽しい音楽の時を過ごしてきた。
10月23日は、藤陵雅裕sax、ルイス・バジェtp、箭島祐治eb、岩瀬立飛drs、岩瀬立飛drsと一緒に、また新しくFRV!のサウンドを展開する。
 
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する