英語、プラッサオンゼToquio Bossa Trio 

8月16日
そうめんを茹でて、上に根菜オリーブ焼きを載せて、なんだかよくわからないアジアンフード。
ネギのお味噌汁、茎若布のポン酢など。
15時からシーパップテクノ株式会社英語レッスン。
先生は、カナダ人。
今日は、オリンピックについて話し合った。
カナダは、そう強い国ではないが、参加してそれを観る事を楽しんでいるそうだ。
オリンピック精神そのものだ。
オリンピック放送は、フェアにたくさんの競技を放映して、素晴らしい選手はどの国でも讃えるそうだ。
いろいろとカナダと住む人々について楽しい興味深い話を聞いた。
リラックスして素朴な素敵なカナダの人達。
17時に青山到着。
玄米御飯カフェで、魚フライと人参サラダと台湾の紐豆腐プレート、大変においしい。
17時半から、プラッサオンゼでToquio Bossa Trio、新曲のリハ、というよりアレンジ。
新しいCD製作に向けて、ジャズスタンダード曲のアレンジだ。
吉田和雄ドラマーのリズムアイデアをよく聞いて、コードとの兼ね合いを考える。
リハ後、コットンクラブで聴いてあまりの素晴らしさにぶっ飛んだ、ジョイスについて、友人で仕事仲間である吉田和雄にいろいろと話を聞く。
ブラジルでのジョイスの存在感など。
ジョイスは、品がある。
20時過ぎよりライブ。
今日は、お盆休みで少々静かな店内、いつも来てくださる有難いお客様、感謝。
名古屋からおいでになったお客様、有難うございます。
3名でじっくり演奏するジャズサンバ。
毎回、自分の演奏に発見があって面白い。
劣化せずに進化していたい。
一番欲しいのは、情緒だ。
カテゴリー:

検索

  • 購読する