銀座SWING Brass Brazil ライブ

8月9日
生活クラブのベビーリーフとブロッコリーとアスパラガスと頂き物のおいしい塩ラッキョウのサラダ。
鶏手羽元ソテー、ニンニクとトマトで作ったトマトソースのオムレツ、ほうれん草入りタリアタレ、カボチャチーズグラタン。
ジュウシマツになりそうな野菜だらけの朝ご飯。
15時30分に、銀座SWING。
3管のBrass Brazil、CD発売記念ライブ。
池田雅明・tb加塩人嗣・sax, fl 鈴木正晃・tp 遠藤律子・p 山根幸洋・eb 吉田和雄・drs。
池田雅明がほとんどの曲をアレンジして、5月に吉田和雄と二人でリオに言ってブラジル人ミュージシャンと録音したCDだ。
鈴木正晃トランペット奏者とは今日が初めての共演だ。
14曲のリハを18時まで2時間、皆で集中した。
ひろこさん、安部さん、岡本さん、映美里さんと妹さん、今井さん、青田ご夫妻、板本先輩、眞佐子さん、三橋さん、いつもお運び有難うございます。
ピアノを弾く5名の方に聴いていただき、嬉しいことだ。
3名の管奏者は、アドリブソロをそれぞれに生き生きと、その楽器らしい音色で、そして大人の魅力一杯に演奏して、またセクションも和気あいあい、演奏者も楽しいライブ。
お客様の熱い反応に感激した。
ブラジル人の歌手の女性が、最後に飛び入り参加。
情熱のサンバのステップを踏みながら歌って大盛り上がり。
プロデューサーの吉田和雄リーダーの音楽への熱い気持を、今日又再確認。
池田さんのアレンジを、なるほどこういう感じが管らしいのだなあ、などと感心しながら勉強しながら、ブラジル音楽の素晴らしさに触れ、お客様皆さんとご一緒する幸せを感じた。
帰宅して、19日からの小笠原諸島クルーズの準備のメールをピコツアーの伊藤さんに送る。
小笠原父島に2日滞在する。
ぱしふぃっくびいなす号は、島の近くに停泊して、通い船で港に上陸する。
オプションツアーがいろいろあって、トリオも参加したいので、パンフレットを見てどれにしようかと迷う。
世界遺産指定地区というのがあって、ぜひ見てみたい。
小笠原の植物観察ツアーもはずせない。
演奏は、22日の夜だ。
選曲も楽しみだ。
カテゴリー:

検索

  • 購読する