ダウントーク落語勉強会

8月31日
昨夜は、志ん朝の落語をコピーしてワードで台本を完成させた。
今日の落語勉強会で、師匠に短くしていただく予定。
早口で話す若き日の志ん朝。
落語ダウントークの発表落語会は、10月19日に戸塚善了寺で開催する。
今日から、頑張ろう。
他の弟子の皆さんはもう先に覚えて進行している。
また私が遅れてドタバタだ。
生活クラブの豚肉酢豚、人参とタマネギとパプリカを炒めて、これを加えて簡単出来上がり。
やまびこしめじと生活クラブの冷凍ささがき牛蒡と長芋をあっさりダシ煮、豆腐とネギのお味噌汁、黒蜜ところてん、雑穀御飯。
郵便局で、附属バレー部OB名球会振込み、OBの振込金で運営されている名球会。
私が現役だった事に、先輩達の資金で活動が出来たのだ。
母の通帳記入、毎月の収支を妹に送って記帳してもらっている。
18時に、戸塚善了寺、ダウントーク勉強会。
今日は、菊茶、菊縁、千代服、馬頓、そして私菊音の参加。
菊千代師匠が、一人一人に厳しくも優しい指導をして下さる。
私は、今日は読むだけ。
長いのを短くして頂いて、いろいろとご指導いただき、方針が決まった。
あとは覚えるだけ、やるぞ。
師匠が原稿を読むと可笑しくて大笑い、初めて読むそうだ、さすがの話力。
私もせっかく好きな噺を選んだので、貴重な機会だ、しっかり覚えよう。
噺は100回高座にかけて形になるという。
そして、ネタおろしの初演は上手く行くが2度目は上手く行かない、初演をなぞったりすると失敗するそうだ。
そして何度も何度もやってみて100回やると出来るそうだ。
そして、上手い人は練習好きとのこと、これは私の世界も同じ、天才は練習する事が出来る人だ。
練習せねば。
帰ってきて、師匠に直していただいた箇所を打ち直す。
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する