ぱしふぃっくびいなす号横浜帰港

8月24日
6時起床、昨夜より続けて荷造り。
8時より和食の朝食。
船の一番前のデッキから前を見る。
横浜港に帰ってきた。
海の色、青色が失われて、ドブ色に変わっていた。
ベイブリッジをくぐる船。
青い空には白い雲が浮かんで、出かけるときに見た時には、きれいだなと思ったが、小笠原から帰ってくると、青い空の色は薄くて、下の方はスモッグで灰色に変わっている。
ため息。
勿論、緯度が違って気候も違うのだが、出来るだけ青い空、白い雲、青い海を損なわない生活をしていこうと思った。
大桟橋に着岸後、30分くらいで若いスタッフの皆さんにバンドの楽器等たくさんの荷物を運ぶのを手伝ってもらって外に出た。
暑い、驚いた。
父島も暑かったが、こういう暑さではない。
爽やかな暑さだ。
都会の暑さは過酷だと、実感する。
出演者の皆さん達と、又会いましょうと挨拶してそれぞれ帰宅。
洗濯を3回、衣装や毎日の衣服を洗濯した。
なんと1時間で乾いた服があって、今日の暑さが尋常でない事を知る。
ツアー前に冷蔵庫の中を片付けて行ったので、近所の自然食品店等をまわって、食材を買い求める。
生活クラブを取れなかったので、来週の木曜まで生活クラブが来ない。
レストランへ行けばご馳走が出てくる生活を終えて、また今日から自分でやるのだ、大変だなあと思いながら、気持がさっぱりして、ほぼ1週間の料理お休みバカンスで気分転換したせいだろうか、冷蔵庫に残っていた根菜類、ジャガイモ、タマネギ、人参、ゴーヤ、トマトを刻んで、タマネギを良く炒めてにんにくを刻んで香りを出して、野菜を炒めてコトコト煮込んで、鶏カレーを作った。
夏に負けないスタミナカレーだ!
明日は、茶音厨楽房で気楽セッション。
皆で同時に音を出して、ジャズ演奏のA,B,Cを実地に理解する、楽しい楽しいセッションだ。
夏休みだからか、お申し込みが少なくて心配だが、きっと当日にいらしてくださることだろう。
明日は、初めて参加する方もいらして、また出会いの気楽ならではのワクワク楽しいお付き合いが増える事だろう。
小笠原のお土産のお菓子を持って行こう。
カテゴリー:

検索

  • 購読する