ピアノデュオコンサート インフォーマルナイト

8月20日

早朝、レストランで洋食と和食が選べる。

洋食のバイキングにしたのだが、こんなに早い時間にご飯を食べたことがないのでほんの少しだけ頂く。

海を見る窓際のカフェで、コーヒー。

今日は、終日航海、一路小笠原諸島目指して、船は進む。

8階のボートデッキを回って海を見る。

360度、海空と鳥。

海が群青色、こんな美しい色の海、初めて見る。

海の色は空の色。

青い青い空、白い綿菓子の雲。

船の舳先のすぐ上から進む前をずっと見ていた。

夢のような景色、地球はこんなに美しいのだ。

10時から、ウェービングを使った筋トレとストレッチ講座に参加。

巨人チームもブルペンに置いて使用しているという可愛い輪がカーブした器具を使った体操。

他にも、小笠原諸島の歴史講座など盛りだくさんで飽きない。

これらの模様は部屋のテレビで放映されている。

昼食は、海鮮ちらし丼にお吸い物、茶わん蒸し、勿体ない、自分で作らずにごちそうが出てくるこの贅沢。

22日にボディコンシャスのドレスを着るので気をつけよう。

13時からは、三原みゆき歌手の指導による歌う会。折り紙の会もある。

写真教室、フラワーアレンジメント教室、、飽きない。

14時、鳥島の右を通過。

すぐそばに島、皆写真を撮る。

素晴らしい景色。

島のてっぺんは色が赤茶色で煙も少し出ているような、火山だろうか。

15時、展望浴室でお風呂。

良く晴れた外の景色と青い海を見ながら風呂につかると、水が揺れて船が走っている臨場感。

17時、を右に見て通過。

変わった形のとんがった島、ワンダーワールドだ。

これも撮影大会。

17時30分より船長のウェルカムパーティ。

今晩は、ドレスコードはインフォーマル。

皆さんがお洒落している。

男性はスーツ、ジャケット、ネクタイ。

女性はワンピースなどに光るネックレス等で華やか。

私は赤の模様のカブリフワフワブラウスに貝のネックレス、白いパンツに赤いハイヒール。

山口彰と井上尚彦は黒のシャツにバンドらしい派手系ネクタイに黒パンツ。

小菅夫妻はモノトーン系のエレガントな装いで素敵。

斧夫妻は、気品あふれるスーツと美しい黒系アンサンブルで大人のおしゃれ。

益江さんと中村さんは、サーモンピンクのアンサンブルと品の良いワンピースにネックレスが可愛い。

PTSの祖師部長と由良船長のユーモアあふれるスピーチ、ウェルカムドリンク、ジャズカルテットの演奏。

盛り上がる。

そのあとすぐに、堀田幸子・中里響子ピアノデュオのコンサート。

プラハとパリ王立音楽院で友達になった二人のピアニストの可憐なさわやかな連弾。

ジョプリンナンバー、ブラームス、ショパン、よく知られてる曲を軽やかに弾いて魅了した。

私は、11階のオブザーベーションラウンジを借りて1時間、ピアノ練習。

22日まで日にちがあるので手ならし、椰子の実の間奏部分にジャマイカを入れることを思いつく。

19時半より、着飾った皆さんと一緒に洋食ディナー。

ムール貝のソテー、サーモンと蟹の一皿、紫芋のポタージュスープ、ホタテのソテー、口直しのレモンシャーベット、ステーキは香りの良いソースがかかっている。

マンゴームースのデザート、コーヒー。

食後、7階のラウンジで社交ダンスを見学。

姿勢のよいインストラクターが数名、お相手をしている。

お洒落したおば様方、おばあ様方、そしてご主人だろうか男性方も優雅におどっている。

踊れない3名は隅のソファで見学。

私は、ステップを観察、分析、一番簡単なステップの法則を発見、次回は踊ってみたい。

ジャズカルテットがダンス音楽も演奏している。

マンボの演奏では私も出て行って、サルサと同じステップなので群舞に加えてもらった。

踊ると楽しい。

今日は映画はパス。

またまた夜食、私は果物のみにしたが、日本そばも出て、2名は結構食べていた。

船のゆっくりの揺れを感じながら、心地良く眠りにつく。

カテゴリー:

検索

  • 購読する