金子公民館 遠藤律子トリオ七夕コンサート

7月7日
ちょっと早く起きて支度する。
行きがけにSTBのチケット発送。
入間、金子公民館に15時前に到着。
霧雨の午後。
素敵なデザインのホール。
ボランティアの音響担当の皆様方のお世話で、トリオの楽器セットと音響チェック。
遠藤律子トリオコンサート。
遠藤律子、山口彰、井上尚彦。
井上尚彦は、カノウプスの新しいドラムセット、渋派手のアッシュ材のこげ茶の胴体に金の金具が美しい。
音響チェックをお願いしながら、全曲テーマのみの合わせをする。
アドリブをしてしまうと新鮮な自分の中では良いメロディが出てしまって本番が良くないので、テーマのみ。
17時開場、17時半より館長のご挨拶に続き、坂本プロデューサー(入間ジャズクラブ)のご紹介を頂いて井上尚彦、山口彰、そして私が出て行くと、あたたかい拍手、満員御礼。
今日は定員の170席を超えて、補助イスが出て190名様のご来場。
1セット、2セット、いろいろと音楽のことをお話しながら、バンドメンバー紹介をしながら演奏する。
クラシックの曲や宝塚で有名な曲のラテンアレンジ、私のオリジナル曲、いろいろな曲をいろいろなリズムで演奏、お互いの顔を見ながら幸せな気持で3名が心を通わせて音を紡いだ。
アンコールを頂いて、コードをつけた「たなばたさま」を皆さんに歌って頂いた。
この歌は、短い短い歌。
短いけれど、唱歌で一番美しい曲かもしれない。
色彩が心に拡がる素晴らしい歌詞。
美しくて切なくなる歌。
今日は皆さんと一緒に歌えて、皆さんの美しい歌声を聴けて、ジーンとした。
最後は皆さんにお席を立っていただいてわいわいメキシコ曲で大盛り上がり。
有難うございます。
CDお求め感謝。
終演後、入間ジャズクラブの皆さん(赤いおそろいのティーシャツが素敵)とお客様方と一緒の交流会。
おいしいジャガイモをご馳走になりながら、和気あいあい。
あたたかいあたたかい皆様のお気持、金子公民館で毎年ジャズコンサートを開催して下さっているというなんと素晴らしい皆様。
楽しい一時はあっという間に過ぎておひらき。
またジャズクラブの皆様、お客様皆様に近々お目にかかれますよう。
遠藤律子トリオは、10月12日に新所沢SWANに出演しますので、どうぞよろしくお願いいたします。
カテゴリー:

検索

  • 購読する