SATIN DOLLのバンド4名落語好き

6月15日
昨日、火をつけたまま煮詰めてしまったトマトソースをオムレツにかけてみたら、味が凝縮しておいしくてびっくりした。
トマトは旨み成分のアミノ酸が多い。
ブロッコリーとアスパラをオリーブオイルで炒めて添える。
長芋の浅漬け、生活クラブの浅漬けの元は、糠のエキスだ。
鰯の卯の花漬け、卯の花は柚子スライスが混じって良い香り、お茶で楽しむ。
SATIN DOLLに16時前。
カルテットは、遠藤律子、山口彰、サバオ渡辺、堤智恵子。
智恵子さんはスインギーな素晴らしいサックス奏者、バンドだ。
サバオさんとは久しぶり、相変わらずハンサムな素敵な人柄のかっこいいドラマー、同い年。
3ヴォーカルライブ。
バンドはギンギンにラテンジャズを演奏した。
サバオさんは、お兄さんもドラマー、渡辺雅介さん。
仲間はマッケさんと呼ぶ。
このお兄さんも最高の人柄、良き兄弟ドラマー。
マッケさんは落語好きで、志ん朝を楽屋に訪ねて、シンバルにサインをしてもらったそうだ。
師匠は、スイングしなくなりますよ、と言いながらサインをしたという。
そのシンバル、今日はサバオさんが持っていて、演奏後、見せてくれた。
シンバルの裏に自画像と志ん朝というサインが入っている。
これは、宝物だ。
幾代餅を今度やるのだと言ったら、幾代餅、好きだと言うのでひとしきり落語話で盛り上がった。
智恵子さんもなんと落語が好きで上野鈴本に行くのだそうだ。
今日は、落語好きな4名のバンドのセッションとなった。
 
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する