譜面書き

6月25日
お昼過ぎに起きて、朝食は13時半。
先日作った野菜煮込みと小野さんが焚いた御飯を頂いてきたのを合わせた。
御飯がおいしいのでついついたくさん食べてしまった。
STBのラテンジャズ曲、キューバの大有名トランペッターにして歌手、何でも出来る天才ボビー・カルカセースの作った曲。
以前、フルートでトップをやっていたので、フルートの譜面をルイス・バジェのトランペットの譜面に書き直して、ルイスに活躍してもらう箇所を新たに作った。
ミスがないように注意深く、フルートの譜面を1度上に移調。
譜面がいい加減だと、もらった奏者が、自分が大事にされていないと感じる。
それで、生徒の皆さんにはライブの譜面を作るときに、そのことを伝えてちゃんとした譜面作りを提唱している。
藤陵雅裕奏者には、いつも迷惑をかけているが、今後そういうことのないように心がけたい。
一番大事なのは、音楽だ。
当たり前だが、ほかのやる事が多いのでいつも全部ちゃんと出来ない。
余裕を持ってやりたい。
今日は、プールが休みの日なので、散歩する。
外は肌寒いが、早足で坂を昇ったり、階段を1段おきに駆け上がったりすると汗ばんできて、涼しい風と緑の香りが最高だ。
STBチケットお求めメール、有難い。
附属サッカー先輩方とお仲間へのチケット郵送封筒作成。
皆様が足を運んでくださる事を考えると、身がひきしまる思い。
以前よく演奏していた曲の譜面書き直し作業。
アドリブの箇所を変更したので、この際さらに読みやすく譜面を書き直すことにした。
食事作りが大変なので、近くの和食屋さんに歩いて行った。
帰って来てまた譜面書き。
トランペット、アルトサックス、トロンボーン、ピアノ、リズム隊の5種類の譜面を書いた。
右手が痛くなる。
泳いだ後仕事をするとすごく元気ではかどるのだが、今日は泳いでいないので深夜は疲れが出た。
美味と健康社(わじまの海塩販売)のサイトを見ていたら、海塩で焚いた玄米御飯パックを発見。
これはいいなあ。
忙しくてゆっくり御飯を炊けない。
そうではいけないのだが、ゆっくりする日がない。
深夜も又STBチケット発送封筒詰め。
けいこやコンサートを終えて、出演の皆さんからメッセージが届く。
エントリーして後悔して、心配して、練習をして、当日まで緊張して、リハーサルで緊張して。
そして本番、演奏して楽しくなって、やってよかった!!!
爽快感、また次回は何をやろうか?と考える。
素晴らしい。
やらないと結果が出ない。
よいかよくないか、やってみないとわからない。
やってみましょう!
今出来ない事に挑戦して出来るようになる、新しい自分になる。
なんと楽しい人生の幸せ。
私は、還暦になって、小さい子どもの時のように自由になりつつあるのを感じている。
やりたいことをやってみたい。
臆病で、石橋を叩いて叩いて割って壊して仕方なく泳いで渡る性格だったが、段々変りつつある。
 
 
 
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する