吉祥寺サムタイム

5月17日
起きたら体中がだるくて脱力状態。
英語レッスンをお休みした。
午後一杯寝て、なんとか起き上がって出かける支度。
サムタイムに18時半。
譜久里ゆかりvo、高橋佳輝eb、JUN SAITOdrs。
JUNさんとは、ずいぶん前にSATIN DOLLで共演した事がある。
2003年からずっとニューヨークで仕事をしていて最近帰国したそうだ。
大人のまろやかで豊かな完成でソウルフルにドラムを叩く、その存在感、感激だ。
佳輝ベーシストは、26歳の大人気ベーシスト。
噂はかねがね聞いていたが、聞きしに勝る素晴らしいベーシスト。
熱く人間味あふれるプレイ、良く歌うフレーズ、臨機応変バンドを盛り上げる。
気さくで爽やかな人柄、頼もしい実力人気最高のミュージシャンだ。
3名初めて一緒に演奏する。
まあ良く盛り上がった。
ゆかり歌手はリズム感最高で、太く温かいハスキーヴォイスで、多彩なグルーブでこれぞライブの歌をたくさん歌う。
4名で、ジャズの気持で生き生きと演奏して、この雰囲気最高のサムタイムの夜をお客様と一緒に音楽の時を過ごした。
町田さん、真佐子さん、今井さん、高橋さん、有難うございます。
今日は、どうなるかと思ったが、良かった良かった。
家の近くまで帰ってくると、5月の爽やかな風に包まれてしばし立ち止まる。
2年前にこの世を去った父のことを想う。
この爽やかな季節が悲しい季節になって2年、私は今ここにいるのになぜ父はいないのだろうと、仕方ない世の定めだが悲しみが新たになる。
家に帰って、番茶と北海道カマンベールトロトロチーズと無添加カキピー。
ほっと一息。
やっとここまで来た。
メキシコの感激に浸る間もなく特急仕事を頑張ったが、上手く行って製品を納める事が出来て一安心。
メキシコのことを考えたいと思っていたら、箭島裕治と岩瀬立飛ミュージシャンからメールが届いた。
若い素晴らしい音楽家のあたたかい言葉、いきいきとメキシコを語る言葉に、感慨新た。
改めて素晴らしいツアーを無事実行できた事に感謝。
メキシコ皆様に感謝。
御世話くださった皆様に感謝。
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する