旅の前の諸仕事

4月24日
PCに座り続けていると、具合が悪いが、外を歩くと良い気分だ。
歯医者さんで点検、100点満点の磨き方と言われた。
ナチュラルハウスのリンゴのOZABUという面白い名前のパイ、座布団の形になっている。
生姜紅茶と頂いて、元気が出て、ピアノ練習。
昔作った曲、今弾いて見ると、昔より柔らかく弾くので、自分の曲ながら哀愁があるなあと手前味噌。
若いときは力あふれて、気持も力んで、音も硬く強い。
今は、力めなくなったのが良いと思う。
日本の情緒とは、しみじみ命の哀れを感じるところか。
春になって、季節が夏に近づくが、その明るさの中に、桜は咲いて散る、という哀しみがある。
昨日の和食やがおいしかったので、今日も行ってしまった。
忙しくなると、料理を作る気力がなくなる。
お料理を作るのが好きな人は、料理がストレス発散だという。
料理は、頭も身体も使うプロデュース仕事だ。
料理をすると、仕事の体力と気力が減ってしまう。
余裕がなくなってくると、おいしいお料理を食べさせてくれる所があると、有難い。
料理を作ってもらえる人は幸せだ。
おいしいお料理を頂くと、有難くて楽なのが幸せで、今度は自分でやろうと思う。
いつも張り詰めて頑張っていては、いつかポキッと折れる。
明日の最後のリハの準備。
コンサートのMCのことも考える。
気候と服、衣装、現地でのメンバーとの待ち合わせ、忘れる事がないように集中する。
気楽ライブパーティが、28日に迫った。
牧野青年にプログラム原稿発注依頼して、レイアウトが届くのを待っているところ。
6月のレッスンも今月中に決める。
いろいろな事で、頭がグイーンとハードディスクがまわるように動いている。
カテゴリー:

検索

  • 購読する