桜、落語

4月6日
背中と腰痛がひどくなってきた。
歩かねば。
トマトニンニクエリンギソースを作って、昨日のほうれん草入りタリアタレにからめる。
ブロッコリー、アスパラガスの茹でたもの、ホッケの干物レモンたっぷり、豆腐とネギのお味噌汁。
作っていると、食べる時には疲れていて、あまり食べられない。
よく作っている人が言う事だが、作っているとそれでおなか一杯になってしまうと。
作ってもらって食べる人は幸せなのだ。
わー、こんな料理が出てきた、という驚きが、食べる気持にさせてくれる。
自分で作っていると、それが長時間かかる時は特に、その食べ物に飽きてしまうような感じだ。
お料理を作ってくれる方、ご馳走して下さる方に感謝。
また、食べてくれる人が喜ぶと、嬉しいものだ。
両親の御飯を作っていた頃は、喜ぶと本当に嬉しくて疲れが吹き飛んだ。
出かける前に、近くの散歩道を歩いた。
眩しすぎるくらいの日の光、ちょっと冷たい気持ちよい風、青い空、そして桜。
だるかった身体がすっと楽になる。
人間、こうでないといけない。
自然の中で生きるのが本当の姿だ。
桜を見ながら歩いていると、ここで母の写真を撮ったなあ、母が家から去った後、父と二人で歩いたなあ、と、思い出すと悲しい。
俳句が2つ出来た。
NARPの会の句会「はなみずき」に投稿する。
18時に戸塚善了寺。
新規落語会。
ぬうりん坊、千代豆、菊茶、私菊音の弟子に加えて、お二方新弟子。
師匠と座敷の卓を囲んで、次回の日程相談。
次回の落語会は、9月21日に決定した。
これからまた厳しい修行の日々が始まる。
本堂に設置したスクリーンで、3月16日の第一回落語会のDVDを新弟子さん2名とともに観る。
あらためて、皆さんの素晴らしい完成度に感心する。
やはり、私は遅れて参加してお稽古にも仕事でなかなか出られなくて、間際の詰め込み練習で望んだのでトチリも多く荒い。
反省反省の画像だった。
鑑賞後、師匠から一人一人に次のネタが提示された。
さあ大変、今度はなるべく早くから準備して、駆け込みでヒーヒー言わないようにしたいものだ。
7月18日に、六本木STB139スイートベイジルで、還暦FRV!コンサートを開催する事で調整中。
自分で還暦と言うのも恥ずかしい事だが、今まで皆様にたくさんのパワーを頂いてここまでやってこられた事に感謝して、楽しい大盛り上がりのライブにしたい。
どうぞ、手帖にお書きとめください。
夏の初めのFRV!祭だ。
カテゴリー:

検索

  • 購読する