プラッサオンゼToquio Bossa Trio 

3月20日
今日は、お彼岸の中日だが、仕事なので、お墓参りは明日にした。
塩鯖焼きレモン添え、かに玉、茹でスナップエンドウとアスパラガス、ニラの中華風炒め、根菜汁、雑穀御飯、美生柑絞りジュース。
父と母がまだ実家にいた頃を思い出す。
どちらかの誕生日には、ケーキを買って行った。
骨折した後の母は、低いイスに座っていた。
二人の喜ぶ顔を見ると、本当に嬉しかった。
一時一時の時間が貴重で、1秒1秒が大切だった。
いつまでも続かないから、幸せな一時は輝いている。
その時、どう過ごしたか、今、今、今が大切だ。
小さなことでも幸せと感じられたら、それが最高だ。
どんなに好きな人でも、愛する家族でも、最後は一人で亡くなって行く、別れていく。
いつか必ず別れの時が来るから、一緒にいられるその時が宝物だ。
別れがつらいから、青い空のその向こうで、又会える、会えたら今度は永久に一緒にいると信じるのだろう。
16時30分に、青山プラッサオンゼ、Toquio Bossa Trio。
18時までセットとリハ。
曲のシカケを確認しながらリハ。
今日は休日だが、お客様がたくさんお出でくださり感謝感謝。
マチダさん、田代さんと歌手の斎藤みゆきさん、けいこさんとお友達、深澤指揮者とBelleの美女3メンバー、齊藤さん、寺田さん、皆さん有難うございます。
新CD中心に、ジャジーなブラジルトリオ演奏。
なかなか個性的に発展しつつあるToquio Bossa Trioと実感する。
新CDに入っている美しいスローナンバー、アントニオ・カルロス・ジョビンの曲。
これを弾いていたら、自分で曲に感動して涙がこぼれそうになった。
なんだか、今日は気持がセンシティブだ。
青山に足を運んでくださった皆様お一人お一人が有難くて感激した。
Toquio Bossa Trioは、7月にたくさんライブが予定されている。
韓国からHyoki歌手が来る予定だ。
落語モードから、音楽モードへ。
カテゴリー:

検索

  • 購読する