Toquio Bossa Trio 韓国ソウルツアー出発 CLUB EVANS 出演

3月2日
30分ほど横になってすぐ起きた。
4時半に、吉田和雄リーダーが車で迎えに来てくれた。
Toquio Bossa Trio韓国ソウルツアー出発。
成田に7時過ぎに到着。
和子さん母娘、妹夫婦と友人の高橋夫妻集合。
アシアナ航空の飛行機に初めて乗ったが、きれいで素敵だ。
美しい韓国のキャビンアテンダントの優雅な振る舞い。
出てきた食事もなかなかおいしくて、お米がおいしい。
2時間20分のフライト、あっという間にソウル仁川空港到着、時差はない。
空港内を歩いても、髪の黒い人ばかりで海外に来た感じがない。
ソウルは寒いからとたくさんの方々からあたたかい格好で行くようにとアドバイスされたが、暖かかった。
YOSHIDAと書かれた大きなバス、車内に散らばってのびのび座った。
梨泰院のホテルに午後一番で到着。
ホテルの回転ドアからロビーに入ると、外国のホテルの香料のような香り、外国に来たんだと感激。
部屋に入って、少し横になる。
さすがにほとんど寝ずに来たので、うとうとする。
17時半にロビー集合で迎えに来てくれた歌手のHyokiの車に乗って今日のライブハウスのある弘大(ホンデ)地区へ出発。
ツアーご一行もタクシーで一緒に言って付近を散策。
CLUB EVANS、ドアを開けると、ビル・エヴァンスの大きな写真。
段になっていてどの席からもステージが良く見える、素晴らしいデザインのお店。
ジャズの雰囲気満点だ。
Toquio Bossa Trioのリハは、音チェックを兼ねて早いテンポの曲を1曲、Hyokiの歌のリハをしっかりやる。
ツアーご一行もリハを聴いていた。
19時リハ終了後、Hyokiの案内で、近くの焼肉他のお店へ。
気楽な雰囲気のお店。
Hyokiにメニューの説明をしてもらって、ビビムパプ、豆腐チゲ、焼肉、チヂミなど頼む。
キムチやいろいろな野菜がたくさんついてきた。
まあ、どれも量もたっぷりおいしくて、一同大感激、マッコリを飲みながら舌鼓を打つ。
たくさん食べて、一人600円くらい、びっくりした。
お店に戻ると、満員御礼。
2セットの演奏。
1セットは、Toquio Bossa Trioで4曲、Hyoki4曲、そしてトリオでもう1曲。
お客様は若い方が多く、ロックコンサートのように盛り上がる。
ラテン諸国、アメリカでのコンサートと同じ熱い反応、大盛り上がりだ。
このホンデ地区は、大学など学校が多くある地区で、その学生さん達が来たのかと思ったが、
後で聞くとそれだけではなくいろいろなところから集まって下さったそうだ。
Hyokiが、ステージから語りかけると、客席から元気な声で返事が返ってくる。
バンドも大乗り、ギンギンジャズサンバ。
幸せなライブとなった。
若いお客様から声をかけていただいて、終演後も熱い気持の交流が続いた。
トリオとHyokiと、Hyokiがコンピューターミュージックを勉強している大学の先生とお仲間皆さんで、近くのビールバーへ。
多種類のビールを取ってきて飲んだ分をかごに入れて会計するシステム。
ビールに合うフライドチキンやポテト、これは体重が増えそうだ。
私はお酒が弱いので、なかなか飲むのもがなくて困る事が多い。
ブラジルの時は、アグアミネラルコンガス、発泡水でお酒を飲んだつもりになっていた。
今晩はお水で盛り上がる。
若い作曲家と同席、ヒットを出した事があるという。
音楽作りの情熱、若い人のパワーを感じた。
このお店も元気なお店。
外を歩くと、お店のデザインが楽しくてお洒落で雰囲気があって驚いた。
人がたくさん、すごいパワーだ。
韓国、素晴らしい。
カテゴリー:

検索

  • 購読する