カフェスローで、松谷冬太、吉岡大典と共演。

2月18日
スモークサーモンオリーブオイル漬は、サラダ菜とカラーピーマンスライスとタマネギスライスの上に載せて、バルサミコ酢と国産レモン。
昨日のナムルの残りを卵焼きに入れた。
豆腐とネギのお味噌汁、白麹漬たくわん、海苔、雑穀御飯。
15時過ぎに、国分寺カフェスロー。
お店に入る前にまずは、右となりのアチパンへ。
ここのパンの大ファンだ。
トレイに乗り切れない程いろいろなパンを買った。
特にすきなのは、かぼちゃのマフィン、これは本当に家庭でお母さんが作ってくれるような味だ。
添加物や余計なものがないので、昔自分でも作ったホットケーキのような味がする。
国産小麦粉、天然酵母のパン。
松谷冬太gt&vo、吉岡大典eb。
吉岡さんとは初共演だ。
二人ともでっかい体格に優しい顔の素敵なミュージシャン、ステージに並んで座っている姿、風格がある。
18時までリハ。
私のオリジナル曲「命のきらめきを」「愛の贈り物」を、大典さんとデュオで演奏、ベース一人でぶっといリズム、素晴らしい。
冬太さんは、15日にスペインから帰ったばかりだが、マイクなしで響き渡る美声とソウルフルな曲と歌唱、圧倒される。
ファンクとフォークの粋なテイスト、そして日本の童謡も深い歌。
3名の初ライブ、カフェスローのあったかい雰囲気の中、嬉しい時間となった。
岡川ファミリー皆様、勅子さんと春乃さん、まり英夫妻、ようこそカフェスローへ、有難うございます。
身体に優しいお料理と自然食品、心あたたまる本、素朴な織物、カフェスローに毎日行きたい。
帰りの電車の中、師匠が語ってくれた落語を聴いて、目をつぶっていつも間にか声に出して真似をしていた。
帰宅して、今夜の私の晩御飯は、アチパンの、クリームチーズとアプリコットパン、カボチャのマフィン、クランベリーとクルミの可愛いパン、パリ土産に頂いていた鴨のパテ、番茶。
明日は、川越Simple Simon、Toquio Bossa Trio ライブ。
譜面をそろえる。
吉田和雄リーダーから、明日のマイクは、ファントムなしのものを持ってくるようにとの指令、これも準備する。
 
カテゴリー:

検索

  • 購読する