二人の師匠と

2月8日
12時から、安師レッスン。
3曲目、Mona LizaをCのキーで書いて行った。
頭声の練習になるキーだと考えた。
相談して、B♭のキーが良いとアドヴァイスをもらった。
CとB♭では、全然響きが違う。
Cだと、明るい歌のお姉さん的、B♭にすると含みのあるジャジーな感じになる。
譜面を書き直して持って来る事とする。
Fのキーでも歌ってみた。
Fのキーは低くて、貫禄のある歌手が歌っているように歌うのだ。
面白いものだ。
ちょっと油断すると音程がはずれる。
顔の形、顎の位置、注意深く一音一音大事にする。
毎回のレッスンで、新しい事を教わって、勉強の楽しさを味わう。
新宿3丁目、ピットインの前で待ち合わせて、菊千代師匠に着物やさんに連れて行って頂く。
3月16日の落語発表会に着る着物は、優子さんが貸して下さる。
今日は、長じゅばん(うそつきと言う上下分かれているものを選ぶ)、足袋、付け襟、ひもなどを選んで頂いた。
着物本体と帯、長じゅばん、襟、それぞれに柄があって、洋服と全然違う色あわせ、柄あわせをするので驚いた。
何もわからないので、とにかく師匠にしたがって購入。
着物の用語が書いてある札などを見て、やきものが大好きになった頃の楽しさを思い出した。
やきものの用語、吉祥、染めつけ、赤絵、言葉だけで嬉しくなるのだ。
着物の世界もそうかもしれない。
いろいろな業界の用語を知ることが好きだ。
相撲、落語、宝塚、みんな同じ。
新しい世界が開けた。
今日は、二人の師匠のそばで貴重な時間を過ごした。
この年になって師匠を得る事の幸せ。
買った付け襟の写真を添付で優子さんに送って、お着物をお願いする。
優子さんからメールでご返事、襟に合わせてお着物を選んで下さるそうだ。
周りが全部整って、後はネタ覚え、ちょいとおまぃさん、てえへんだ!
プールで1000キロ、水泳は痩せない。
水の中なので寒さを防ぐため、筋肉の上に脂肪も乗るのだ。
着物が似合わない逆三体型作り中。
気楽ライブパーティ4月の会場、BOSTON DREAMSがクローズして、新しい場所を探している。
新しいお店に問い合わせて、明日決定の返事をする予定で、現在気楽バンド皆さんに出演の打診中、この日誌をお読みくださったらすぐご連絡をよろしくお願いいたします。
日程は、4月28日だ。
生活クラブの平田牧場豚肉の味噌漬けとエリンギとジャガイモをホイル焼き。
味噌漬けのタレがエリンギとジャガイモにしみて美味。
生活クラブの白麹たくわん、菜花と油揚げの煮びたし、ジャガイモのお味噌汁、海苔、伊予柑、番茶。
3月2日から5日のToquio Bossa Trio韓国ソウル演奏ツアー。
演奏がない日に、パンソリを鑑賞したくて、吉田和雄リーダーにお願いしている。
FRV!のコンサートもそろそろ企画開始したい。
皆が集まってわいわいやるのが楽しい。
一人で歩いていたりすると、いつのまにか父と母に呼びかけている。
おとうさん、おかあさんと言いながら歩いていたりする。
おいしいものを食べさせたかった、楽しいものを見せたかった、良いところに連れて行きたかった、素敵なものを買ってやりたかった、もっともっといろいろしたかった。
去られる事の辛さ、寂しさ、悲しさ。
しかし、音楽の事など考えていると楽しくなってくる。
辛いことの多い人生、一時だけでも楽しい時間があれば儲けものだ。
その時間を好きな方々と共にしたい。
カテゴリー:

検索

  • 購読する