GINSUI 遠藤律子&山口彰デュオ

2月16日
17時に、小田原駅前、GINSUI。
清水晶さんが御世話くださって実現した、遠藤律子&山口彰ライブ。
GINSUIとは、前のお店が海が見える場所にあって、夜の海が銀色に光る美しい光景をお店の名前にしたそうだ。
マスターが作ってくださった前菜、ホクホクポテトサラダ、大きなシュウマイ、大根付けとキンピラ、たっぷりの量で家庭的なあたたかい味。
お店名物ナポリタンは、お野菜もたっぷり入ってほんのり甘い懐かしいおいしさ。
清水さんと、私達くらいの年代にとっては、学生時代の懐かしい味だね、と話す。
本当に、大学時代は喫茶店の赤と白のチェックのビニールがかかったテーブルに座って、コーヒーとナポリタンを少し背伸びした気持で注文して食べたっけ。
ソースはケチャップでなくてはいけない。
そういえば、中学の時に、排球部(バレー部のことをこう言った)の練習の後入った喫茶店で、私達はジュースを頼んだのだが先輩コーチがコーヒーを頼んで、苦いものを飲んでずいぶん大人だなと思った。
若い頃は、毎日が初めてのことで驚き、不安、喜び、すべてが新鮮だった。
段々それが薄れてくるのが寂しい。
しかし、このところ、歌、英会話、落語、と初めての事にびっくりして勉強勉強とエキサイトする毎日。
今日の演奏は2セット。
間に、清水さんとジョージさんのデュオを1曲、なかなか渋い素敵なジャズだった。
山口彰のアルコメロディに、今日も泣ける。
メロディ弾きが素晴らしいと思う。
大人のお客様の前でたくさん演奏して幸せだ。
最後は皆さんと立って歌って盛り上がる。
音楽で過ごす一時の楽しさ。
あたたかいお心遣いのマスターに感謝。
優しいゆうこりんに感謝。
お客様皆様、有難うございます。
清水世話人に大感謝。
ライブ終了後、清水さんのお友達の、免疫学の教授にお話を伺う。
こういう音楽の場は、免疫力を上げるとおっしゃった。
どんどんやりましょう!
みぞれが降り止んだ高速道路を帰ってきた。
カテゴリー:

検索

  • 購読する