12月31日SATIN DOLL年越しライブ

12月31日
16時SATIN DOLL、リハ。
井上信平フルート、遠藤律子、山口彰、井上尚彦、麻生光希ヴォーカル。
今日は年越しカウントダウンライブ。
信平さんが4曲持ってきてくれて、その曲からリハ、それから私の譜面、そして光希さんの譜面のリハで18時まで。
19時からライブ開始、常連さん方と、大晦日なのでお出で下さったお客様、有難うございます。
カルテットで、リズミックなラテジャズ、スティービー・ワンダーの曲など、きっちりジャジーに演奏する。
光希歌手のスインギーな歌、賑やかに大晦日の夜を盛り上げる。
3回の演奏後、恒例のビンゴ大会、皆さんで大盛り上がり。
サンバでお店をぐるぐるまわるうち、新しい年への時間がせまる。
時報とともに、お店スタッフがクラッカーを鳴らして、皆で、新年を祝った。
私が25歳の頃、プロとして仕事を始めたのは、ディスコバンドだった。
その時に一緒に演奏していたギタリストのKAKIさんと、お友達の晶&哲子夫妻とお嬢さんが来てくださって、本当に久しぶりで思いがけなく、大感激。
実家を出て一人暮らしを始めて、毎日必死でドキドキして、そして一生懸命に過ごしていた悩み多き青春の時代が心によみがえって、今は懐かしく感無量。
新宿風林会館にあったディスコで、最初に仕事をした。
オルガンとフェンダーエレクトリックピアノを弾いて、ラメのベストを着てつけまつげをつけて、コーラスをしていたディスコバンド時代。
哲子さんの青山の美容室に毎月通って、いろいろ話をして、楽しかった。
美しいお嬢さん、パッとみたら昔の哲子さんそのものだった。
不思議な気持、演奏し続けてきてよかった。
夜中の1時過ぎ、社長とお客様方、バンド全員、お店のスタッフ皆さん、歩いて赤坂見付の日枝神社へ初詣。
例年より、参拝客が少なくて驚いた。
お賽銭を上げて、お祈りする、いろいろな思いがこみ上げてきた。
バンドは荷物があるのでお店に帰る。
家に帰ったのは、3時。
静かな新年。
カテゴリー:

検索

  • 購読する